ミセン 未生 4話あらすじ

不器用なグレは生き方を模索、仕事と周囲の人に追いつこうとしています。

ミセン -未生- DVD-BOX1
B012Z1PDLM


キャスト
イム・シワン、イ・ソンミン、カン・ソラ、ピョン・ヨハン、カン・ハヌル

チェ専務から指摘された件で、グレを「機会はやれん。資格なし!」と、怒鳴るオ課長。

しかし、書類にキム・ソッコの名前を見つけ、誤解だと気が付く。

間違いだった、と素直にグレに言えないオ課長は、キム代理と一緒に飲みに誘う。

フォルダ整理を褒め、落ち込むグレに良い部分もある、と認めるオ課長ね。

プレゼン発表のパートナーは、繊維課のインターン、ハン・ソンニュと組む事に。
ソンニュルの経験に希望を持ったグレ。

けれど、ソンニュルはブルーカラー(現場労働者)出身。
大企業の社長を目指しているせいか、プレゼンには協力しない。

テーマも内容もすべて「任せる」と、いい加減なソンニュルに驚くグレ。
でも、資料のダメだしだけはするのです。

仕事の通常会話が理解出来ないグレは、オ課長が貸してくれた用語辞典で猛勉強。

3日で用語を覚えたグレに、天才かもしれない・・と笑うキム代理。

同僚から、ソンニュルがグレをプレゼンのパートナーにしたのは目立つから、と理由を知るヨンイ。

プレゼン発表の準備が進まず、不安と葛藤のグレ。

感想

とにかく仕事で忙しいオ課長。
要領が悪くて、仕事が出来ないグレに苛つきながらも、新人として育てる必要は感じてます。

口は悪いけれど、情のある人だと思うのでグレを放っておけない。でも、自分の仕事だけで精一杯な感じ。

糊を借りに来たキム・ソッコも、真面目で仕事に一生懸命。
普通より少し、仕事が遅いだけで周囲からは利用されてますね。

そんなキム・ソッコを不憫に思い、怒らなかったオ課長でしょうか。

グレはオ課長から誘われて、酔った勢いとはいえ、
「うちの奴」と、言ってくれた言葉が嬉しい。
認めてくれたようで、明日からも頑張れる気がしたのです。

翌日、オ課長はグレと飲みに行った事すら忘れてたけど。

展開が遅い気もするけれど、全34話なのでこれからですね。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年02月07日 | Trackback(0) | 未生 ミセン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌