スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

輝くか、狂うか 8話あらすじ

ワン・ソとシンユルの関係を見守るウンチョンが良い感じですね。

8話「瀕死の皇子」

シンユルの母/法名ムンダムが描いた絵を見つけたワン・ウク。
シンユルと一緒に、無政寺へ絵を見に行く事に。

無政寺に誘い出し、始末せよ・・と、セウォンに命じるワン執政。

ワン・ソたちが無政寺に駆けつけるが、ホン・ギュイは殺害されていた。

「これは罠だ。5年前・・父上を襲った刺客・・」と、気が付くワン・ソ。

刺客と戦いになるワン・ソは、無政寺にシンユルがいた事に驚く。
シンユルを守りながら、戦うワン・ソは深手を負う。

皇子格闘大会には出るつもりのワン・ソ。

ワン・ソが月香楼にいた時、男装した青海商団の副首領と一緒だった・・と、知るヨウォン。

負傷したワン・ソを治療するシンユルは、三足烏の紋を発見。
ワン・ソが早衣仙人だと気が付く。

傷を手当てするため、薬草を口でかみ砕き、口移しで飲ませるシンユル。
しかし、毒草のため、シンユルに毒が回ってしまう。

目覚めたワン・ソに、早衣仙人なのかと質問するシンユル。
自分は早衣仙人である事を認め、「他言しないで欲しい・・」と頼むワン・ソ。

傷ついたワン・ソを連れて、ワン・ウクに助けを求めるシンユル。

ワン・ウクは「シンユルを危険な目に遭わせた・・2度と会うな」と、ワン・ソを怒る。

セウォンが、ワン・ソ殺害に失敗した!と、激怒するワン執政。
「彼は左腕に大きな傷を負ってます。皇子格闘大会には出られません」と、言うセウォン。
ホン・ギュイの銅鏡の欠片をワン執政に渡す。

シンユルが毒性の強い薬草で倒れてしまう。
慌てて治療するペンミョ。

ウンチョンに、「奴らの狙いは私だった・・元気な身体で、皇子格闘大会に出なければ・・」と、言うワン・ソ。
刺客は父親が殺された時、戦った相手だった。

ホン・ギュイが殺害された事で、豪族を呼び出すワン執政。
不安な豪族はワン執政を信じ、銅鏡の欠片を預ける。

負傷した身体で、帰宅したワン・ソに驚くヨウォン。
大会に出る・・と言い切るワン・ソに呆れる。

シンユルの治療をするペンミョは、危険な目に遭わせたワン・ソを恨む。

皇子格闘大会に大きな支援をしているファンジュ家のワン・ウクが、次の皇帝か・・と、考えるワン・ヨ(定宗)。
ワン・ウクが、青海商団の副首領・シンユルと親しいと知り、商団の娘の分際で・・とつぶやく。

ワン・ウクに、ワン・ソが負傷した詳細を聞き出すヨウォン。
寺の近くで早衣仙人を見た。赤装束の男に追われていたと話すワン・ウク。
早衣仙人の首長であるワン・ソが、自分を気絶させた、と。
けれど、赤装束はワン執政の手下と理解しているヨウォン。

「ワン・ソが、ワン執政の弱みを知っているのなら、あの人(ワン・ソ)を手に入れる」と、つぶやくヨウォン。

ワン・ウクは、ワン・ソが死んでも関係ない、と言う。

青海商団に行くヨウォンは、シンユルに「あの人に会いたい」と言う。

感想

同じような名前が多くて(^_^;)

チャラい感じですけど、ワン・ソは皇子ですからね。
後半では凜々しい姿を見せてくれると期待♪

三足烏って色々な場面で登場しますね。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年05月30日 | Trackback(0) | 輝くか、狂うか

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。