チョ・インソン 大丈夫、愛だ 10話あらすじ

14年前の真実が判明、本当の犯人は・・



キャスト
チョ・インソン、コン・ヒョジン、ソン・ドンイル、イ・グァンス、D.O.、チン・ギョン、イ・ソンギョン



10話「縮まらない距離」

ジェヨルが自分のマンションに戻り、ショックを受けるヘス。連絡もマメにくれない。不安と苛立ちが募る。

ヘスがジェヨルと寝た・・と、知るチェ・ホはジェヨルを殴る。

ジェボムに、アミタール治療をするドンミン。14年前のジェボムとジェヨルの真実を知る。

(回想)
義父に殴られていたジェヨルに、弱虫だ・・またか・・と呆れるジェボム。

義父と殴り合いになるジェボム。
ジェヨルは、テーブルの上にあったナイフを義父に刺す。
衝撃で気を失ってしまうジェヨル。

母が帰宅、ナイフを持っていたジェボム。
「警察には俺がやった、と言え・・」
ジェヨルを庇ったジェボムだった。
(回想・終)

「刑期は2、3年だと思ってた。だが、判決は11年だった・・だから、告白した。あいつは・・母さんとグルになって裏切った。」
ジェボムの言葉を思い出すドンミン。

ジェヨルが、義父を刺したのは衝動的というか、ジェボムを助けようとしたのだと。殺す気などなくて、つい・・っていう流れでした。

ジェボムは、いつも殴られているジェヨルを思っていた。
軽い刑だと思い、母親に自分が刺した事に・・と言ってます。
それが11年の刑期と知り、裁判で怒って、事実を告白したのでした。

バスルームで寝ないと、悪夢を見るジェヨルを心配するヘス。

ヨンジンに仮説を話すドンミン。
「義父が倒れた時、ナイフが刺さったのに兄は殺人と思ってる。」

弟は当時、防衛機制と正当防衛について正確に理解してた。殺人と事故死の区別はついたはず。
自分が無罪の判決も知ってた。

「暴力をふるう義父と兄を始末する・・弟の計画的犯行・・これも違う。弟は兄を無期懲役にしようと思えば出来たはず。弟は兄を大事に思ってた。でもなぜ・・兄が殺したと偽証したのか・・」
秘密がある・・と、考えるドンミン。

ジェボムとジェヨルの心の傷を治したい、と思うドンミンだった。

ドンミンに謝罪するヨンジン。
「あの時・・避妊してごめんなさい」
「何を優先させるか・・人それぞれだ。あの時、妊娠してたら、俺はいい医者になれなかった」と、言うドンミン。

ジェヨルの財布を警察に取りに行くテヨン。
監視カメラの映像で、ジェヨルが1人で暴れてるのを見せられる。
病院に・・と、警官に言われ、驚くテヨン。

通報を受けて家に行ったが、ガンウという子はいない。誰も住んでいない、ジェヨルが住んでいた家・・と知るテヨン。

ジェヨルに電話で、ガンウの学校と電話番号を聞くテヨン。しかし、学校にガンウはいない。

ジェヨルと久しぶりに再会するヘスは甘えるが・・仕事で、多忙なジェヨルは素っ気ない。
不満と怒りをぶつけるヘス。

ヘスの態度で、「それだけ、俺を愛してるのか?」と、笑うジェヨル。

ジェヨルに誘われ、テレビ番組に出演するヘス。
スタッフに「付き合ってる事は言ってない」と、言うジェヨル。

「”俺の彼女です”・・と言えば済む事。どうせ別れるから、隠すんでしょ?結婚する気もない・・」と、言うヘス。

ヘスの言葉に驚き、「その通りだ」と、答えるジェヨル。

感想

売り言葉に買い言葉ですよね。怒ってケンカする2人でした。
それにヘスはワガママだわ(^_^;)

ヘスにすれば、深い付き合いの人は少ない。だから、ジェヨルと自然に結婚も考える。
でも、ジェヨルは遊び人なので、簡単に結婚はしないと思います。

まあ、ドラマなのでこの2人は結ばれると思うけれど。

ガンウがジェヨルの幻・・とは驚きでした。
つまり、病気で幻を見ているジェヨルでしょう。当然、ガンウ父、母もいない。

店からガンウに挨拶したジェヨル。でも、チェ・ホは外に誰もいないのを確認してました。

スグァンも、ジェヨルが1人で話してるのを見てるはずです。
ガンウの家は昔、ジェヨルが住んでいた家。
ガンウに自分を重ねてるのだと思います。

それと、回想からはジェボムでなくて、ジェヨルが義父を刺したように見えました。
ドンミンの仮説はどうなるのかしら。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年12月05日 | Trackback(0) | 大丈夫、愛だ

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌