スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チソン キルミー・ヒールミー 11話あらすじ

ヨナの人格で、アイドルを追いかける姿が見たいわ。

キャスト
チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ




11話

父親ジュンピョを拉致するセギ。

病院のジュンピョは消えて、監視カメラは壊されていた・・・と、報告に驚くテイム。

ソク医師に、「ドヒョンさんが病気になったのは・・子供の頃、虐待されたかもしれない」と、話すリジン。
セギが母親を、虐待の傍観者と言っていたと。

セギは辛い記憶を封印するため、生まれた人格なら、セギがすべてを知っている、と考えるリジン。

「スンジンをお前にやる・・だから、俺を殺さないでくれ。消えたくない」と、リジンに言うセギ。
ドヒョンの虚像でもいいと。
セギの手を握るリジンだが、リオンに邪魔される。

リジンに、「俺はお前の味方だ。信じて欲しい」と、言うリオン。
それ以上、何も教えてくれないリオンだった。

なぜ、リオンがドヒョン(セギ)との事に反対するのか、理解出来ないリジン。

責任を感じる気がする・・と、セギの元へ向かうリジン。

自分を選ぶのか、ドヒョンを選ぶのか・・リジンに迫るセギ。
「互いの名誉を守って、平和な共存を・・」
明るく誤魔化し、セギを説得するリジン。

アン室長の電話を聞いて、ドヒョンが会社を休んでいると知るギジュン。

「前髪を下げましょう・・」と、言うリジンを拒否するセギ。
このシーン楽しい。

セギを会社にいかせるリジンは、2つの事を守らせる。
「怒らない、暴力をふるわない」
リジンの条件に苛立つセギ。

ギジュンに命じられ、ジェアイと再契約をするセギ・・と知り、不安になるリジン。
ヨナがファンで、追いかけた事を思い出す。

「主役にすれば再契約する・・」と、ジェアイの希望を聞いて、契約するセギ。

セギにお願いするリジン。
「あなたが背負った傷を・・これからはチャ君と一緒に背負ってほしいの。」
子供の頃の記憶をドヒョンに分けてほしい、そうすれば2人は少し、楽になれると。

ドヒョンは人格たちの尻拭いをする、彼は強い・・と言うリジン。

ドヒョンを呼ぶテイム。
金庫の中、遺言書を見つめるテイム。
「21年前、炎の中から・・あなたを助けたのは父さんよ。」
「俺は頼んでいない。あんたから、スンジンを奪ってあの子にやる。過去の罪滅ぼしとして・・」
息子か、スンジンか、決めろとテイムに迫るセギ。

「あんたには渡さない・・・」と、怒るテイム。
「俺はチャンスを与えた」と、告げるセギ。

リオンの部屋で、スンジングループの資料を見つけるリジン。

「あの子を助けるべきだった・・」と、考えるセギ。

部屋で寝ているジュンピョ?に驚く。

続く・・

ラストは、自分で連れ出した父ジュンピョに驚くセギだと思います。
ごめんなさい・・と言ったので、ドヒョンを虐待したのは父親?

地下室でドヒョンはたぶん、リジンと一緒だったと予想です。殴られるのをドヒョンが庇った感じ。

それを母親のファランは、見て止めなかったのでしょう。テイムも当然、知ってる雰囲気です。

すべてを知ってるリオンなのでしょうね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。