「アテナ 戦争の女神」最終回(20話)あらすじ

雪の中、銃撃戦も激しいラスト!「アイリス」のスピンオフドラマといわれた作品です。ソン・ヒョクと最後の対決です!ヨーロッパ、日本、ハワイなど総6ヶ国にかけた海外ロケも。BoAもゲスト出演でしたね。

アテナ20

Athens Goddess of War
出演
チョン・ウソン、チャ・スンウォン、スエ、イ・ジア、チェ・シウォン、チャンミン



最終回(20話)

キム・ジュノ

ミサイルを止めようと、ヒョクの邪魔をするジェヒは撃たれて息を引き取る。
ミサイルを手動で、発射させるべき動くソン・ヒョク。
「ヌナ、目を開けて・・」と、ジュノに(/_;)

「慶州タワー砲撃確認の要請です!」と、室長。芸術の殿堂、NTSと銃撃戦のアテナ。

手動発射準備のアテナ要員を殺すジョンウは「終わった。お前は俺の手で殺すと・・待ってろ。」と、ヒョクに告げる。

NTSはミサイルの回収に成功、安堵のクォン局長。逃走するソン・ヒョク。

イ・ジョンウ

ジェヒの死亡をクォン局長に告げる。

NTS
残りのミサイルを確認指示するクォン局長。
「最初から、ミサイルはなかったのだと思います。ソン・ヒョクは我々の捜査力を、ミサイル発見に分散させ、原子力発電所を狙ったんです。」と、ジョンウ。

ソン・ヒョク国外逃走の恐れもあるので、準備してると室長。
「ソン・ヒョクはこのまま諦めないと思います。」と、ジョンウ。
「アテナまでソン・ヒョクに背を向けた状況で、新しい計画をたてるのは不可能では?」と、ジュノ。
「ジョンウの言う通り、あいつは諦めない。何があっても、ソン・ヒョクを捕まえて殺さねばならない。」と、クォン局長。

「彼は暴走する自分を・・止めてくれるのを願っているのかも。それを止められる人間は私しかいないわ。」と、ヘイン。

母といるオ・スッキョンが突然、アテナに包囲される。緊急警報をNTSに通報。
家族を人質にされ、「NTSのサーバーに接続、NTS建物外壁の保安センサーを消せ!」と、脅されるオ室長。
「外部センサーを消しても、保安ゲートは通過出来ないわ。」と、オ室長。
出来ないと拒否すると、妹のミギョンの足を撃つアテナ。慌ててやるとオ室長。
まさか・・脅すだけかと思ったら、いきなり撃つとは(>_<;)

NTS

ソン・ヒョク

保安センサーが消え、内部に侵入するソン・ヒョクたち。

ジュノとテヒョンが現場を調査「オ室長は拉致去れた可能性が高いです。」と、報告を受けるクォン局長。

脅され、NTSの閉鎖作業をするオ室長。
これでもう、現場に向かったジョンウは入れない?

「EMP弾(電磁気パルス弾)を準備しろ。」と、ソン・ヒョク。
爆発、NTS内部の電気がすべて消え、システム停止。

チェ・テヒョン

監禁されているオ室長を救出するジュノ、テヒョン。
ここでアクションのシウォンくん、チャンミンがステキ♪

「SRTから処理しろ。」と、ソン・ヒョク。暗闇の中、次々、撃たれる要員たち。
「1人残らず、殺せ!」と、ヒョク。

身元不明の武装暴漢が侵入、内部で交戦、EMP攻撃されたNTSと知るクォン局長も銃を持つ。
セーフティルームへ移動中、撃たれていくNTS要員たち。
カン室長に仲間の保護を頼み、セーフティルームの鍵を打ち壊すクォン局長。これでヒョクたちは、セーフティルーム内のメンバーを攻撃不可能となる。

爆弾を見つけるジョンウと、撃ち合うソン・ヒョク。
「なぜ、罪のない人々を殺し、こんな狂ったマネをする?」と、ジョンウ。
「だが哀しいのは・・いくら多くの人間を殺しても・・私のすべてを失わせた奴を殺せなかったということだ。それはまさにお前で・・お前の命が一つしかないのがとても惜しい。最高の方法で苦痛を与えたかった・・」と、ヒョク。

自分に銃を向けるヒョクに「お前はすでに失敗した・・逃げる場所も隠れる場所もない。」と、ジョンウ。
「地獄で会おう。その時は、お前を何度でも殺せるからな・・」
「止まって・・」と、来るヘイン。
「いや・・止まるにはあまりに遠くへ来すぎた・・」と、ヒョクを撃つヘイン。

自殺しようと、ヘインを止めるヒョク。
「ヘイン・・こうするはずではなかった・・君を祝福してやりたかった・・私は大丈夫だ・・どうせ、君のために動いてた心臓だから・・」
「ごめんなさい・・この世界には・・お兄さんと私がいられる場所はないわ・・」と、ヘイン。

NTS
人命被害も多く、悲しむ要員たち。システム復旧には、1週間ほどかかる。

ヘインの救急車に付きそうギスは、ジョンウを理解できるから、支えるという。

ジョンウに自分たちは、正義を守る日陰の仕事と話すクォン局長。

ギスから、ヘインは無事にどこかへ行ったと聞くジョンウ。ヘインから頼まれたものは、雀荘のミングに預けたという。

キム・ミンジョン

「俺はもう、行くさ・・」と、街の中に消えるキム・ギス。

ヘインからのテープを聞くジョンウ。
「ジョンウさんに会ってから・・私は絶えず、耐えがたい選択をしなければならなかった・・どこへ行きべきなのかもわからないの・・残りの時間をどう、生きるべきかもわからない。
でも、生きるのが死ぬことよりも・・辛い時間になっても、私のせいで傷つき、苦痛を受けた人々に負った罪を、返しながら生きなければならない・・ごめんなさい・・そしてありがとう・・」と、ヘイン。

ジョンウ先輩

ジェヒのお墓参りにくるジョンウ、ジュノも
「ここに来れば、先輩に会えると思ってました。もう、本当に戻るつもりはないのですか?」と、聞く。
「・・NTSはどうだ?」と、ジョンウ。
「新型原子炉も問題なく動いて、前のように退屈な場所になりました。良かったですよ・・」と、ジュノ。

ニュージーランド

at_20_8.jpg

ヘインと再会するジョンウ。
9才の時、両親と旅行したのが幸せな想い出・・と、ヘインの言葉を思い出し、ここに来たジョンウなのね。

「ヘインさん・・」と、ジョンウに初めて会った時、助けてくれたことを思い出すヘイン。

at_20_9.jpg

「愛は2人の真心さえあればいいんじゃないかしら・・また、愛することになる縁なら、そうなるだろうし・・」
笑顔で近づく2人。

------------完-----------

ついに!終わりました・゚・(ノ∀`)・゚・。
途中、ソン・ヒョクの死でどうなるかと心配なラストでした。でも、2人の再会と笑顔で終わってくれたので安心ですね。
哀しい、悲惨なラストシーンはイヤだったから。
ジェヒは亡くなってしまい、好きだったのでショックでした。アレコレと、ヘインが死んじゃう?と、勝手に予想もしてて^_^;

ジョンウは、NTSをやめてヘインに会いに行ったんですね。それを戻って来ないのかと、聞いたジュノです。
あのお墓、あれは要員たちのためのNTS内にあると記憶です。前半、クォン局長がそんなことを言ってました。
要員という存在すら、隠してる・・と。

銃撃戦、アクションもステキ♪ 寒そうな撮影でしたよね。あれじゃ、ケガする人もいて納得です。女優のアクションが格好良いと好きでした。

面白かったです!皆さん、どうでしたか??今、思うと前半はこのドラマ、プロローグ的な感じもします。
NTSの特殊要員という、ジョンウたちのイタリアでのミッション、ブラック要員ヘインとあり?ソン・ヒョクというアテナの存在を少しずつ、魅せていくストーリーという感じです。

アクションとテロという危険の中、恋愛要素は少なかったですね。その分、この最後で2人の関係の完結も感じます。

ただ!このドラマはパート2があるのでしょうか?^^;
でないと、夫と子供を殺されたキム・ソンファの復讐は?ギスはどこへ行く?と、すごーーーく気になります。ギス役の俳優さんも格好良かったです。
パク中将はあれからどうなった?と、北の動きも。その辺り、まだニュース記事でも読んでませんけど、パート2を期待して待ってます♪
「アイリス」これで見る気になりました。

最後まで視聴に協力してくれた○さん、いつもながら本当に感謝しています。おかげさまでレビューを書く事が出来ました。
そしてこの拙い文を読んで下さった皆さん、どうもありがとうございました。
また、次の作品を書くのでどうぞ、よろしくお願いします^^♪

DVD



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年02月26日 | Trackback(0) | アテナ 戦争の女神

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌