私の人生の春の日 8-9話あらすじ

心臓提供してくれた人は・・驚きの展開でした。

キャスト
スヨンカム・ウソンイ・ジュニョク、チャン・シニョン、クォン・ヘヒョ


ドンハの会社ハヌラオンに就職が決まるボミ。お互い、意識して以前のように話せない日が続く。

ある日、廊下でボミがドンハにタレをかけてしまう。謝るボミに親しみを感じ、前のように話し合う2人。

「お願いがあります。私にとって、ブルンやパダ、社長といた時間は幸せな記憶です」
友だちのように接したい、と言うボミ。

会食後、お酒に酔ったドンハと話すボミは優しさを感じる。
「君を刻んでおきたい・・」

ボミの顔を見て、
「記憶をたどって・・僕たちは以前、会ったことがあるかを思い出す。この香り・・この感覚・・古いアルバムの中、色あせた1枚の写真を見ているみたい」
スジョン、すまない・・と思うドンハ。

翌日、ドンハを男性として意識したボミは、オシャレして出勤する。

スジョン母から、再婚を急かされるドンハ。

ドンウクに、しばらく牛島で暮らす・・と、打ち明けるドンハ。

9話

ボミを忘れるため、牛島に戻るドンハ。

ドンハが突然、出張で牛島に行ったと知り、寂しいボミ。

元気もなく、ぼんやり過ごすボミを心配する両親。

工場長からドンハの妻が5年前、牛島で亡くなったと知るボミ。
ソウルに住んでいたが、夫の誕生日には牛島に戻り、海に潜っていたスジョンだった。

海で母親を亡くした・・と、言うブルンたちを思い出すボミ。

ドンハが自分を避けていた本当の理由を知り、愕然とするボミ。
ドンウクに会い、「知ってたのね?」と、追及する。
「兄に話したのは・・君と引き離すためだ。兄の気持ちは本当だと思う」

ドンハはすべてを知り、見守ってくれていた・・と、気が付く。

ドンハは自分を好きな理由を、「心臓のせい」と言っていた。
けれど、それが本当なら・・と、葛藤するボミは牛島に行く。

ドンハと再会するボミ。

続く・・

ついにドンハの妻、スジョンの心臓を提供してもらった・・と知ったボミでした。
そんな事に関係なく、ボミはドンハを好きなのです。

まあ、おじさんなんだけど^^;
優しいから好きなボミなんでしょうね。

ドンウクはいつも、好きな人は兄に奪われてしまう・・というより、「好きな人は去ってしまう」と、感じてます。

子供がいるバツイチの男性と結婚・・・何かと似ていると思ったら。
現在、視聴レビュー中の「総理と私」でした^^;

もー!偶然にもこの2本を見てしまうなんて。失敗でした。どちらもヒロインは若い女性、しかも「総理と私」はユナ。
このドラマはスヨン・・少女時代のドラマなんです。

見る時期はずらした方が良い2本ですね。

私の人生の春の日 DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年07月01日 | Trackback(0) | 私の人生の春の日

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌