スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チソン キルミー・ヒールミー 2話あらすじ

リジンがドヒョンの新しい主治医になるのでしょうね。

キャスト
チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ

キルミー、ヒールミー OST (MBC TVドラマ)(韓国盤)
V.A.

B00U2EASWE
Vitamin Entertainment, Korea 2015-03-13
売り上げランキング : 7627

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2話

ドヒョンの中の別人格、セギが登場する。
男たちと争い、殴られるも不死身のセギに驚くリジン。

病院に戻るリジンを追いかけ、
「俺は時間がない。いつ出られるか・・分からない。遊ぼう」と、言うセギ。
必死で抵抗、無視しようとするが、セギの怪我を見て治療するリジン。

リジンが精神科医・・と知り、悪縁だな、とつぶやくセギ。
「この顔で、違う名をかたる奴は偽物だ。この顔をしたシン・セギは俺だけだ。この目を忘れるな・・」
リジンの携帯を奪い、シン・セギの番号をいれる。

アン室長から、ドヒョンの主治医ソク・ホピル医師が、カンハン病院にいると知るセギ。ドヒョンのフリをして、会いに行く。

「ドヒョンに伝えろ。治療は諦めろと・・永遠にドヒョンを眠らせろ・・」
ソク医師を脅し、首を絞めるセギ。

ソク医師の首を絞める間に、ドヒョンの人格が戻る。
「セギは強くなっている。攻撃的だ。主人格になろうとしている。」と、言うソク医師。
何か目的を見つけ、強くなったのだろう、と言う。

「初恋と再会した・・」と、言ったセギ。
「交代人格も恋をした?チェヨンか?」と、考えるドヒョン。

チェヨンが危険だと思い、病院を出ようとしてリジンに呼び止められるドヒョン。しかし、リジンの記憶は曖昧だ。

自分を追いかけ、惚れた・・と、言ったセギが今度は無視している。状況が理解出来ないリジンは、ドヒョンの態度に呆れてしまう。

ドヒョンがセギだった・・なんて知らないリジンだからね。

病院では、ナンパして男にフラれた・・と噂になるリジン。

攻撃的なセギは、相手が振り向かない場合、愛憎によって暴走する可能性がある、と言うソク医師。

チェヨンの家に急ぐドヒョン。
「俺の顔で、違う名前を告げたら逃げろ。俺の行動がおかしいと思ったら・・逃げられない時は殴れ」
妙な事を言うドヒョンに驚くチェヨンは、ギジュンと一緒だった。

アン室長に事情を説明、セギから逃げられない・・と、考えるドヒョン。
最新の設備で、自分を監視させる。
ストレスがたまらないよう、運動で鍛えるドヒョン。

セギが強くなったので、秘密を守れる主治医を変える事に。

セギが置いていったジャケットが気になるリジン。
捨てることが出来ず、家に持ち帰ると父が、プレゼントだと勘違いする。
セギと争った男のジャケットを、リジンの父が着る。

IDエンターテインメントの副社長として、出勤するドヒョン。大事な役員会議を控えている。

ギジュンから、「クラブに行った日のお前は・・別人のようだった・・」と、言われるドヒョン。
アメリカの友人が・・と、誤魔化す。

セギと争い、ジャケットを奪われた男がリジンを拉致する。
「ジャケットを返せ」と、怒る男。

リジンの携帯を使い、シン・セギ(ドヒョン)に電話する男。
「ジャケットを返せ。さもないとお前の女を・・」と、脅す。

ジャケット?と、理解出来ないドヒョン。
捜すもジャケットはわからない。
アン室長に、
「俺を殴れ、攻撃的なセギが出て来るはず」と、言うドヒョン。

ドヒョンに頼まれ、殴るアン室長。
しかし、現れたのは別人格のフェリー・パクだった。

続く・・

面白いです♪
チソン氏、演技がすごいですね。

ドヒョンから、シン・セギに変わる瞬間は超人ハルクのような。

今後、別人格が現れるたび、新鮮な演技が見れそう。人格の中、女子高校生もいるので楽しみですね。

リジンは、ドヒョンの病気を知らないので、シン・セギにフラれた、と思っています。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。