スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チソン キルミー・ヒールミー 7話あらすじ

心を封印して友だちも作らない主人公と、そんな彼に世界の楽しさを教えよう・・と考えるヒロインです。

キャスト
チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ

OST



7話

ドヒョンに、オメガの小説を映画化するため、契約しろ・・と命じるギジュン。
オメガの存在は秘密なので、会う方法を探り回るアン室長。

アン室長に、ドヒョンが帰国を拒み続けた理由と、ギジュンが、カンハン病院を調べている事を聞くテイム。
母親の頼みも断り、アメリカに滞在してたと。
「息子が目覚めるまで、ドヒョンに問題があっては困る」
隠し通しなさい、と命じるテイム。

ドヒョンに電話したリジンは、自殺願望のある人格ヨソプが出てきた・・と、ソク医師に相談する。
「彼を救えるのは君だけだ・・」と、ヨソプの説明をするソク医師。

ドヒョンを探して、死のうとするヨソプ(ドヒョン)を助けるリジン。
リジンの声で目覚め、ヨソプから戻るドヒョン。

「何のために、必死で生き抜いたのよ」
叫ぶリジンの声にハッとするドヒョン。

ソク医師と話すドヒョン。
「君の事情もわかるが・・彼女はアメリカ研修に推薦した。セギとの闘いは危険だ」
「意識と体を奪われたとき、誰かに呼んで欲しいと・・」
そんな思いはワガママなのか・・と、涙を流すドヒョンは、ソク医師の考えを理解する。

リジンと会うドヒョン。
友だちを作ると、危険な目に遭わせてしまう・・壁を作り、その中に自分を閉じ込めて感情を消した。
友だちを作らない理由を説明するドヒョン。

「あなたをそばに置きたかったが、主治医の件は撤回します」と、言うドヒョン。
僕は怪物だ、哀れみも捨てて下さいと。

ドヒョンに、最近は悪夢を見ないの?と、電話するファラン。21年前に、事故で亡くなったソヨンの子供を極秘に捜す。

21年前の事を、小説にする考えのリオン。
ある日、子供が養子になる。だが、養子になる前の記憶はない。養父母の実子と共に、双子として育つ。
だが、親の会話を聞いて、自分が養子であると知った・・。
編集長に小説の企画を話すリオン。

ジャギョンと、ヨンピョの会話を聞いてしまうチェヨン。
チェヨンの家の持ち株も武器となる。会長は、ミョンソンの次女とドヒョンを結ぶ気・・と。

リジンはアメリカへ・・と、落ち込むドヒョン。
しかし、飛行機には乗らず、ドヒョンの主治医として会いに来るリジン。

「私に治療する力はありません・・お互いを消して、という頼みは断ります。その代わり、セギの暴走はとめます」
人格と平和に暮らせるよう交渉する、と言うリジン。
ドヒョンとセギの公平な仲介役は頑張ると。
驚くドヒョン。

「パパ、ママ、リオン、嘘ついてごめんね・・私には支えてくれる家族がいるけれど・・この人にはいないの。なぜか、彼の力になりたい。城の外へ出してあげたいわ・・」
ドヒョンを見つめるリジン。

「城に転がったボールは返さない。いいですか?」と、手を差し出すドヒョン。
ドヒョンの手を強く握るリジン。

続く・・

契約成立です。やっと、手を握った!と、強く握るリジンが面白かったわ。

ほんと、このドラマ最高ですね。
リジンを見つめるチソンの顔がステキなんです♪

フェリー・パクの人格が好きなのけど、出てきてくれないかしら。次回はそろそろ、ナナという子の人格が登場するかも。

リオンはソヨンの子みたいですね。
本妻の子だから、スンジングループに戻れば、後継者争いで大騒ぎになりそう。

私には愛する家族がいるけれど、この人には誰もいない・・守って支えてあげたい・・と思いのリジンでした。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。