スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」3話あらすじと感想

視聴率10.0%!いつ恋・・切ないのと台詞がすごく胸に響きます。やっぱり、このドラマはこの冬、1番のラブストーリーだと思います。

フジテレビ系ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」オリジナルサウンドトラック
得田真裕
B01AJQNHSQ


脚本 坂元裕二
主題歌 手嶌葵「明日への手紙」

キッチン用品、カーテンを購入、練の家に来る木穂子(高畑充希)。
会社で、私の企画が通った、と嬉しそうに報告する。
「すごいね」と、喜ぶ練(高良健吾)。

これも嘘をついてる木穂子なのだわ。

通勤途中、木穂子と一緒にいる練と出会う音(有村架純)。
木穂子を、「付き合ってる人」と、音に紹介する練。

練が音に自分の事を、「付き合ってる人」と、紹介してくれた。嬉しい反面、不倫してる私なのに・・と言う木穂子なのです。
後ろめたい気持ちもあるのでしょう。

「もう、俺だけを見てくれないかな・・付き合おう」と、いう練。
「真面目だなあ・・練は・・」と、笑う木穂子。

静恵の家
練が木穂子と交際してる、と話す音。
「残念だったね・・でも、片思いだって、50年たてば宝物になるんだよ」と、いう静恵。

子犬の世話をしながら眠ってしまう音。

小夏を美容院に連れて行き、ショップで服を選ばせる晴太。
高価な服を着て、儲かるバイトがしたい、と欲を出す小夏。

社長とカラオケすれば10万もらえる、と小夏を誘う晴太。

木穂子をメールで食事に誘う練・・だが、木穂子は来なかった。
プラネタリウムのチケットを見つめ、バスで帰る途中、音と再会する。

バスを降りて・・緊張の中、音を誘いたい練。
音も練と一緒にいたい・・。
けれど、2人の距離は遠い。

「杉原さん、俺、応援してます・・あん時からずっと・・がんばりましょう」と、言う練。
「あんたもがんばりや・・」と、返す音。

翌日、仕事中に道ばたの花の写真を撮る練。

介護施設「春寿の杜」
撮影で来た、父と兄だ・・と、音に教える朝陽(西島隆弘)。

「兄貴だ。まあ、あっちは本妻の息子で、俺は愛人の息子だけど・・」
父である会長、兄も朝陽を完全に無視していた。

施設のふれあいパーティは中止、金儲け主義で、一方的な会長のやり方に納得出来ない朝陽。

でも、朝陽が意見を言える立場でもなくて。そんな朝陽を見て、何も言えない音。

勤め先の運送会社で、穣次(高橋一生)に携帯を見られてしまう練。
木穂子の名前を見て
「お前、あんな女と付き合ってるのか?」と、呆れる穣次。
以前、配達先で自殺しかけてた女がいた、練が病院へ運び助けた、と登に説明する。

自殺しようとしてた木穂子を助けた練だったんですね。

不倫してた木穂子を、傷物!という穣次。怒る練は殴ろうとするが・・嘉美が止める。

意外に嘉美は練を理解してるわ。

練とトラックで移動中、木穂子が男といるのを偶然、目撃する音。
練が気づかないよう、誤魔化す。

これが木穂子の不倫相手でしょうね。音は練が知らないと思い、気を使ったの。

観覧車に乗りに向かう2人・・けれど、営業は終了していた。

帰りに、コンサートの音が流れる場所で話す2人。
アルプス一万尺をするのが可愛い♪

音から、仕事の事を聞かれ、前は電車で通っていた、と話す練。

「何日かに1回なんですけど・・。人身事故がありました、っていうアナウンスがあって。人身事故って・・そういう事じゃないですか。そういう時に隣にいた人が、普通の人が、チって舌打ちするのが聞こえるんです。
電車何分か遅れるから。そういうの聞いた時、何か、よくわかんないけど・・。何か、よくわかんない気持ちになります・・」と、言う練。
「うん。うん・・」と、答える音。

そういう事、似た事が毎日、少しずつあるけれど、自分の事で精一杯で、気づかないふりをしている、という練。

「こっちに出てきて6年たって・・ずっと、よくわかんない感じがあって・・なんか、うまく言えないかな。すいません・・変な事言って・・」

朝、自分で見つけた道ばたの花の写真をみせる音。
「咲いてたんです。それだけです・・」
花の写真を食い入るように見つめる練。

「杉原さんに見せようと思って・・。」
自分の携帯写真を見せる練。それは同じ道ばたの花。
驚く音。

感性が一緒の2人って事ね。

練が持ってたプラネタリウムのチケットを気遣う音。
「彼女と行くチケットでしょ?」
「彼女って言うのかな・・」と、答える練。

「好きな人なんでしょ?」
「優しい人です。仕事頑張ってて・・尊敬出来て・・」

「好きって、そういうんとはちゃうよ。説明するんは好きって、いうんとちゃう。まあ・・いいけど」と、言う音。

「彼女には好きな人が別にいるんで・・。恋人がいて・・それがうまく行かないから俺がいて。俺もまあ、そういうアレなんで・・」と、言う練。

「がっかりや・・アホ!」と、車を降りる音。
しかし、すぐに戻り、練にキスする。

驚く練、
「好きやからに決まってるやん、引っ越し屋さんのこと、好きやからに決まってるやん・・」

帰宅すると、泥酔の小夏がいた。
小夏が怪しいバイトを始め、派手にお金を使うのを心配する練。
カラオケするだけで10万、と酔いながら話す小夏。

病院からの連絡で、慌てて駆けつける練。
木穂子は男性に突き飛ばされ、頭を負傷していた。

木穂子からのメールを読む練。

「電話だと勇気が出なかったのでメールします。あのね・・私は練に沢山、嘘をついてます。私の仕事はディスクの事務です。
企画会議には呼ばれない仕事です。
みんなからは親しみを込まれ、”日陰さん”と呼ばれています。

練に会うため、駅のトイレで着替える時に「日陰さん」から、「日向さん」に変身します。

東京の大学に入り、彼と付き合ったけれど、彼は私を友だちに紹介しませんでした。

誰に取っても、特別な存在になれないのなら、初めから、そのつもりで付き合えばいい。そうして出会ったのが、今の恋人なんです。
何も期待せず、望まずにいられる関係・・。

私は朝、起きると今日1日を諦めます。
だけどきっと、まだ心の奥で、諦めが足りなかったのでしょう・・練に助けられた時、ずっと、このまま抱きしめられていたい・・と、思いました。

本当の自分を見られるのが怖かったから、嘘を沢山つきました。
あなたの前で、もう1人の自分になれる事が嬉しかった。

だけど、いつでも、あなたと別れられるように・・夢から覚められるように、保険をかけてたんです。
でも、もうそれもやめにします。

練・・あなたと付き合いたい。
あなたを恋人だと思いたい・・今から、彼に別れを告げてきます。

もう、駅のトイレで着替えるのもやめます。
地味な私を見たら、驚くかもしれないけれど・・その子が本当の私です・・」


木穂子のメールを読み、すべてを理解する練。
検査を終えた木穂子を見つめ、声をかける。

これじゃ、木穂子を好きじゃなくても、突き放すことが出来ない練ですね。木穂子もかわいそう

練に想いが伝わらず、苦悩する小夏。
「好きになってくれる人を好きになれたらいいのに・・」
「それは・・この世で1番、難しい問題だね・・」と、答える晴太。

静恵の家
古い雑誌を整理して、朝陽が書いた記事を見つける音。
「誰が夫の命を奪ったのか」と、医療ミスを指摘していた。

朝陽は真面目で本当に良い人なのね。

「その夜、その年・・最初の雪を見た・・」

感想

木穂子は練にすべてを打ち明け、不倫男と別れた様子。で、これで突き飛ばされたのかしら。

練と向き合うため、自分の気持ちに正直になった木穂子。これは良い事なのだけど。
これじゃ、練は音と結ばれるのが先になってしまう?

朝陽も良い人だと判明、苦悩する姿が切ないですね。
音がこれを支えるのでしょうか。

木穂子のメール、本音が切なくて泣けてしまって。
みんな真面目で一生懸命に生きている。でも、世の中は厳しい。
挫折した木穂子は自殺しようとして、練に助けられたんですね。

そんな木穂子を見捨てる事は出来ない練でしょう。なんたって優しいから。
でも、練は音が好きなはず。
この2人の関係は何時になれば・・って展開が気になりますね。

不器用な練を、高良健吾くんがうまく演じてますね。
木穂子役の充希ちゃん、音役の架純ちゃんも自然体で好き。

朝陽役の西島くんも良いですね。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。