スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

大丈夫、愛だ 11話あらすじ

愛して守りたいから嘘をついた。真実がすべてじゃありませんね。



キャスト
チョ・インソン、コン・ヒョジン、ソン・ドンイル、イ・グァンス、D.O.、チン・ギョン、イ・ソンギョン



11話「恋愛と結婚」

「言葉に気を付けろ。2度と”どうせ別れるから”と言うなよ」と、言うジェヨル。
この顔、怖いんですけど格好いい♪

14年前、ジェボムとジェヨルの事件を担当した弁護士と会うドンミンとチェ・ホ。
「あの判決は間違っている。ジェボムもジェヨルも犯人ではない。真犯人は別にいる」と言う。
それ以上、何も話してくれない弁護士。

ジェヨルがガンウの為、女性の家の窓に小石を投げた時を思い出すテヨン。
女性と会い、事情を聞くと、ジェヨルは1人で来たのだと言う。
「隣に誰かいるような口ぶりだった」
ジェヨルは精神病では・・と、悩むテヨン。

ジェヨルが家を出たことを、「あなたが出て行ったから寂しい」と、素直に伝えるヘス。

運転中、自転車に乗るガンウを避けようとして、ヘスを轢きそうになってしまうジェヨル。慌ててハンドルを切り、事故を起こしてしまう。

ジェヨルが事故を起こした・・と、知るテヨン。
ガンウの番号にかけ、話してくれ・・と、ジェヨルに言う。
携帯電話で、ガンウと話すジェヨルを見て驚くテヨン。

テヨンが電話を代わると
「この番号は使われていません」と、メッセージが流れていた。

「ジェヨルは病気だ・・」と、衝撃を受けるテヨン。

ジェボムから電話があり、喜ぶ母。
「あんたが出て来たら・・家族3人で暮らそう」と、告げる。
ドンミンの治療の効果よ、と感激する母。

14年前の事件を調べ、ジェボム、ジェヨル兄弟が犯人の可能性はない、と判明。
「退職目前の判事と、話題作りを狙った検事が焦って下した愚かな判決・・」と、知るドンミンたち。

義父の死因はナイフで刺された傷ではなく、煙による窒息死。
遺体にあったナイフの傷は浅い。
「刺した人物でなく、放火した人物が犯人です」と、言う弁護士。

当時、検事が手を回し、遺体を焼却。
結審の日、弟が兄だと証言、事件は終結した。

ジェボムは当時、弟と逃げて、家に残ったのは母親。
家が燃えたのはその後。
「母親か・・」と、つぶやくドンミン。

テヨンから、ジェヨルの事を聞いて監視カメラの映像を見るドンミン。
1人で殴られてるようなジェヨルを見て、愕然とする。

ジェヨルの家に来たヘスは、多忙なのを知り帰る事に。

翌日、再会するジェヨルはヘスに告げる。
「結婚しよう・・」

感想

ジェヨルの病気、治るんでしょうか。
1番、そばにいるヘスがまだ、気が付かないなんて。

ジェヨルは友人ガンウの事ばかり・・と、思ってるのでしょうね。
ガンウが、事故が多い道路を通るので注意する・・と、資料を作成してたジェヨルでした。

義父を始末するため、家に放火したのは母親みたい。
これなら、何があってもジェヨルとジェボムは嘘をいって庇うと思います。

ジェボムはもうすぐ刑期を終えるし、ジェヨルとしては触れて欲しくない事件でしょう。
母親を守るため、ジェヨルはジェボムが刺した・・と、嘘をついたと思います。

この事件を明らかにすれば、ジェヨルの病気は治るのかも。
でも、時効でもないと母親が有罪になってしまう可能性も。

ヘスとジェヨルはケンカしてもラブラブです。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2015年12月06日 | Trackback(0) | 大丈夫、愛だ

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。