チソン キルミー・ヒールミー 10話あらすじ

苦しみから逃げるため、別人格が生まれた。でもその人格だって辛いのだと思います。

キャスト
チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ

OST



10話

「なぜ、ドヒョンの寝室にいる?」と、リジンに聞くセギ。

「最近、主治医になったの」と、事情を説明するリジン。
「俺を殺す気か?消す気だろう?」と、怒るセギ。

「選択するのは私じゃない。彼はあなたを消そうとしていない。私は・・2人を和解させるための仲裁者なの。」
「やつの狙いをわかっていない」と、告げるセギ。
ルールを破ったから、共存は出来ないと。

ルールを教えて、とセギを止めるリジン。
「やつはお前を人質にとった。自分の女を守り、俺をけん制するために・・」
俺の世界を壊したから、やつの世界も壊す・・戒める、と怒るセギ。

リジンを書斎に閉じ込め、去ってしまうセギ。

パソコンの映像で、ドヒョンとセギの取引を知るリジン。


チェヨンに誤解してた事を謝罪、指輪を贈るギジュン。帰りに家の前に、ドヒョンの車があるのに気が付く。

ドヒョンのフリで、会いたい・・とチェヨンに電話するセギ。

無礼な態度のドヒョン・・と思い、帰るよう告げるチェヨン。しかし、家に入るセギだった。
婚約指輪を見て、俺があげたかった・・と、チェヨンを動揺させる。

セギを探しに、チェヨンの家に来るリジン。
チェヨンに何をしたのかと聞くも、答えないセギ。

セギと話をするリジンは、ドヒョンが失った1年間の記憶をセギが覚えてると知る。
「当たり前だ。それに耐えるため、俺が生まれた。」
封印が解けたから、記憶は徐々に蘇る。ドヒョンは永遠に戻らない・・と言う。

ドヒョンのフリで、会社の会議に出席するセギ。止められず、慌てるリジンとアン室長。

会議中、セギから挑発され、怒りのギジュン。

リジンを呼び、賄賂のバッグを贈るファラン。
ドヒョンは7歳から1年間の記憶はない。事実確認するリジンに、知らないと惚けるファラン。

セギが来て、「彼女に2度と会うな」と、ファランに警告する。

セギがリジンを連れ去り、「まさか・・覚えてるの?」と驚くファラン。
ドヒョンではくて、セギの時にリジンと会ってた様子。

「被害者と加害者と傍観者・・魂が破壊される虐待の現場には、3種類の人間がいる。3人揃うと不幸が起きる」
怒るセギを見て、虐待を受けてた?と考えるリジン。
ファランは傍観者だった。

セギに理由を聞くリジン。
「なぜ、彼の失った1年間を知りながら黙ってた?」
「やつは耐えられない。知ったら自殺する・・」
「克服出来るかもしれない」と、言うリジン。
「俺たちが死ぬ。苦痛を背負うために生まれた・・」
セギだけが知ってる記憶の中、自分がいると考えるリジン。

リオンが来て、リジンを連れ帰ると言いだす。
ドヒョン多重人格の事がバレ、逆らえないリジン。
止めるセギに、
「お前はスンジンの人間だ」と、資格がないと告げるリオン。

帰宅するリジンは、両親に嘘をついた事を謝罪する。

強い心があれば、ドヒョンは戻る可能性がある・・と、リジンに言うソク医師。

セギはドヒョンの「強い心」なんですよね。ドヒョンには出来ない、言えない事がセギなら出来る。
ドヒョンを壊した人間に、仕返しするつもりのセギみたい。
悔しいなら、自分でやってみろ・・と、ドヒョンを挑発するセギです。


テイムに会うセギは、「会社を俺にください・・」と、言う。子供の頃、命じた言葉を覚えてるセギに驚くテイム。

父・ジュンピョの病室に行くセギ。
「父さん・・なぜ、俺を巻き込んだ?楽にしてあげる・・」
装置を止めるセギ。

続く・・

セギは父親のジュンピョを楽にする、と人工呼吸器を止めました。
これを知れば、息子の意識が戻るのを待ってるテイムは激怒するでしょうね。

ドヒョンを助けた為、ジュンピョが意識不明の状態です。火災の前に何かあったと思うのですが、まだハッキリわかりません。

ファランは虐待を傍観してた様子、会社のために家族を虐待したのは誰なのか。

ドヒョンは、リオンの気持ちに気が付いていません。
でも、セギは敏感にリオンが男として、リジンを好きだと見抜いてます。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌