チャン・ヒョク 輝くか、狂うか 1-2話あらすじ

原題は「輝いたり狂ったり」同名の小説が原作。高麗初期のワン・ソ皇子と、渤海の王女シン・ユルのラブファンタジー時代劇。

キャスト
ワン・ソ(王昭) (チャン・ヒョク)太祖王建の第四子
シン・ユル     (オ・ヨンソ)渤海最後の王女
ファンボ・ヨウォン(イ・ハニ)ワン・ウク姉
ワン・ウク(王旭)(イム・ジュファン)太祖の第五子
ワン・シンニョム(王式廉)(イ・ドクファ)太祖の従弟
ワン・ヨ(定宗) (リュ・スンス)3代王
皇后ユ氏     (チ・スウォン)ワン・ソ生母

青海商団
ヤン・ギュダル(ホ・ジョンミン)青海商団の首領
カンミョン(アン・ギルガン)武士
ペクミョ(キム・ソニョン)侍女

2015年 MBC 全24話
原作 ヒョン・ゴウン
脚本 クォン・インチャン、キム・ソンミ
演出 ソン・ヒョンソク、ユン・ジフン

輝くか、狂うか DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>
輝くか、狂うか DVD-BOX1<シンプルBOXシリーズ>
エスピーオー 2015-10-02
売り上げランキング : 6470


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1話

戦の星、破軍星が最も赤く光った日・・呪われた皇子が生まれた。

「生まれるのが皇子であれば必ず、皇室は血の海と化し、多くの人が死ぬ。」
予言通り、多くの人が死んだため、幼い皇子は金剛山に追放される。

皇子を光に導く、紫微星の下に生まれた2人の公主がいた。1人は高麗、もう1人は渤海最後の公主。

8歳の時、同腹の兄ワン・テ(王泰)が亡くなり、「呪われた皇子」として追い出され、金剛山で育ったワン・ソ(チャン・ヒョク)。

重臣たちから、息子を殺せ・・と言われ、追い出すしかなかった皇帝。

数年後
捨てられた苦しみと悲しみで、皇帝に呼び戻されるが・・素直になれないワン・ソ。

突然、刺客に襲われ、皇帝(父)を守るワン・ソ。だが、刺客の投げた短剣が皇帝の首をかすめる。

再会した母・皇后ユ氏(チ・スウォン)は、「この子を皇宮に置くなら・・私が死んでしまう・・」と、激怒する。
呪われた噂を信じ、息子のワン・ソを遠ざけたい皇后。

刺客を捕まえる・・と、追いかけるワン・ソ。

ワン・ソとファンボ・ヨウォン(イ・ハニ)の国婚を命じる皇帝。

青海商団のシン・ユル(オ・ヨンソ)は、商団の実力者。渤海最後の王女でもある。

トラブルを起こし、罪を償うために、ユルを郭将軍と結婚させる・・と、勝手に決めてしまう兄。
兄を助けなければならないが、結婚はしたくないユル。

「私には高麗人の許嫁がいます」と、嘘をつくユル。

ウンチョンと刺客を捜し続けるワン・ソ。

皇帝に捨てられ、金剛山で野犬のように育ったワン・ソと結婚を反対されるヨウォン。
「弟のウクを皇帝にします。ウクが失敗した場合、一族のために夫を皇帝にします」と、結婚を決意する。

一族のために、ワン・ソと結婚するヨウォンは皇后になりたい。

高麗の男を捜すユルは、ワン・ソを見つけ拉致する。

「1日だけ、偽装結婚してください・・」と、懇願するユル。
郭将軍に、私の婚約者・・と、ワン・ソを紹介する。

仕方なく、ユルと偽装結婚するワン・ソ。

2話

俺はツイてない・・と、嘆くワン・ソ。

あなたのおかげで、郭将軍と結婚しなくて済んだ、と感謝するユル。
「差し出された手を握れば・・運命は変わります」と、言う。

顔を見ようともしないワン・ソに、幸運のお守りを渡すユル。
「結婚の事は誰にも言うな」と、告げるワン・ソ。
ユルは顔にベールを付けてます。

ウンチョンと再会するワン・ソは、刺客の1人を見つけ、尋問する。
短剣に毒が付いてた事を知り、慌てて解毒剤を開京に持ち帰る。

偽装結婚で、郭将軍を騙す事に成功したが・・新郎が消えた事はバレる。開京に移動しましょう・・と、提案するユル。

皇帝に解毒剤を飲ますが・・時すでに遅し。
「世の暗殺を企てた者は・・豪族の中にいる。いずれ、奴らは高麗を牛耳るはずだ。」
世の武士を引き継ぎ、敵を密かに追い・・必ず、根絶やしにするのだ・・と、告げる皇帝(父)。
ファンボ・ヨウォンと結婚しろ、と。

ファンボ・ヨウォンと結婚するワン・ソ。
その夜、皇帝は亡くなる。

5年後 開京

優しかったワン・ソを捜し続けるユルは、すれ違うが気が付かない。

続く・・

父である皇帝は結局、短剣の毒で殺されてしまいました。毒だから、時間をかけて・・という感じですね。

父の敵を討つため、刺客軍団を捜して復讐するワン・ソでしょう。
悪いのは、太祖の従弟・・ワン・シンニョム(イ・ドクファ)だと思います。

全24話と長いので刺客を捜し、ユルとも再会してラブストーリーも・・って流れだと予想です。

ヨウォンは護衛の1人を自分の男にしてる様子・・。

呪われた皇子・・と、烙印を背負ったまま生きるワン・ソ。
他国の光となる運命のため、死と向き合うシン・ユルと複雑に絡むようです。
ラブコメ要素も盛り込んだロマンス時代劇。

「私はチャン・ボリ!」のオ・ヨンソは雰囲気も違いますね。
「運命のように君を愛してる」のヒョク氏、笑い声であのドラマを思い出します。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年05月18日 | Trackback(0) | 輝くか、狂うか

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌