「妻の誘惑」81~83話あらすじ

母との再会は感動でした。これで安心して復讐できるかも。きっと、本物のソヒは生きてると思います。来週はエリが事実を知りそうです。

BS朝日 全130話 
ク・ウンジェ   (チャン・ソヒ)
チョン・ギョビン (ピョン・ウミン)
シン・エリ    (キム・ソヒョン)
ミン・ゴヌ    (イ・ジェファン)






81話

ギョビンを実家の地下室に閉じ込め、知らぬ顔でエリには「知らない。どこへ隠したの?」と、とぼけるウンジェ。
ミイン、チョン会長も、息子のギョビンが空港に行ってないと知り、慌てる。

エリも家に乗り込み、「どこへ隠したのよ!」と、騒ぎ立てる。
ガンジェはゴヌが助け、家に送ってくれたの。

で、ミジャ、ヨンスはゴヌがミン女史の息子と知りびっくり。
いつも世話になってる社長の息子・ゴヌが、ガンジェに良くしてくれるから。

ウンジェはミン女史に
「ギョビンをこのまま地下室に閉じ込め、餓死させるのも良いけど手ぬるいわ。暗く寒い部屋で苦しめてから・・あの男に人生初のどん底を経験させてやる。」と。

「その後、計画通りチョン家の大切なものをすべて奪う」と、ウンジェ。

なるほど。
ギョビンを苦しめて放り出し、家の大切なものも奪うつもりなのね。大切なものとは「お金」
「姑は、貧しいからって私と家族をさげすんでる。お金がすべてのギョビンや姑が、財産を失ったらどんな顔をするか・・」と。

エリの前、わざとよね。
ガンジェを探すふりをするミジャ、ヨンス。
エリはこれで「探してる?じゃあ、ガンジェにギョビンさんは捕まっていない?私も逃げよう。きっと、1人で逃げてるのだわ。」って。

「逃亡資金をエリに渡してくれ。」と、メールで驚くミインは1億ウォンをエリに騙し取られそう。
これ、ギョビンのふりしてメールしたから。
慌てるミインは、「息子の逃亡資金」と、友達に借りるという。

貴金属をエリに渡すミインは
「まさか、あなたが横取りを?」っていうけど、口のうまいエリは「そんなわけないでしょ。一緒に逃げてるんです。ニノを頼みます。」と、いう。

ソヒ実家
お腹がすいたギョビンは、1人・・リビングへ行ってキムチと、ご飯を混ぜるけど?ゴヌが来て水を入れちゃう。
ゴヌはギョビンがいるのを知ってるから、わざと意地悪をしたのよ(笑)
ご飯くらい食べさせてやっても^_^;

エリが地下室に来てしまったわ!
「私を捨ててこの女と一緒に?」と、騒ぐエリ。
「勝手にフランスにいけよ。一生、外国でこそこそ生きるのか?隠れるとしても、妻と一緒だ。」
「ミン・ソヒがいればいいの?」
「そうだ。警察に追われても、首を切られても、お前とよりを戻さない。俺の前から消えろ。」と、エリにいうギョビン。

エリは怒ってガンジェにギョビンの居場所を連絡、慌てて地下室から逃げるギョビンは、財布を忘れてしまう。
「チョン・ギョビン、無一文で惨めな思いをするのよ。」と、ウンジェは笑う。

ギョビンは会社でミジャ、ヨンスたちに捕まり、警察へ??と、思ったら逃げて。ソヒに助けを求める。
お金を用意するソヒだけど、これをガンジェが来てまた、逃げるギョビン。

「人殺しの夫をかばうのか?」と、兄のガンジェにいわれるウンジェは・・
「兄さん、ごめんね。わたしが必ず、復讐を遂げるから・・」と、泣いて。

ガンジェは産婦人科の看護師、ジスに会い
「ク・ウンジェを殺した犯人を知りたい。教えてほしい。俺は兄だ。ウンジェの最後を知りたい。」と、言葉にやっと、ジスは
「ク・ウンジェは生きてます。わたしは本人に会いましたから。」と、言葉に驚くギョビン。

この看護師、ウンジェの映像でお金を脅し取ろうとしたのよね。その時、ちょうど録画に失敗して(;´Д`)
確か、教えてもらったけど、お金はウンジェに奪われどこかへ寄付したとか?。

82話

キム・ジスから、ウンジェは生きていて海で溺れた映像も撮ったと知るガンジェ。
チョン会長は、3億ウォンをジスに渡し「息子・ギョビンの罪を隠ぺいした」
だけど、このお金はウンジェに取られたと話すジス。

ギョビンに殺されたはず・・と、思うガンジェは考える。
「ウンジェは生きてる?なら、なぜ帰って来ない?もしや、会長が息子の罪を隠すため・・偽のウンジェを使った?」と、お金を奪われたジスのことをいうのよ。

これ、ジスがお金を渡したのは「本人だったから」って。
そうなんだけど、信じられないガンジェ。

ガンジェはギョビンの家に「3億ウォンの動画を見に来た!ウンジェをあなたの息子が殺してる動画ですよ。」と。
ギョビンの犯行をみたから、資材を罪滅ぼしに納入させた!と、ガンジェ。
「許してくれ・・」と、跪く会長。

家で暴れるガンジェなんだけど、ソヒを「もしや?」とは思わないのね。
「ギョビンを逃がしたのはあんたのせいだ。人殺しの妻なんかに・・」って。

「お前たち家族を地獄のそこへ突き落とす。覚えおけ!」と、泣いてでていくガンジェを、涙で見送るウンジェ。
やっぱり!ガンジェは「ソヒ」としか、思ってないのよーー。

ガンジェは、映像のことをミジャたちに報告。
「ウンジェが生きてるなら、ギョビンの妻しかいないわ。どうみてもホクロがなくても、アレはウンジェよ。」と、母の言葉で尾行すると兄・ガンジェ。

チョン会長が、ソヒにウンジェのふり?でお金をジスから奪ったとは思えないというの。
そのお金は福祉に寄付してる。

あららーーー!ギョビンが汚くなっちゃって^^;
無一文で路上生活、逃げてるからソヒの所へきたわ。

ウンジェはご飯を食べさせるけど・・臭いギョビンなのよ(笑)
お店の人も逃げちゃって?けど、「まだ、路上で生活して紛れて逃げてて。」って。

ソヒのためにも逃げ切るとギョビン。
ウンジェは、隠れ家を探しク家とも話をつけるとうそ。

サウナ暮らしのエリは、ジスを捕まえて
「ク・ウンジェは生きてる。すべて話したわ。あんたたちは彼女を殺していない。」と、聞いて愕然とする。

「ウンジェが生きてる・・?」と、エリ。

チョンジ建設は、エリの違約金を払った上にインチョンの土地が、ミン女史の名義となり、融資も途絶える・・と、時間の問題とウンジェは笑う。
これを喜ぶミン女史。

そういえば、土地の名義をミン女史に変更したんだったわ。忘れてた。
すべてはあの息子のギョビンのせいで・・激怒の父でしょうね。

「あなたの息子は同じ罪を犯したようね。あなたも娘を殺したわ。」と、チョン会長にいうミン女史。
「君の言うとおり、私は今、罰を受けている。君と娘を捨てて、金を取ったことの報いだ。」と、会長。

ミン女史の父の果樹園。
これを奪った会長みたいね。慰謝料を払うといってたけど?ミン女史は
「来た時と同じように丸裸になるのよ。」って、すべてを返すようにいうのだわ。

ミジャ、ヨンスは、ガンジェからの情報でミン女史の娘がソヒであり、「ギョビンの妻」と、驚く。

でも、ミン女史の家に出入りしてたミジャは、ゴヌ本当の妹の顔を見てるし、娘ソヒが自殺したと知ってる。
「もう1人、娘がいるのかも?確認しましょう。」と、ミン女史の家へいく。
驚くウンジェたち。

うーん。そろそろ母のミジャにバレるのかしらーー。内緒にしてもらえば大丈夫なじゃないかな。

83話

ミジャは
「社長の娘さんは亡くなってるでしょう?ギョビンと結婚してないですよね?」と、聞きに来る。誤魔化すミン女史でしょうね。

これを信じろというのは無理だわねーー。
「娘は死んでうつ病で自殺も考えたわ。その時、似た子にあって養子にしたの。死亡届けも出していなかったし・・性格はお嬢さんと違うはず。

似てるのは顔だけよ。あの子は私の娘、ソヒよ。」と、ミン女史を信じられないとミジャ。

すでにリビングの家族写真も入れ替わり、本物のソヒを知るミジャは驚くの。

「それじゃ、ギョビンはチーフの義弟なんですね。」と、知り驚くガンジェ。
なんであんな男と結婚を許可?と、聞くのよ。
これを避けるゴヌ。
ガンジェも、写真を見てるので「なぜ、妹の顔が変わった?」と、思うの。

エリはついに!「ウンジェが生きてる?なら、私もギョビンさんも、犯罪者じゃないわ。逃げる必要もない。ウンジェを探す!まさか?ミン・ソヒが?」と、気がつく。

これですべてわかったエリでしょうね。
ソヒがウンジェなら?自分を惨めにする理由になるから、復讐と。

ウンジェはミインに「前の奧さんはどんな人でしたか?」って聞いて。
「エリよりも酷かったわ、妊娠もウソだったのかも。財産目当てで息子と結婚したひどい家よ!」と。

「息子があの嫁を殺しても悪いと思わない。息子も我慢の限界だったのよ。」と、ボロクソにいうミインに怒り、幽霊のマネをして脅すウンジェ(笑)

ウンジェは「母に会います」と、決意。
これで「また、娘を失うのね・・覚悟しないと・・」と、涙のミン女史。
事情を話せば、黙っているはずの家族だろうけど、これで事実を話せばまた、娘のソヒを失うことになるものね。

「復讐を終えるまでそばにいてね。ママはステキよ。」と、ソヒ。

エリはチョン会長に交渉をもちかける。
「ギョビンさんの無実を証明します。だから、妻の座とサロンヘラを返して」と。
ウンジェは死んでいない?と、いうつもりだろうけど信じるかが難しいわね。

エリはソヒに「あんたはウンジェでしょう?」と、ついに騒ぎ始めたわ。
でも、ゴヌが来て
「俺の愛する人だ。血は繋がっていないが・・」って。
これで納得したようなエリだけど、ゴヌは養子だから本物の妹ソヒでも、血の繋がりはないのよ。

兄が自分を尾行してると知り、ギョビンと会わせるウンジェ。
警察にギョビンを連れて行くガンジェ。

警察
「去年、こいつが妹を殺した」と、ガンジェ。
否定するギョビン。
チョン会長が来て「殺人現場の動画なんか買っていない!」と、ウソ。

「シン・エリを呼べ。あいつは遺書をねつ造した!」と、ガンジェ。

これを知り、事実がわかれば法がギョビンを裁く・・これじゃ、復讐にならないと家族に事実を話し、「ギョビンを釈放させる」と、ウンジェ。

ウンジェ家
ミン女史と一緒にミジャにあうウンジェ。

「ギョビンの妻ね!何のよう?」と、ミジャに
「母さん・・」と、涙のウンジェ。

「あなた・・ウンジェなの・・・?」と、泣いて抱きしめる母のミジャ。

ミン女史はそばで今まで、ウソをついてたことを謝罪しようと・・。

続く・・・

ついに再会です。
さすがにウンジェの「オンマ」と、言葉には泣けました(/_;)
やっと、会いたかった母に事実をいう時期がきたんですね。

復讐を遂げるため、今後は家族にも強力をしてもらうのでしょう。でも、娘を失い寂しいミン女史ですね。
きっと、あの本物の娘はまた、登場しそうだから?大丈夫な母・ミン女史だと思います。

↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2010年11月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 妻の誘惑
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌