スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チソン キルミー・ヒールミー 9話あらすじ

ドヒョンに心奪われそうで、葛藤するリジン。

キャスト
チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ

OST



9話

翌朝、目覚めたリジンはドヒョンとのキスを思いだし、パニックとなる。
酔っても、すべて覚えている・・と笑うドヒョン。

チェヨンを呼びだすジャギョン。
ドヒョンが後継者と噂になり、驚いたと言うチェヨン。
後継者はギジュンなのよ、と念を押すジャギョン。

ドヒョン家
カウンセリングを受けるドヒョンに、「私に甘えたいとか、頼りたい気持ちはありますか?それは恋愛感情じゃありません。」
医師としての私に頼る気持ちであり、偽りの感情だと説明するリジン。

しかし、ドヒョンに心揺れるリジンは激しく動揺する。心奪われてはダメ・・と、自分に言い聞かせる。

突然、ヨナの人格が現れ、驚くリジン。
ヨナはリジンのパジャマを着て、家族写真のリオンが気に入る。
リオンの携帯番号を教えて・・と、騒ぐヨナを追いかけるリジン。

階段から落ちるヨナ。
倒れたヨナをベッドに運び、眠るリジンはフェリー・パクになったドヒョンに言葉を失う。

フェリー・パクの爆弾作りを止めるため、ダンスで引き止めるリジン。
ここも面白い。

次々と変わる人格に驚きながら、優しく対応するリジン。人格と仲良くなれば、治療にも良いと考えている。

ヨソプから、「お姉さん、ありがとう。僕は残念だったけど・・みんなは助かって喜んでる。当分、死ぬつもりはない」と、言われるリジン。

すべての人格が現れた・・と、ドヒョンに説明するリジン。
しかし、セギは来ていない。
なぜ、セギが来ないのか・・考えるドヒョン。

会社
ドヒョンに、恋人をアメリカに送った・・と、チェヨンの前で指摘するギジュン。
だが、秘書として会社にいるリジンに驚く。

ドヒョンに会いに来たファランに、秘書です・・と、挨拶するリジン。
テイムが来たので必死に止めるが、ファランが来てるのが知られてしまう。

「息子の為、会わない方がいい」と、ファランを怒るテイム。
複雑なドヒョンの家族を知るリジン。

テイムに、「ドヒョンをもっと上のポストに・・ソヨンの子が現れ、スンジンに復讐したら・・。今のうちに」と、言うファラン。
ジュンピョは助からない、と言うファランを怒るテイム。

ソク医師と会うリジンは、ドヒョンの症状を説明する。
アメリカに行ったはずのリジンに呆れるが、アドバイスするソク医師。
リジンこそが、人格交代のスイッチ?と考える。
2人は記憶にないが以前、会った事があると。

リジンに主治医を依頼したのはドヒョン・・・と、気が付くリオン。オメガとして、ドヒョンに会う。

「僕についてどこまで知ってますか?」と、リオンに質問するドヒョン。
誤魔化し、変装も後継者なら理解出来る・・と答えるリオン。

「一度も映画化されなかったオメガの版権・・」を渡す決意のリオン。

3つの条件を出す。
シナリオの執筆と脚色は自分でやる。表向きはオメガの助手として。
「3つめ、妹に会わせてください」と、言うリオン。

リオンと会うリジンは、ドヒョンの主治医がバレ、驚く。

最初から、アメリカに行く気もなかったリジンに呆れるリオン。
家族に事情を説明すべき、と怒る。
「彼が3ヶ月後、アメリカに行くまで力になりたい」と、頼むリジン。

地下室が怖い少年の理由は、少女が怖がるから自分も怖い、と思い込んだ。
自分で植え付けた妄想・・と、言うリオン。
その心こそが愛・・と。
その意味を考えるドヒョン。

リジン家
写真を見ながら、ため息のスニョン。
「ソヨンの子を引き取った事、間違ってたのかな・・」と、つぶやく。
「俺たちの子だ、リオンを信じよう・・」と言うデオ。

ドヒョン家
苦しむドヒョンを見て、心配するリジン。
眠りながら、「僕と遊ぼう」と、リジンの手を握るドヒョン。

目覚めるドヒョンを心配するリジン。
「なぜ、ドヒョンの寝室にいる?」と、怒るセギ。

続く・・

ラストはドヒョンではなくて、セギだと思います。
ドヒョンの寝室にいるリジンを理解出来ないから、怒っているのでしょう。

セギにすれば、ドヒョンがリジンを奪った?と考えるだろうから。

リオンはやはり、本妻ソヨンの子であり、スンジングループの後継者でした。

ヨナになったドヒョンが楽しい。フェリー・パクのドヒョンも可愛いですね。

終わるのが寂しいドラマだわ。
セギにも早く会いたい♪



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。