ユチョン 匂いを見る少女 3話あらすじ

お互いの秘密を打ち明ける展開に。

3話「怪物と宇宙人」

モデルのマリ失踪事件を追うムガク。
チョリムの特殊能力の協力を得て、川に沈んだ車とマリの遺体を発見する。
道路の匂いから、川に落ちた車を見つけたチョリム。

マリの手首にはバーコードの跡があり、警察はバーコード連続殺人事件と断定。

2年間、バーコード連続殺人事件を追っているヨム・ミ。
班長として、ムガクを特別捜査班に入れる事に。

マリの恋人・ジェヒを訪ねるムガク。
ベッキョン医師が容疑者になっていると話す。

驚いたベッキョンにアリバイを聞くムガク。

ある日、焼き肉を食べに行くムガクとチョリム。
肉を焼いてる途中、煙でコンタクトが外れてしまうチョリムの目は青かった。
青い目を見て、怪物と叫ぶ子供・・ムガクも驚く。

コンタクトが外れたと気が付き、慌てて逃げ出すチョリムを引き止めるムガク。
「変わってるのは僕も同じだ・・」

チョリムに、妹が首を切られて死んだ事。
哀しみで潜った後、目覚めたら感覚を失っていた・・と、説明するムガク。
「痛みも匂いもほとんど感じない」

ムガクの話を聞いて、私も同じ・・と、打ち明けるチョリム。
交通事故に遭い、それから匂いが見えるようになった、と教える。

2人は漫才の練習を重ねる。
「父親が反対してるので、今度の品評会は絶対にうまくやりたい」と、言うチョリム。
最後のチャンスだと。

マリの遺体を調べ、溺死ではなくて、窒息死と判明する。
胃の中には鍵のネックレスがあり、捜査は難航。

再び、ベッキョンのアリバイを確認するムガク。
ベッキョンが済州島に行った翌日、マリは殺された。遺棄された翌日にソウルに戻った・・と、指摘。
完璧なアリバイ・・と、言うムガクだった。
これ以上、突っ込めないのね。

品評会の日、捜査で忙しいムガクは来ない。
1人で漫才をするチョリム。
「1人で出来るか!」と、激怒する団長。
2度と関わるな、と劇団からチョリムを追い出す。

ジェヒの家に行くムガクは、マリの服を燃やしてるので驚く。
「この服を着てた時、よくケンカをしたから」と、言うジェヒ。

ショックでやけ酒のチョリム。
そこへ来たムガクはチョリムに謝罪する。

泥酔したチョリムを放置出来ず、おぶって送るムガク。
家がわからず、ヨム・ミがいる警察署へ。

ヨム・ミに、「済州島にいたベッキョンは、マリを殺してまた、済州島に戻ったかもしれません」と、言うムガク。
可能性はあるかも・・と、答えるヨム・ミ。

チョリムに気が付き、海女夫婦の娘を思い出すヨム・ミ。

感想

焼き肉屋で、チョリムが焼いた肉を無言で食べ続けたムガク。
あれ、味も匂いもわからないから、満足感も得ずに食べていたんですね。
あのシーン、面白かったわ♪

ユチョンって真面目に面白い・・って演技がハマりますね。

ベッキョンが怪しいけれど、マリ恋人ジェヒの方が妙な行動だと思います。

ヨム・ミはチョリムが海女夫婦の娘、と気が付くかしら。





↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年05月30日 | Trackback(0) | 匂いを見る少女

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌