チュ・サンウク 美女の誕生 13話あらすじ

2人のラブラブシーン満載なストーリー。

キャスト
チュ・サンウク、ハン・イェスル、チョン・ギョウン、ワン・ジヘ、ハン・サンジン、イン・ギョジン

美女の誕生 OST (SBS TVドラマ)(2CD)(韓国盤)
V.A.
B00S0W4OJS



13話

サラを待ち、プロポーズするつもりのテヒ。だが、サラは来ない。

ガンジュンから、「グムランは生きてるのか?」と、追及されるサラは倒れてしまう。
チェヨンが言っていたグムランのアレルギーを思い出すガンジュン。

サラをホテルに運ぶガンジュンはチェヨンに電話、状況を知らせる。
「サラは何者なんだ?」と、聞くガンジュン。

サラとガンジュンの不倫現場をジフンに目撃させよう・・と、企むチェヨン。

GPSでサラを追ったテヒは、ホテルでジフンと出会う。

サラがいる部屋に行くと、ガンジュンがいた。
「サラが愛するのは俺だ。お前は2番目だ。」と、言うガンジュンを殴るテヒ。
そこへジフンも到着、怒るテヒを止める。

テヒには幸せになって欲しいジフン。
不倫しているサラとテヒが交際するのは反対。しかも、テヒがプロポーズする気と知り、止める。

ジフンから、テヒがサラにプロポーズ・・と、知るチェヨン。
「止めなくては。彼はウィナーグループの跡取りなの」
2人の結婚を阻止したいチェヨン。

サラを家に連れ帰るテヒ。
気が付くサラは、具合が悪いのを黙っている。
「なぜ、携帯を切っていた?1人で解決する気だったのか?」と、呆れるテヒ。
怒るテヒに文句も言えず、体調の悪いサラは「出て行って・・」と、告げる。

事情も説明してくれない。サラに追い出され、不愉快なテヒ。
何も相談なく、いつも勝手に危険な事をしているサラに怒っている。
「俺はいつも2番目なのか・・」と。

脅迫状と日記帳の指紋を使い、グムランが生きてるのか、調べさせるガンジュン。指紋が一致、グムランが生きている・・と知る。

ガンジュンとチェヨンの会話を聞いて、グムランが生きている・・と驚くスンドンたち。

テヒの心を得るため、ジスクにプレゼントをして、パク女史と会うチェヨン。テヒは、他の男と交際してるサラが好きなのだと教える。

サラと言い合い、初出勤するテヒだが気になる。シェフの誕生を見て、料理のピーナッツを食べていたサラ・・と知る。

慌てて家に戻り、ピーナッツアレルギーで苦しんでいるサラ・・と知るテヒ。

アレルギーの治療が遅れ、足が動かないサラのため、2回戦の準備をテヒが進んでやる事に。

テヒと会うヨオク。
「理由は聞かないわ。グムランは生きてるの?」と、聞く。
生きてると認め、会いに行きましょう・・と誘うテヒ。

テヒが母ヨオクを連れて来てくれた・・と、料理対決で頑張るサラ。

シェフの誕生、2回戦は肉料理。結果は同点で、続けて戦う事になる。

娘の人生を邪魔しない・・見守る、とサラに会わず去るヨオク。

サラに、料理の先生をお願いするジスク(ソン秘書)。息子のため、サラを嫁に・・と考えている。

ウィナーグループが、サラのおにぎりを新商品とする。

破産宣告を目前に企業説明・・と、テヒを相手にしないミニョク。

サラを、ウィナーグループの企業説明に招待するテヒ。
代表は俺だ・・と、言うテヒを信じないサラ。

パーティに行き、代表がテヒ・・と驚くサラ。

テヒとダンスを踊るサラ。
「俺と結婚してくれ」と、プロポーズするテヒ。

続く・・

テヒも代表として動き出しています。サラの料理を新商品にするとはね。

ガンジュンとテヒに愛されているサラ。
ミニョクまでもが、サラと結婚したい・・と絡んで来てます。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年03月14日 | Trackback(0) | 美女の誕生

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌