スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ユチョン 匂いを見る少女 11話あらすじ

チョリムの言葉に疑問を感じるムガク。

11話「たったひとりの目撃者」

ジェヒの家で、ベッキョンの手紙を読んでしまったチョリム。
「チョリムさんへ・・」と、手紙には、チェ・ウンソルだと書いてあった。

父ジェピョに真実を聞くチョリムは、自分の本当の名前は、チェ・ウンソルだと知る。

3年前、交通事故に遭ったチョリムを娘のように育てたジェピョ。
担当刑事だったジェピョは亡き娘を思い、チョリムを育てたのだと説明する。
チョリムの本当の両親の事は知らない。

「なぜ、捜査から外されたのか・・」納得出来ないムガク。
ヨム・ミのパソコンを調べ、チョリムの父親はジェピョであり、唯一の目撃者と知る。

ヨム・ミにチョリムの事を確認、捜査を続けたいと粘るも、断られてしまうムガク。

ジェピョに会いに行く途中、ジェヒと遭遇するムガク。
ジェピョの居場所がバレた、と思いだして、ジェヒに携帯電話を盗聴されてる、と気が付く。

仲間の刑事に盗聴アプリを入れてもらい、ジェヒに向かって告げるムガク。
「お前を捕まえてやる。2度と殺させない」

車の中、ムガクの携帯を盗聴・・聞いているジェヒ。

ムガクに会うため、警察署に行くチョリムは偶然、会話を聞いてしまう。
「チェ・ウンソルは生きてる。犯人は目撃者と同姓同名のムガクの妹を・・・」
私の代わりにムガクの妹が殺された・・愕然とするチョリム。

ムガクの誕生日、2人で一緒に過ごした後、別れを告げるチョリム。
「これ以上・・努力しても無駄・・別れましょう」
他に理由があるはず、と聞くムガクだが・・チョリムは去ってしまう。

ヨム・ミに会うチョリムは
「記憶再生プログラムを受けます。私が唯一の目撃者だから、ジェヒに近づける」と、言う。
犯人を捕まえたい。協力する代わり、ムガクには内緒にして、と頼むチョリム。

一方、「世間は海女夫婦の事件を2番目の事件だと思っている。でもジェピョは・・3番目だと知っている。なぜだろう・・」と、考えるジェヒ。

ジェピョに会い、大金を渡して、「被害者の会に使ってください」と、言うジェヒ。
家族会の内容も聞く。
ジェヒを被害者の身内と信じているジェピョ。

チョリムは、バーコード連続殺人事件の犯人を捕まえる決意で、催眠療法で記憶を取り戻す事に。
ムガクには秘密で、協力する条件として、ムガクの復帰をヨム・ミにお願いする。

突然、捜査に復帰できるムガク。

ジェヒを信じて、娘がいる事を打ち明けるジェピョ。
バーコード連続殺人事件、最初の被害者はジェピョの奥さん?

父親と連絡が付かない・・と、言うチョリムを知り、ジェピョに電話するヨム・ミ。

GPS機能で、ジェピョがクォン・ジェヒの家にいると判明。
慌ててジェヒの家に行くチョリム。

感想

ジェピョは殺された?

たぶん、最初の被害者は娘を殺され、ジェピョと離婚した奥さんかと。
あ、もしかしたら、ジェピョの行方不明の娘なのかも。

すると、ジェヒって凶悪犯ですよね。
養父に育てられたジェヒは虐待され、殺人事件を起こすようになったのでしょうか。

早く続きが見たいですね。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年06月09日 | Trackback(0) | 匂いを見る少女

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。