チソン キルミー・ヒールミー 19話あらすじ

記憶を整理して、人格たちに別れを告げるリジンとドヒョン。

キャスト
チソン、ファン・ジョンウム、パク・ソジュン、オ・ミンソク、キム・ユリ




19話

ドヒョンの秘書兼、秘密の主治医に戻るリジン。

会社
ギジュンと再会するリジンは、株主総会で驚くことがあります・・と言われる。
「僕と手を組めば・・スンジンの大株主になれます」と、言うギジュン。
慌てて断るリジン。

アレックスの鍵で、ロッカーを開けるギジュン部下。しかし、中身は空っぽだった。

ファックスで、ドヒョンが解離性同一性障害・・と秘密を知るギジュン。

アレックスに会いに行くドヒョン。
「俺が金を払わなければ・・お前はギャンブル依存にならなかった・・金は払わない」
秘密を暴露すれば、友人として殴りに来る・・と言うドヒョン。
病気を教えたのは間違いだった・・と告げる。

アン室長に、アレックスの依存症を治す治療と、監視を頼むドヒョン。
友人として見捨てる事は出来ない。

亡き祖父とソヨンは事故でないかもしれない・・と、情報を得るドヒョン。2人を憎んでる人物は・・と考える。

ドヒョンと会うテイムは、夫と嫁の事故について聞かれる。
私は関与していない、と否定するテイム。
株主総会で、ドヒョンを有利にするためチェヨンを呼んだテイム。

「株主総会で、あなたに付くわ。」と、言うチェヨン。
「好きな人がいる。心は彼女に預けてある。」
俺は解離性同一性障害だ・・と、病気を教えるドヒョンは、チェヨンを突き放す。

ドヒョンとお酒を飲むリオン。
「縁を切るという約束を・・守れなくてすみませんでした」
謝るドヒョン。
色々と考え、リジンにとって良い兄でいる・・と決意を話すリオン。

リジンを家の前で待っているドヒョン。
酔ってタメ口で話すドヒョンに驚く。
「声はチャ君なのに・・口調はシン・セギね」
「昔は友だちだった・・会いたかった・・」
「会ってるでしょう」
「必ず・・幸せになろう・・」と言うドヒョン。
このドヒョンもすごく素敵(*^^*)

ソク医師に記憶が戻った事、病気の原因を報告するドヒョンとリジン。2人で協力して、記憶を取り戻して傷を癒やす事に。

2人で、子供時代の良い記憶を思い出すドヒョンとリジン。
地下室で、ドヒョンが誕生日を祝ってくれた・・と、話すリジン。ドヒョンがいてくれたから、耐えられたと言う。

本家になじめない頃、リジンが一緒に遊んでくれた。だから耐えられた、と言うドヒョン。

「子供の頃の僕たちを慰めよう」
ドヒョンの提案で、遊園地に行く2人。

遊園地で、人格たちへのプレゼントを選ぶリジン。
「セギは怒りがたまると暴走する。だから、家に火をつけたのでしょう・・」と言う。

「セギは・・父への恨みと怒りが大きいから、解消しないと消えないだろう・・」と、言うドヒョン。

優しくて良い父親だったジュンピョ。
「心の奥に虐待者だった父への怒り、憎しみ・・優しかった父への恋しさ、罪悪感もあった」
だから、フェリー・パクを作ったのだろうと、考えるドヒョン。

意識不明のジュンピョの写真を見て、別人にも思う・・と言うリジン。
リジンの身に危険があれば、セギは相手を殺す・・と忠告するドヒョン。

「幸せになるためには・・加害者を許すしかないんですね?」
頷くドヒョン。

現れるフェリー・パクは、プレゼントの釣り竿に喜ぶ。
チキンとお酒で、笑顔のフェリー・パクに質問するリジン。
「なぜ、去る事に?」
「俺は年長者だから。俺が去れば、ガキどももついて来るだろう。そうすれば・・ドヒョンも少しは楽になる」

「ドヒョンをよろしく頼む・・元気でな・・」と、去るフェリー・パク。

目覚めたドヒョンに、「フェリー・パクは去りました・・」と教えるリジン。
「自由に生きろ」と、伝言を伝える。

フェリー・パクの言葉、思いは優しいジュンピョなのよね。名前もそうだし、言葉もジュンピョそのもの。

テイムに、「ソヨンの娘ドヒョンと会った・・」と言うファラン。

翌朝、新たな人格「X」の登場に驚くドヒョンとリジン。

続く・・

新しい人格?ビックリの展開ですね。

フェリー・パクは優しい父の想い出でもあったのだと思います。
そんな彼が去り、しんみりしてる所でまた、面白そうなラスト!
涙と笑いのドラマですね。

これで、フェリー・パクが終わって、会えないなんて寂しいわ。
ヨナとヨソプはともかく、セギが去るのは辛いです。
セギの傷が1番深いので、慎重になるリジンでしょう。

脚本、演出も良いのだけど、俳優の演技力があるからこの面白さなのでしょうね。
これから、他のドラマを見る気になれないかも^^;



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌