スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チソン キルミー・ヒールミー 14話あらすじ

内容もすごく面白いけど、別人格のセギに会いたいわーー。

キャスト
チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ

キルミー、ヒールミー OST (MBC TVドラマ)(韓国盤)
V.A.
B00U2EASWE



14話

テイムに、「ドヒョンは唯一、主人の子です。あの子が壊れる前に・・許してください」と、言うファラン。
ドヒョンとアメリカに行き、「自由に暮らせばいい・・」と、追い返そうとするテイム。

リジン家
ソヨンの写真を見つけ、驚くドヒョン。

ドヒョン戸籍上の母親の写真は「俺のものだ」と、言うリオン。財閥を題材に小説を企画、スンジンがモデルと言い訳する。
リジンにバレて、写真を燃やした残り・・と、説明する。

「断念した。執筆もしないから忘れてほしい」と、言うリオン。だが、ドヒョンは納得出来ない。

「地下室の子供」は僕をモチーフにした・・と、言うドヒョン。
追及され、「地下室の子供」は、自分とリジンがモチーフ・・と答えるリオン。
このシーン、真面目に話す2人だけど、父のデオが笑える。

デオの店・サンリでで、手伝うことになったドヒョン。この店ではフェリーと名乗る。

泥酔したリジンは、親の前で「私の男」と、ドヒョンの事を言う。

リジンとリオンの会話を聞いてしまうドヒョン。夢の中で、黒い影に襲われたリジンと知る。

スニョンから、子供時代の写真を見せてもらうドヒョン。リジンの幼い時の写真、1枚をポケットに入れる。

リジンと地下室に行き、
「オさんが困ってる時、すぐに思い浮かぶ人になりたい・・僕じゃダメですか?」と、聞くドヒョン。
幼少期の出来事を調べている、と言う。

「僕はどんな事もあなたと乗り越えたい」と、言うドヒョン。
「私がそばにいます・・」
キスする2人。

夢を見るドヒョン。
幼いリジンが、ソヨンの写真を見せて、ママが迎えにくると言う。
「君のママは死んだんだ・・」と、教えるドヒョン。

クマのぬいぐるみを持った少女は、ナナと教えてくれる。
父ジュンピョが、少女を殴ろうとする。
「殴らないで」と、少女を庇うドヒョン。

テイム家に、ヨンピョとジャギョン、ギジュンが来る。チェヨンを婚約者・・と、紹介するギジュン。

地下室に行くファランは、ドヒョンがいるので驚く。
「母さんが捜してるのは・・ミン・ソヨンの子か?虐待されてたのはあの子?・・傍観したおかげで、スンジンに残られた・・」と、涙を流すドヒョン。

「僕が先に見つけて、罪を償う。真実と記憶だけを信じる。もう、母さんを信じない」と、怒るドヒョン。

ヨンピョ、ジャギョン、ギジュン、チェヨンの前で、テイムに告げるドヒョン。
「21年前、この家で何が起きたのか・・・調べます」

ソヨンの子はリジン・・と、報告を受けるファラン。

ファランの指示で、リジンが拉致されてしまう。
慌てて追いかけるリオンは、ドヒョンに連絡する。

リジンを助ける為、屋敷に行くドヒョンは男に殴られそうになる。

「お前では無理だ。俺が行く・・」と、言うセギ。
「ダメだ。これは俺の問題だ・・」と、言うドヒョン。
しかし、男に殴られてしまう。

幻の中、少女がリジン・・と気が付くドヒョン。

続く・・

ジュンピョは、娘のリジンを虐待してました。
毎晩、10時にリジンと約束して地下室に来ていたドヒョン。寂しいリジンの為、会いに来てたのです。

なぜ、リジンを虐待してたジュンピョなのか。
炎の中から、ドヒョンを助けたジュンピョの様子。
「俺でなく、あの子を助けるべきだった」と、言葉。

ドヒョンって、ファランとジュンピョの子のはずなんですけど。リジンがソヨンの子なら、父親はジュンピョ?のはず。
でも、怒ってるのでソヨンは別の男性の子を生んだ?とか・・

今、このドラマが面白いので「マイシークレットホテル」「トライアングル」「パンチ 余命6ヶ月の奇跡」を見る気になれません^^;
「モダンファーマー」は癒やし系なのでOKだけど。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。