「妻の誘惑」105、107話あらすじ

ニノの父親は誰?ガンジェなのかと思ったけどたぶん、あの様子だとギョビンの子だと思います。ハヌルがかわいそうでした。ミイン、ひどいわ。

BS朝日 全130話 
ク・ウンジェ   (チャン・ソヒ)
チョン・ギョビン (ピョン・ウミン)
シン・エリ    (キム・ソヒョン)
ミン・ゴヌ    (イ・ジェファン)


105話

ハヌルを施設に置き去りにするミイン。40年も一緒にいて涙流す。
それでも、捨てるって・・(>_<;)

ガンジェはウンジェに、「ニノは俺の子だ。引き取って育てる」と、いいだす。
「利用されてるのよ!ウソよ。」と、ウンジェの意見も無視。

ウンジェはエリに「脅迫して罪を逃れる気ね!子供をダシにするの?もし、ニノの父親が兄ならなぜ、ギョビンさんの家で暮らすの?」と、文句を言いに来る。
「あんたには関係ないわ!」と、言い返すエリ。

「天罰は怖くない。怖いのはニノと離れることよ。私の親のように、無責任に死んだりしないわ。」と、興奮するエリ。

ハヌルが行方不明、大騒ぎのチョン家族。とぼけるミインは、施設に電話。
「生活が苦しいの。預かって。迎えに行くまで・・」と、これを聞くエリは笑う。
夫の裏切り、ピョルニムのことで激怒の妻なのだわ。でも、叔母を捨てるなんてひどいわ。

ソヒはミジャに「会社のお金、10億ウォンを返して!」と、言ってくる。不安のミジャ。

ハヌルが見つからず、必死に探すチョン会長(元・会長)は、泣いて「ピョルニム・・」と、つぶやく。これを聞いたウンジェは「叔母さんがピョルニム?」と、驚く。

「ソヒのためにピョルニムを忘れるわ。もう、恨みははらした。安らかに眠って・・」と、ミン会長(ミン女史)

スビンの目を心配するウンジェは「あの時、スビンさんは、エリのコートのボタンを持っていたのよ。罪のない人を憎まない。わたしを信じて。スビンさんを恨んでいないわ。」と、いう。これを思い出すスビン。

エリに「あの時、犯人は香水をつけてた」と、警察にいうとカマをかける。慌てるエリ。

ウンジェはゴヌと一緒に、ミン会長に「おかあさんの長女、ピョルニムは生きてるわ。ハヌル叔母さんよ・・」と、驚く会長。

106話

「叔母さんは、重い熱病で知的障害になったのよ。」と、言葉に驚愕のミン会長。
チョン・ハジョ(元・チョン会長)を責め
「ハヌルがピョルニムだ。君の生んだ子だ」と、認める。

生きてるのに行方不明・・と、嘆き怒るミン会長。
「家族には内緒にしてくれ・・」と、ハジョを怒る。
そうよね、妻にもう、隠す必要はないじゃない。それにさすがにここのミン会長の涙にはちょっと、うるうる(T_T)

ハヌルは施設で「早く迎えにきて。家に帰りたい。」と、泣いている。ミインは、ぬいぐるみと、服を施設に持って来る。
「なぜ、義姉さんは迎えにきてくれないの?」と、ミインが連れてきたのを知ってるから?バレたら大変だわ。

スビンは書類、土地契約書「買受人 シン・エリ」と、見つけて驚く。目が見えないふり・・のスビン。香水を捨てたエリを怪しむ。

ハヌルの服を届けたミインは「40年の情を捨てられない」と、エリに。秘密は共有なので「同じ船に乗った仲間」と、言い合う。

ウンジェはガンジェに、ハヌルはチョン・ハジョと、ミン会長の娘と、事実を説明する。見つかれば、娘を奪いあうだろう・・と、予想。

エリは突然、ニノを連れてウンジェ家族に紹介する。
「本物のお父さん、おばあちゃんたちよ・・」これに「違う!偽物だ!」と、泣き出すニノ。

エリを信じるとガンジェに、ウンジェは「お義父さんは、親子鑑定して孫と、認めたのよ。どうしてそんなにマヌケなの!」って(笑)
騙されてる兄!って言いたいのだわ。誰の子なのかしら。

施設を探すと、ギョビンに焦るミイン。必死でハヌルを探す。

「チョン・ハヌルで、子供の時の名前はピョルニムです。」と、電話するウンジェを見るソヒは「なぜ、探す?ピョルニムは母の子・・母に取り入る気?」と、怒る。
これをエリに話すソヒ。愕然として・・これを利用するつもり。

ウンジェはミン会長に、ハヌルを連れ去ったのはミインという。チョン・ハジョの妻ね!と、激怒。
「あなたの娘、ピョルニムを見つけます」と、エリが来る。

107話

エリは「ピョルニムは叔母さまね」と、施設にいるが教えない・・生活が苦しいと、10億ウォンを口座に振り込めという。
お金は惜しくないと、ミン会長でしょうね。40年ぶりだし。ウンジェには内緒というのが条件。

眠るミインの携帯から、ハヌルの施設がわかるエリは喜ぶ。ミン・ヒョンジュから、入金を確認、ハヌルのいる施設を教える。

慌ててゴヌと、施設に向かうミン会長。「娘が奪われる」と、追いかけるチョン・ハジョ。

ミジャは、ギョビンの前、ニノの父親のことを話し始め?慌てるエリ。
父親を聞くも、答えないエリは「ニノはシン・エリの子よ!」と、父親をいわない。
ガンジェの子供ではなさそうな。死んでも「ク家」には入れないといったから。

ミン会長、ゴヌ、ウンジェと3人で施設に向かう。ウンジェには「人を使い、居場所が分かった」と、ウソ。

ハヌル、かわいそう。家に帰りたいと、自分でハサミを使用、手を切る。血が出たので病院へ行く・・そこへ施設に到着したミン会長たちが・・
ハヌルはもう、病院にいない。

病院から逃げ出すハヌル。そこへ・・・ミン会長たちが病院に着くがいない。すれ違いが続く。
施設の人から事情を聞く。
「家に帰りたくて自分で怪我をした。」と、驚くウンジェはミインが、捨てたとわかる。
数回、電話だけでぬいぐるみと服。無責任と言葉に驚くミン会長たち。

スビンは目が見えないふり・・エリを騙し、持っていた登記権利書(ミインの土地)をみつけ、ウンジェに連絡する。
「これで私を傷つけた犯人を捕まえて!」と、スビンはウンジェにわたす。

「シン・エリ、ミン・ソヒ。権利書を手に入れたわ。2人を懲らしめてやる。」と、ウンジェ。

続く・・・

やっと、ウンジェに運がまわってきた感じ。ハヌルはチョンジ建設まで、タクシーで戻りました。きっと、すぐに家族に会えるでしょう。
問題はその後、ハヌルの奪い合いになるミン会長と、チョン・ハジョでしょうね。
そして施設に置き去りにした妻を怒る夫でしょう。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年02月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | 妻の誘惑
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌