ソンジュン 抱きしたい ロマンスが必要 5-6話あらすじ

愛するジュヨンに恋して欲しくないワンですね。

キャスト
ソンジュン、キム・ソヨン、ナムグン・ミン、パク・ユファン、ユン・スンア、ワン・ジウォン

DVD



5話「君にとってはちっぽけな僕の思い」

「シンシン、幸せに暮らそう・・」と、言うワン。

「あの汚いサツマイモ?・・」
子供時代のワンを、サツマイモと呼んでいたジュヨン。キスした事も思い出す。
「私を弄んだのね!」と、ワンを叩くジュヨン。

「1年で帰るのでしょう。あんたのママには、ここを買う時、助けてもらった。恩返しのつもりで一緒に暮らすわ」
ワンにからかわれ、
「キスは下手くそだから、感じなかった!」と、怒るジュヨン。

「経済力はある、あの日は男だったろう・・?」と言うワン。
「いつ、どうして私を好きになったの?私を騙して近づいた!」激怒するジュヨン。

真剣な気持ちを信じてもらえず、寂しく感じるワン。

「サツマイモとキス?冗談じゃないわ。・・恋とは一瞬の錯覚だと改めて思い知ったわ」
ワンに騙された・・と、怒りが収まらないジュヨン。

「いつから愛したのか・・なぜ、君を愛したのか・・」
ジュヨンの事を考えるワン。

ワン母に韓国での事を報告するジュヨン。
母親に報告?と、驚くワンに
「昔もそうだった。金持ちの息子が・・うちには飯のタネだった。」
食べる物、寝る時間も報告したのよ、と言うジュヨン。
「僕にはわが家同然だった・・」と、言うワン。

ワンの絵日記を返すジュヨン。
「その記憶は間違っている。貯金箱をくれた?母親から盗んだんでしょ。私が泥棒扱いされた・・忘れたの?」
絵日記の記憶は違う・・と怒る。

キレイな想い出ではない!と、ジュヨンの言葉にショックを受けるワン。

10才くらいのジュヨンが、寝付きの悪いワンをおぶり、夜中でも散歩していた。母親から聞いた話を思い出すワン。

帰宅後、「都合の良い記憶にしてごめん。」と、ジュヨンに謝るワン。
「諦めて・・好かれると気まずい」と、答えるジュヨン。

恋愛の相談をするヒジェは、ウヨンとキスしてしまう。彼氏に申し訳ない・・と考えるヒジェ。

偶然、隣に越して来たミンソクを避けるミンジョン。

セリョンが成功する姿は見たくないジュヨン。ある日、セリョンが昔、テユンと交際してたと知る。

「尊敬する人があんな女を愛してた・・」テユンに怒りをぶつけるジュヨン。

セリョンから、やり直したい・・と言われ、怒るテユン。

泥酔したテユンを家に連れ帰るジュヨン。
帰宅するワンは、テユンに誰なのか・・と聞く・・。

6話「その気持ちには気づかないで」

ジュヨンの食事を購入、帰宅したワンはシャワーを浴びたテユンと対面する。

会社の先輩テユンの世話をするジュヨンに、「男を入れるな」と、忠告するワン。テユンに気遣うジュヨンが気に障る。

セリョンがテユンと付き合っていた・・2人の恋愛を妄想するジュヨン。テユンが気になっている。

会議で、セリョンと意見が分かれるジュヨンは、別々にプロジェクトを進める事に。

病院に行くミンジョンは、早期閉経・・と言われ、ショックを受ける。誰も優しい言葉をかけてくれない。
怒るミンジョンは辞表を出す。

ジュヨンとセリョンは、別れて放送する事に。しかし、ジュヨンの商品は売れず、打ち切られてしまう。
セリョンの放送は商品が売り切れ・・ショックのジュヨン。

テユンに会いに行くと、冷たい態度で驚くジュヨン。

ショックを受けたジュヨンに、事情を聞くワン。
「彼はいつも・・笑ってくれた」
放送が終われば、彼はいつも笑って迎えてくれた・・なのに今日は冷たい・・と、言うジュヨン。

「ジュヨンは・・彼に恋してる。その気持ちには気づかないで・・」と、思うワン。

続く・・

大好きなジュヨンが、テユンに恋してる・・と気が付いたワン。
でも、ジュヨンはまだ、自分の気持ちに気が付いていません。

大好きな親友、先輩だと思ってるのでしょうね。
いつの間にか、恋してるなんて。

語りが始まりましたね。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌