スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

チャン・ヒョク 輝くか、狂うか 20話あらすじ

皇帝の座を巡るより、恋愛メインの展開になってます。

20話「助ける為の道」

シンユルを助ける為、皇帝ワン・ヨに解毒剤を与える、と決意するワン・ウク。

倒れたシンユルは、ワン・ウクが連れて来た医員の処置で意識を取り戻す。

ワン・ソに解毒剤を渡して、脱獄させるワン・ウク。

ヨウォンと会うシンユルは、「青海商団を救って欲しい・・」と、懇願する。
「私がいなくなっても、青海商団はワン・ソ殿下の味方となるでしょう」
冷毒のため、死期が近いと感じているシンユルだった。

「もうすぐ、インドから香辛料が届く。それを中原で売れば、大きな利益になる。
それを買うため、高麗人参を3万本、必要・・」と、ヨウォンに言うシンユル。

ワン・ヨに会い、解毒剤を飲ませるワン・ソ。
ワン・ソを牢から出す事も出来ない。何も出来ず、情けない・・と、恥じるワン・ヨを励ますワン・ソ。

「明日、私を守ってください」と、頼むワン・ソ。

翌日
豪族たちが持って来た上書は、ワン・ソと副首領を厳罰に処して欲しい・・とある。

一方、郭将軍が墓穴を掘るよう誘導する作戦のワン・ウク。

ワン・ソとシンユルに、皇命でない婚礼を挙げた・・と、指摘するワン執政。

郭将軍は5年前、開封で2人の婚礼を目撃したと証言する。

「婚礼は挙げました。しかし、婚姻はしていません」と、発言するワン・ソ。

そこへワン・ヨが現れ、青海商団のヤン・ギュダルに証言させる。

郭将軍に見初められ、婚姻を迫られたシンユルは、偽の婚礼を挙げた・・と、説明するヤン・ギュダル。

休憩となり、ワン・ヨと2人だけで話すワン執政。
恵宗暗殺の証拠を持っている、とワン・ヨを揺さぶるワン執政。
だが、「共倒れしよう」と、動じないワン・ヨ。

ワン執政も、恵宗と太祖暗殺の証拠があるので下手に動けない。
ここでは五分五分よね。

審議が始まり、ワン・ソに「偽りの婚礼という証拠もない!」と、追及するワン執政。

「床入りはしていない」と、言うワン・ソ。

ワン・ソが追い詰められ、窮地を救うためワン・ウクが発言する。
「私とシンユルには縁談の話がありました。2人が婚姻していたら、あり得ない話です」と。

「皇帝陛下、皇命として私とシンユルを婚姻させてください」と、訴えるワン・ウク。

驚くワン執政は、ワン・ソに質問する。
「あなたの女でしょう。奪われても良いのですか?」
「私とは何の関係もない女です・・」と、答えるワン・ソ。

ワン・ソの言葉を聞いて、涙を流すシンユル。

納得出来ないワン執政は、ワン・ソへの罰として、息子プンの下でワン・ソを働かせると言いだす。

ワン・ソを守るため、ワン・ウクとシンユルの婚礼を命じるワン・ヨ。
これは皇命ね。

ワン・ソには、ワン執政・息子プンの下で働く事を命じる。

一方、回復したシンユルと一緒に出かけるワン・ソは、義兄弟の契りを取り消す。

シンユルを青海商団まで送るワン・ソ。
別れを告げ、離れる2人だが・・。

離れられない・・と、戻るシンユルと抱き合うワン・ソ。

感想

ラストのキスシーン、切ない2人でしたね。
バックで流れる歌も素敵。
チョローンって聞こえるのですけど^^;

やはり、2人は身分の差があるので、簡単に結婚など出来ないのでした。

ワン・ヨ、ワン・ウクもシンユルを守るため、行動した事だから、反対も出来ないワン・ソ。
むしろ、ワン・ウクにシンユルを守ってくれたお礼を告げたほど。

ワン・ウクもそれほど悪人じゃないので、強引な結婚はしない感じ。
ワン・ソに悪いと思いつつ、愛するシンユルを守るための婚礼・・って感じでしょうか。

残り4話なのでまだ、ワン執政が悪巧みを計画してると思います。

ワン・ウク初恋の人ダニョンは、亡くなっています。
だから今度こそ・・って思いもあるのでしょうね。

輝くか、狂うか DVD-BOX2<シンプルBOXシリーズ>
B012ZNO5R8



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年06月15日 | Trackback(0) | 輝くか、狂うか

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。