スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

大丈夫、愛だ 6話あらすじ

誰もが心に傷を抱え、生きている。そんなストーリー。



キャスト
チョ・インソン、コン・ヒョジン、ソン・ドンイル、イ・グァンス、D.O.、チン・ギョン、イ・ソンギョン



6話「恋の合図」

渓谷
ジェヨルにキスされ、頬を叩くヘス。
「濡れたから・・服を買おう」と、言いだすジェヨルに呆れる。


「どう思った?2度目は君も応じた」
ジェヨルにキスを聞かれ、「あなたが嫌いだから、不愉快だった」と、怒るヘス。

「軽い気持ちじゃなく・・好きだから・・キスした」「衝動的でしょう?」と、怒るヘス。

ヘスに、2度とあんな事はしない!と、言うジェヨル。

帰宅後、ケンカするジェヨルとヘスがキスした・・と、驚くドンミンたち。

ヘスに「キスの時、感じたな?お前に好意を持つ男を悪者に仕立てて・・不安障害を治す気は?」と、質問するドンミン。

追及され、ジェヨルにキスされた事を
「良かった。母親は思い出さなかった」と、思うヘスは戸惑う。
医師として、ドンミンに忠告される。

ヘスが、母親を思い出さずにキスをした・・と、知るスグァン。
「俺も克服したい」と、つぶやく。

ドンミンから、母親の不倫を目撃したヘスは恐怖症・・と知るジェヨル。
「ヘスにとって、キスやセックスは悪だ。裏切り行為なんだ」
お前に冷たいのは嫌いなのじゃなく、防衛機制だと。

ジェヨルに「遊びなら、ヘスから離れて欲しい」と、言うドンミン。

ジェヨルに、ときめいたのは一瞬だけ・・と笑うヘス。だが、ジェヨルが本気で付き合う気と驚く。

ガンウを実家に送るジェヨルは、母親を殴打する父親を発見する。
子供の頃を思いだして、殴られたガンウが石を握ってるのを止めるジェヨル。
「血迷うな。お母さんを連れて逃げろ」

ガンウ父に殴られ、格闘するジェヨル。

傷つき、帰宅するジェヨルに驚くヘスは手当てする、と言う。
「君には全部、見られた。渓谷でキスした時、俺は真剣だった」

バスルームのバスタブに、布団をひいているジェヨル。
「ここが俺の寝室だ」
俺も君も心に傷をもっている、と言うジェヨル。

ヨンジンの離婚パーティに、ヘス家族、ジェヨルを呼ぶドンミン。
ヘスの様子を見て、ジェヨルが好きなのだと感じるヘス母。

素っ気ない態度のヘスに怒る母親。
「ヘスも私も・・母さんの不倫を知ってるの。だから・・」
母親につれないヘスなの、と説明する姉?

ドンミンの治療を受けるため、面会するジェボムは、仲間から薬を入手していた。逃げだし、ジェヨルを探すジェボム。

ヘスから、交際OKの返事をもらい、喜ぶジェヨルはバス停へ。
ヘスを見つけ、手を振っていると・・ジェボムに襲われ、催眠薬を注射されてしまう。

感想

予告によると、ジェボムはジェヨルに注射して、義父殺しを自白させるようです。
やはり、義父を殺害したのはジェヨルなのかしら。

ドンミンがジェヨルの味方なので、ジェボムの計画通りには進まないでしょう。

ヘスはジェヨルとのキスで、母親を思い出さなかったのです。だから、「この人なら大丈夫」と、思って交際を始めるはず。

ガンウは父親に殴られ、あのままだと殺してしまいそう。
それに気づいて、止めたジェヨルでした。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年11月21日 | Trackback(0) | 大丈夫、愛だ

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。