スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 最終回あらすじと感想

ネタバレです!視聴率9.7%!いつ恋!練と朝陽・・音が選ぶ運命の男性は?

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう2
坂元裕二
4309024505


最終話(10話)

病院
音が、階段から落ちたと知り、駆けつける朝陽(西島隆弘)、練(高良健吾)、木穂子(高畑充希)たち。

意識のない音(有村架純)・・と、心配する朝陽たちの前に、バッグをひったくられた女性が来る。

音の証言がないと、バッグを盗んだ男の子が犯人になってしまう。
協力して欲しい。彼は犯人じゃない・・と、言う女性を怒る朝陽。
「今、彼女は意識がないんだ!」と、苛立つ。

預かった音のバッグを落として、中の手紙に気が付く朝陽。
「・・たったひとりの人に出会えればいいね・・幸せになってね・・」
音/母の手紙を読んでしまう。

音の本当の幸せ・・と気が付く朝陽。

もう1通の手紙には、音が練、自分のどちらかを選んで書いてある・・と、考える朝陽。
怖くて見る事が出来ない。

朝陽の思いを知り、
「心配しなくていいです。音は朝陽さんを選んでますから」と、教える木穂子。

音は翌日、意識を戻し元気になる。
ひったくりした男の子を心配する音。

練は、ひったくりの被害者女性と一緒に、男の子を助けるために事情を聞く事に。
ここで、男の子を心配する音、練・・と、思いは同じとわかります。
朝陽は音だけを心配してる。


退院した音に告げる朝陽。
「僕はもう、君の事・・好きじゃない。恋愛は決めることじゃない。いつの間にか始まってるもの。別れようか・・」
父親に勧められ、見合いすると言いだす。

お母さんの手紙を読んだけれど、
「僕は1番の人じゃなくていい。2番目で良い、って言ったけど・・間違ってた。大切に思う人に・・順番なんてつけられない。ごめんね・・悩ませて。僕もう、君のこと好きじゃない。僕を選んだらダメだ・・」

笑顔で音に別れを告げる朝陽。
泣きながら、朝陽の優しさを理解する音。

朝陽、なんていい人なんでしょう(; ;)

就職した晴太(坂口健太郎)は、自分を理解してくれた小夏(森川葵)に感謝。
「小夏ちゃん・・大好きです・・」と、言う。
キスする2人。

この2人もハッピーエンド♪

会社
嫁の実家で働く・・頑張れ、と朝陽を応援する兄/和馬(福士誠治)。

朝陽は父/征二郎とずっと、仕事をする様子。

音を心配する練は、育ての親/林田雅彦(柄本明)が亡くなり、北海道に帰った事を知る。
知恵(大谷直子)1人では生活出来ない、と帰った音。
朝陽は令嬢と見合いする・・聞いてと驚く。

住んでいた部屋を片付ける音は、母への手紙を破く。
「お母さんへ・・音は今、東京に住んでます。お金は貯まらない。でも私には足りてる。・・恋すると楽しかったことは2倍になるよ。哀しかったことは半分になる」

練への思いを綴っていた手紙。
桃の缶詰を食べて部屋を出る音。

手紙を破ったのは、これで練への思いを切ったのでしょう。
桃の缶詰、大丈夫?何年前の?


仕事が終わり、慌てて音のアパートに急ぐ練。だが、音はすでにいなかった。

音に電話で、
「俺、まだ返事もらってません。・・俺、そっち行きます。待っててください」と、言う練。
「北海道におるよ・・振り出しに戻っただけ・・」と、言う音。

北海道/ファミレス
音と再会する練。

素っ気ない音に、出会った頃の事を話す練。
次第に音の心も開き、思い出話に弾む2人。

練の粘りについ、心開いた音・・って感じ。
好きだから、つい笑顔になってしまうの。


今度はサスケを連れて来る、と言う練は迷惑では?と、心配する。
「迷惑ちゃうよ。嬉しいよ・・嬉しいに決まってる。今かて来てくれてめちゃ、嬉しい・・」

知恵はもう、帰らなくて良い。音は東京で暮らせば・・と、言ってくれる。
朝陽も優しかったから、東京に帰る訳にはいかない、と考えてる音。
北海道で生きる、と覚悟を決めていた。

「引っ越し屋さん・・好きやで・・好きなんです」と、告げる音。
これで安心して振り出しに戻れる、と言う。

「杉原さん、振り出しじゃないですよ。北海道、遠くないです。何回でも来ます。・・・」
以前と今の杉原さんは違う、と言う練。

「ちょっとの運があれば・・また会えます・・僕も杉原さんの事が好きです・・」
「はい・・」と、笑顔になる音。

ファミレスを出て、音の手を握る練。
雪が降る中、トラックに音を乗せる。

練に道を教える音。
「出て・・右行って、左」と、言う音。
「近道?」 と、聞く練。
「ううん。遠回り・・」と、笑う音。
練も笑う。

車の中で音にキスする練。

感想

視聴率が非常に低かったようですけど、みんな録画しますよね。
ツイッターで盛り上がってたと思いました。

脚本は「東京ラブストーリー」「Mother」の坂元裕二氏のオリジナル。
やや、内容が暗い印象だったので苦手な方もいたのかも。
でも、私は最初から素敵なラブストーリーと好きなドラマでした。

気になったのはやはり、ヒロインの音が不幸だった頃。
展開が韓ドラっぽく感じてしまいました。

でも、練を演じた高良健吾、朝陽を演じた西島隆弘くんがステキでハマりました^^

小夏がうるさく感じたのも、感情移入出来てたから。
征二郎はそれほど悪役でもないのは、全10話と短いからでしょう。

もうちょっと、長いと色々な問題も起きて面白かったかも。
日本のドラマは全10話くらいで短いのが多いですよね。

朝陽の音に別れを告げるシーン、すごく泣けました。
優しすぎますよね。

練も気遣いが最高、周囲に気を配れる人だから音も好きになった。
大好きなドラマです(*^^*)

最後まで読んで下さった方、ありがとうこざいました。
次の月9はましゃですね。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。