ユチョン 匂いを見る少女 7話あらすじ

ムガクの危機!

7話「バーコードが示すもの」

バーコード連続殺人事件を調べるムガク。
被害者の手首のバーコードの傷は、書籍類と判明。

バーコードの番号は、最初がゼロであると説明、被害者は他にもいると説明する。

料理中に完璧なアリバイを作り、ベッキョンの遺体を遺棄するジェヒ。

店に来たチョリムに、
「僕は人の顔がわからない失顔症なんだ。誰が来たのか教えて欲しい」と、頼むジェヒ。
自分も目が青い事で苦労した、とジェヒの苦悩を理解するチョリム。

ある日、友人エリの店で500万ウォンが盗まれる事件が発生。
犯人はエリ・・と、調査を受けていると驚くチョリム。

無実のエリを助ける為、ムガクと一緒にミョンオクのアリバイを崩すチョリム。
ミョンオクは嘘をついていた、と自白する。

警察署の駐車場で、車の中のベッキョンの遺体が発見され、驚くムガク。

ベッキョンの遺体の匂いを見て、「初めての匂い」と、感じるチョリム。

ハンドルの指紋から、犯罪歴のあるパクが容疑者・・と考えるカン係長たち。
しかし、運転代行と知り愕然とする。

売店のおばさんの証言で、ベッキョンの車が置かれていた時間がわかる。

ジェヒを訪ね、アリバイを確認するムガクだが・・完璧だった。

ベッキョンの事件を追い、コンテナを調べるムガクは突然、ジェヒにお腹を刺され、倒れてしまう。

感想

ベッキョンのコンテナから、本を持ち出していたジェヒ。

ムガクが来たので警告のつもりでしょうか。
本当に殺すのなら、確実にやるジェヒのような気がします。

ベッキョンが意外にも早く殺害され、呆気ない感じですね。

ベッキョンの遺体は車に乗せられ、その車は大きなトラックで運んだジェヒでした。

マリを殺害した事が、日記帳を読まれてベッキョンに知られた。
それでベッキョンを殺したのだと思います。





↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年06月03日 | Trackback(0) | 匂いを見る少女

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌