チャン・ヒョク 輝くか、狂うか 17話あらすじ

そろそろ、ワン執政の息子が登場するようです。

17話

ワン・ウクの証言で、青海商団はすべてを失う。
仕方なく、判を押すヤン・ギュダル。
物品は失ったが、牢に入る事は免れ、仕事も続けられる事に。
豊友商団にすべて譲渡した。

ワン・ソと言い争うヨウォン。
皇宮を追放され、金剛山で育ったワン・ソ。
その間、皇宮では兄妹たちが生き残るため、熾烈な戦いをしてた・・と、怒るヨウォン。

ワン・ソが守ろうとしているワン・ヨは、腹違いの兄・恵宗の暗殺に加担している、と教えるヨウォン。
食うか食われるか、生きる為に否応なく争っていた、と。

ワン・ソは「兄妹を殺してまで、皇帝になりたいのか?」と、聞くのだけど。
暗殺に加担したのも生きる為、と言うヨウォンなのです。
追い出されたワン・ソの方が人間らしく育った、と。


「この状況にウンザリしてますか?なら、誰よりも強い皇帝になるのです」
開封での婚礼を隠すため、シンユルを殺そうとしたヨウォン。
互いの切り札は下ろそう、と提案するワン・ソ。

父・太祖を思うワン・ソ。
太祖は高麗のため、民の為に信じた道を進んだ。
自分も父のように、正しいと判断した道に進む、と決意する。

ヨウォンに、「そなたの熾烈な人生を・・理解するよう努力する・・」と、告げるワン・ソ。
共に手を握り、ワン執政よりも強い皇帝を、と言う。

ヨウォンに信じてもらうため、「心はここへ置いていく」と、言うワン・ソ。

ワン・ウクが、嘘の証言をしたのは理由がある、と考えるシンユル。
「もしや、私を守るため?」と。

「私に心をくれとは言わぬ。そなたが危険にさらされたら・・何としてでも守る」
ワン・ウクの強い意思に驚くシンユル。

ヨウォンと話すワン・ウクは、ワン・ソは豪族、ワン執政にも勝てないと思っている。

ワン・ウクに、「ワン執政の手下になったのか?」と、質問するヨウォン。
「これが生き残る道・・」と、笑うワン・ウク。

皇宮で育った2人は、強い者には逆らわない方法を学んでいる。
でも、ワン・ソは違うかもしれない、と考えるヨウォン。

ワン・ウクに、「父上は老衰ではない。ワン執政に毒殺されたのだ」と、教えるワン・ソ。
ワン執政の悪事はいずれ、明らかになる、と解毒剤を要求する。
共にワン執政を討とう、と提案するワン・ソ。

商売を再開するため、苦労するシンユルたち。

解毒剤を捜すため、ワン執政の屋敷を訪ねるワン・ソ。

夜、再び・・銅鏡の欠片を奪うため、ワン執政の屋敷に侵入するワン・ソ。

今夜、早衣仙人が集まると知り、討つ計画のワン執政。

感想

ワン・ウクはワン執政の犬になっても、シンユルを守る決意ですね。
最後は死んじゃいそうな気もします^^;

ヨウォンも素直になれば良いのに・・なんて思います。
ワン・ソが好きなのだろうに。

この時代、皇帝の座を巡り、兄妹たちが争うのは仕方ない気もします。
太祖も遺言でも残せたら良かったのにね。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年06月10日 | Trackback(0) | 輝くか、狂うか

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌