ミセン 25話あらすじ

この作品見てると仕事するのが怖くなりますね(^_^;) 中島裕翔くんのリメイク版がスタートして、同じ時期くらいに終わるのかしら。

25話

10万ウォンで商品を買い付け、販売する課題のため、苦労するベッキとグレ。

下着と靴下を購入、先輩の会社に行くベッキだが・・。
「おごるのはいい。だが、必要ない物は買わない」
先輩の言葉を聞いて、我に戻るベッキ。

地下鉄の中で、売ろう、と言いだすグレに呆れるベッキは知らないフリをする。

1人、地下鉄の中で販売するグレ・・しかし、商品は売れない。

時間内に売らなければ・・と、焦るグレは囲碁会館へ。

グレを追い、囲碁会館の廊下でグレの事情を知るベッキ。
バイトしながら、囲碁の勉強をして勝ち続けていたグレだった。
囲碁の才能がある・・と驚くベッキ。

一方、「ゲームでは前進するのがルールだ。地獄が待っていても・・」と、考えるグレ。

事情を説明、下着を買って欲しいと頼む。
「グレや・・ここには来ない方が良かった。皆が買ってくれるからだ。だが・・それで、仕事したと言えるのか?」
それでは上司も喜ばない、と言われて諦めるグレ。

囲碁会館のおじさん、何も言わないけれど、心の中で「頑張れ、グレ」と、応援している。
笑顔のおじさんに何故か涙が^^;

応援してくれる人のためにも、グレは正々堂々と仕事を続けないとね。
頼んで買ってもらったら、仕事にはならない。


グレの帰りを待つオ次長はヨンイと話す。
昼間は父の事で動揺していた・・と、言うヨンイ。

帰り道、サウナで下着と靴下を売ろうと提案するグレ。

完売させ、会社に戻り、オ次長に報告するグレ。
グレに何かを感じて欲しかったオ次長。
しかし、グレは泥酔してたので呆れてしまう。

ベッキと一緒に下着セットを完売させたグレ。
「また明日・・」と、ベッキの言葉に何かを感じたようす。
距離が縮まった・・と、思うグレかも。


ソンニュルは、感情を消すトレーニングに時間を浪費していて、話もしなくなった。
「彼は笑顔を失い、僕たちは彼を失った」と思うグレ。

理不尽な先輩と仕事をするため、感情を消すソンニュルなのかも。

「試練は自分で耐えるしかない・・」
必死で耐えるソンニュルを、心の中で励ますグレ。

ヨンイのアイディアがベスト、と認められるが・・女性を快く思っていないマ部長は苛立つ。
「辞退しろ」と、ヨンイに命じるマ部長。

感想

ソンニュルが心配ですね。
ソン代理のパワハラを気にしないよう、感情を消してるのだと思います。

また、ソンニュルのアイディアを奪ってるみたいだし。
自殺でもしなければ良いのだけど。
正社員でも負担が大きすぎると思います。

ヨンイも辛い。
他の上司とはなんとか、仕事が出来るようになったけれど。
マ部長だけは別です!
ヨンイを潰しても、自分だけが残れば良いと思う人みたい。

グレの周囲は良い人たちが多い。
仕事をするには最高なんですが・・正社員でないため、残りは1年もありません。

企画案が承認されても、グレに任せてくれる?会社は、辞める人にはやらせないと思います。

オ次長はグレを心配して、高卒でも正社員になった事はないか?と、確認していました。




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
2016年07月03日 | Trackback(0) | 未生 ミセン

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌