スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ミセン 24話あらすじ

リメイク版、中島裕翔くんの「HOPE 期待ゼロの新入社員」も楽しみですね。ヒューマンドラマなので視聴率も良いと期待してます。

24話

船に穴が空く・・というトラブルが発生。
慌てるベッキたちに、「穴なら塞げば良いのでは?」と、提案するグレ。

グレの提案通り、溶接で穴が塞がり解決。

グレが鉄鋼課の危機を救うのです。

「君に助けられた」と、グレに言うカン代理を見て、焦りを感じるベッキ。
悔しさから、
「お節介より、君は自分に足りない所をうめるのが先だよ」と、キツい事を言ってしまう。

同期のベッキに、縮まらない距離を感じるグレ。
だが、ソンニュルはそんなベッキ、と割り切っている。

母親から、父親が家の補償金を持ち出した・・と相談の電話が来るヨンイ。
以前、父親がシン課長にお金を借りたため、必死で返済を終えたばかりだった。
「私の人生なのよ!」と、叫ぶヨンイ。

母親から頼まれても困惑するヨンイだわ。シン課長とそんな事があったとは。

仕事中、母親の電話を思いだして、ミスをくり返すヨンイ。
そんなヨンイを心配するハ代理だが・・。

部長が怒鳴り、皆でヨンイを庇う資源2課。

友人にグレの愚痴をこぼすベッキ。
ベッキと同じ会社に入れず、グレのコネ入社を怒っている友人は激怒する。
「あいつがコネ入社したから・・俺が入れなかった!」

一方、自ら企画を考え、プレゼンをするグレ。
だが、グレには厳しい意見しか言わないオ次長。

グレが正社員になるのは無理である。
今のうちに準備して、他の会社に入れるよう・・と考えるオ次長。

本当はグレのやる気、実力などを認めているオ次長。
惜しいと思っているけれど、正社員にはなれないので、無責任な事は言えない。
現実を知ってるからこそ、グレには厳しい事だけを言うのです。


グレの将来を心配するオ次長は、10万ウォンで何かを仕入れて、売ってこい!と、命じる。

悩んで、ベッキと一緒に市場で下着、靴下を仕入れるグレ。

売るため、先輩の会社にグレを連れて行くベッキ。

感想

先輩に頭を下げて、買ってもらうのはダメですよね。
これじゃ仕事にならない、と気が付くグレだと思います。

やっと、課で認められたヨンイが可哀相。
父親に電話で、「もう電話しないで」と、叫んでるのをオ次長に見られてしまいました。

ヨンイを心配するハ代理は、打ち明けてくれない事に苛立っています。

こんな事で、仕事の邪魔をさせてはいけない・・と、考えるヨンイ。
父親の借金問題なんて、誰にも言えず、「何でもありません」としか言えないですよね。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2016年06月26日 | Trackback(0) | 未生 ミセン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。