ハン・イェスル 美女の誕生 20話あらすじ

悪人が多すぎる後半ですね(^_^;)

キャスト
チュ・サンウク、ハン・イェスル、チョン・ギョウン、ワン・ジヘ、ハン・サンジン、イン・ギョジン

OST



20話

約束の場所にいたサラを見つけるテヒ。以前、一緒に住んでいた家に連れて行く。

「テヒを襲った事をサラが疑っている。」と、不安になるミニョク。
母親とキム秘書しか知らないはず。
サラの会見も、自分からテヒを守るため・・と考えるミニョク。

「テヒが私たちを疑ったら・・20年前の爆発事故を疑いだしたら終わり・・」
ミニョクに不安を告げる母。

サラは自分を守るため、会見を行った。証拠はないが、襲ったのはミニョク・・と、サラから知るテヒ。

2人で協力して、ミニョクとガンジュンを潰そうと計画する。
テヒが、ガンジュンとミニョクの罪を捜し、襲った男を捜すと。真実を暴露する・・と、言うサラ。

ミニョクに、私たちを襲ったら・・と、脅すサラ。

愛のおにぎりは、テヒとサラの功績をミニョクが奪った・・と、公表する。

ウィナーフードは理事会で事実を歪曲した・・と、代表としてミニョクに抗議するテヒ。

サラを呼びだし、許して・・と謝罪するガンジュン家族たち。
「ガンジュンがしたことを公表しないでほしい・・」と、頼む。
心からの謝罪じゃない・・と、拒否するサラ。

チェヨンと会うガンジュン。
ビルを返せ・・と言われ、「あれは、あなたたち夫婦からの慰謝料」と、答えるチェヨン。
怒るガンジュンは、
「誰かを殺さなければならない。君もその1人・・」と、チェヨンを脅す。

生のトークショーに、サラも出演する・・と、慌てるチェヨン。
番組が始まり、グムラン・・と、本名を言い、「夫には愛人がいた」と、打ち明けるサラ。

「夫は交通事故を装い、私を殺そうとしました。その愛人も、事故現場にいました。それはチェヨンさんです」と、すべてを告白するサラ。

サラの名前は検索され、事実が明らかになる。チェヨンは殺人幇助・・とニュースが出る。
驚くジョンシクたち。

キム理事に、テヒを消してくれ・・と、命じるミニョク。ガンジュンにはテヒを殺す理由があると。

キム理事に、「あの時のように・・今度もお願い」と言うジスク。
「あの時と状況が違う・・」と、複雑なキム理事。

自分を襲った男をみつけ、携帯で真の犯人を捜すテヒ。

テヒからの罠メールとは知らず、電話するキム理事。
「誰だ?」
誰の声か、記憶曖昧なテヒ。

テヒに電話するガンジュン。
「サラを自由にする。」と、取引を提案する。

「2人の時は天下無敵ね・・」と言うサラ。
「1人の時は弱かった。だが、サラと一緒なら、何も怖くない・・愛の力だ。」
サラと一緒に生きる決意のテヒ。

続く・・

ガンジュンもしぶといですね。まだ、取引して逃げようなんて。

キム理事をテヒは知ってるはずです。誰の声なのか、思い出さないけれど。

工場の爆発の実行犯がキム理事・・と、驚くでしょうね。
指図したのはジスク、黙って見ていたミニョクでした。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年04月03日 | Trackback(0) | 美女の誕生

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌