スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ユチョン 匂いを見る少女 13話あらすじ

犯人は被害者の匂いを付けているのでした。

13話「恋の密着警護」

帰宅したジェヒと会ってしまうチョリム。

監視カメラに気づいたジェヒは、チョリムがカメラを置いたのだろう、と考える。

チョリムを助けるため、ジェヒの家に入るムガク。
ムガクに、監視カメラを回収にきたのか、と聞くジェヒ。

「俺はお前に妹を殺され、家を壊された・・・お前は死ぬ」と、告げるムガク。

チョリムに「危ないから近づいてはいけない」と忠告するムガク。
だが、「ジェヒから、ベッキョンの匂いが見えた。調べたい」と言うチョリム。

ムガク1人では危険、と自分の能力を捜査班のメンバーに教えるチョリム。
匂いが見える証拠を見て、特殊能力に驚く捜査員たち。

ジェヒの家には秘密部屋があるはず、入る方法を考えるヨム・ミたち。

警察が写真をすり替えた事で、チェ・ウンソルの写真は本物・・と、考えるジェヒ。
チョリムは自分が相貌失認と知っている、捜査に協力してる、と。
チョリムの同級生ユン・ミナを調べる事に。

ミナに電話で、ウンソルの事を聞き出すジェヒ。しかし、消息不明だと言う。

スミに会うヨム・ミは、事故で記憶のないチョリムの事情を説明。
記憶を取り戻す為の同窓会を開いてもらう事に。

同窓会に出席するチョリムのため、服を購入するヨム・ミ。
ヨム・ミに香水を選ぶチョリム。

同窓会の日、変装したジェヒはチョリムを監視している。

チョリムを保護するため、待機しているヨム・ミ、ムガクたち。

チョリム(ウンソル)たちが同窓会の店に入る。

会話から、「チョリムがウンソル」と、確信するジェヒ。

同窓会が終わり・・後ろから、薬で眠らせ、チョリムを拉致するジェヒ。

家に連れて来たジェヒは質問する。
「どちらで呼ぼうか?チョリム・・?それとも・・ウンソル?」
「ヨム・ミと呼んで!」と、答えるヨム・ミ。

チョリムだと思って、拉致したのは同じ服を着ていたヨム・ミだった。
愕然とするジェヒ。

万が一に備え、チョリムと同じ服を着ていたヨム・ミ。

後ろから、薬で襲った相貌失認のジェヒは気が付かなかったのよ。
チョリムではなくて、ヨム・ミだって事に。

ヨム・ミが自分の身代わりで、拉致されたと知り、心配するチョリム。

ジェヒの家に行き、銃でジェヒを殴るムガク。
「ヨム・ミはどこにいる?」
笑うジェヒ。

感想

ヨム・ミはどうなったのかしら。
まさか、同じ服でヨム・ミが拉致される展開とは。

ジェヒは相貌失認なので、ヨム・ミの顔を見ても、すぐに気が付きませんでした。

ジェヒはどうやら、殺す相手を捕まえて6日間、日記を書かせていたみたい。
その後、殺害して日記を読むのが楽しみだった様子。
やっぱり、異常者なんでしょうね。

匂いが見えるって事は、思ったよりも興味深い内容になってますね。





↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年06月13日 | Trackback(0) | 匂いを見る少女

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。