スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ソンジュン 抱きしたい ロマンスが必要 12話あらすじ

絶対、ワンの方が優しいと思うわ。

キャスト
ソンジュン、キム・ソヨン、ナムグン・ミン、パク・ユファン、ユン・スンア、ワン・ジウォン

抱きしめたい~ロマンスが必要~ DVD-SET1

B00PJRXYWK
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2015-02-04
売り上げランキング : 4625

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


12話「どんな姿の君でも僕はそばにいる」

ジュヨンに、「もっと自分を大切にしろ」と、忠告したワン。
けれど、「悲しみに沈む君を逆に困らせただけ・・それが愛なのか・・」と、考える。

「セリョンに負けた姿を見られた・・」と言うジュヨンに、
「どんな惨めな姿でも、僕は受け入れるよ」と、告げるワン。

「彼が好きなの。彼に落ち度はないわ」
「けれど、好きな女性は守るべき・・」と言い返すワン。
何を言われても、テユンを庇うジュヨン。

1人で飲み屋に入るジュヨン。
彼女が酔ったら連絡して、とスタッフに渡すワン。

ジュヨンはワンに指摘され、怒ってしまうのよ。この思いが届かないのだわ。

家に来たテユンに、「彼女を本気で好きか?本気には見えない・・」と、言うワン。
「ジュヨンが心配だ・・」と、答えないテユン。

店に来たテユンはジュヨンに謝る。
「恋をすると弱くなる。私を傷つけたのに・・許してしまう。好きな相手の言葉を信じてしまうものだ」

「仕事の席で、私的な話は避けたかった・・」と、言うテユン。
自分を好きな理由を聞くジュヨン。
「君が好きだ・・可愛い。気楽なんだ」
テユンの言葉を聞いて、笑顔になるジュヨン。

ジュヨンは、これで傷つけたテユンを許してしまうのよ。

ミンジョン家の郵便物が気になり、確認しに行くミンソク。
「勝手に妊娠したのか?・・僕は父親だ。」
2人で相談する事・・と言うミンソク。

彼から別れを告げられ、傷つくヒジェはウヨンに話を聞いてもらう。

ニューブランドチームがファッション事業局から独立、ジュヨンは局長に昇進となる。
セリョンは突然、提携を破棄したい、と言いだす。
こんな時に!と、ワンに苛立ちをぶつけるジュヨン。

夜、ワンと一緒に流星群を見るジュヨン。
「暖めようか?」と、ジュヨンにキスするワン。
これ妄想?

ミンジョンに、養育費は払うが結婚は出来ない・・と言うミンソク。

セリョンと会うジュヨン。
契約の継続を求めるジュヨンに、「必要なら懇願して」と、言うセリョン。男を奪われ、プライドを回復させたいと。

「真心で接すれば・・セリョンも心を開いてくれるかしら」
テユンとワンの言葉を思い出すジュヨン。
しかし、
「優秀なスタイリストが見つかったの。今までありがとう」と、告げる。
ジュヨンの意外な言葉に驚くセリョン。

テユンから、セリョンは資金難・・と聞いているジュヨン。
セリョンからの連絡がくるはず・・と、待つ。

家に戻るジュヨンはワンと再会。
「どんな姿の君でもいい・・僕はそばにいる・・」
ワンの言葉に喜び、抱きつくジュヨン。
そこへテユンが来る・・。

続く・・

テユンとデートの予定なのに、気にせずワンともじゃれるジュヨンですね。

ジュヨンの言葉で、怒り爆発のセリョンだと思います。
テユンの提案で、セリョンから説得させようって感じですね。

BS放送はカットが多いので、アレ?って展開もありですね。
ジュヨンとキスしたワン・・あれは現実?中途半端に終わったような。



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。