「個人の趣向」8話あらすじ

ゲストでユン・ウネちゃんの登場?ミンホくんの元恋人役です。雰囲気からも、すごく愛し合ってたジノとウンスに見えました。でも、留学で別れた2人かな。引き留めなかったジノみたいですね。

Personaltop


8話

チァンリョルに「チェ館長を利用したんだろう?」と、言われるジノは後ろにチェ館長がいるのを見て「俺はゲイだ。」と、言ってしまう。
これでチァンリョルは、ゲインにタン美術館のプロジェクトを手にするために、チェ館長を利用した汚いやつという。
これをかばい、チァンリョルを叩くゲイン。

「なんで君があいつの味方する?」と、チァンリョルにゲインは
「あなたは愛をおもちゃにするけど、ジノさんは違う。私にはわかる。」と。

チァンリョルはイニにチェ館長がゲイだったと、知らなかったのかと聞く。驚くイニは、「ジノとチェ館長が?」と、思う。

車を運転するジノは、ゲインの言葉を思い出す。
「事故を起こすといけないから、深呼吸して車をとめて。」と。

ジノ父の法事(チェサ)で来る母とヘミ、サンジュン。
ヘミはサンジュンが「ジノを好き?」と、思った?

ゲインはヨンソンに、チァンリョルを叩いてしまったことを告げ、驚くヨンソンは何故かと聞く。知らぬ間に手が出てしまったとゲインは、男女の友情だという。
でも、ヨンソンは「それだけじゃないでしょう?」と。
焦るゲインは否定する。

飲み屋
サンジュンと飲むジノは、もう美術館のプロジェクトを諦めようといいだす。
参加資格ないのだから、がっくりしてるジノ。

家に戻るジノはゲインにいわれる。
なんで、あそこまでチァンリョルに言ったのかと。

これにジノは、「チェ館長の姿が見えて・・その目が悲しそうで「違う」とは言えなかった。」と説明する。
確かにとても、悲しそうなチェ館長でした^^;

でも、「もしかすると、それだけなのか?本当はプロジェクトを手にしたいから、欲があったんじゃ? 野心じゃないのか? チァンリョルに勝ちたい自分がいたんじゃ?」と、いうジノ。

これにゲインは「ジノさんはそんな人じゃありません。」って。
「なんでそんな味方してくれるんですか?」
「だってチングでしょ? チングなら無条件にそばにいます。」と、ゲイン。
「じつは・・僕は・・」と、ジノにゲインは立ち上がったのでまたも、言えないジノ。

ゲイン作業部屋
ジノは手伝うと言ってくる。
ゲインは「私と一緒に仕事しますか?」
「いや、僕はこれから大きな仕事をしなきゃならない。」と、ジノ。売れない家具を作るゲイン・・と、バカにしてるジノ?と、思うゲイン。
同情はいやだとゲインは、仕事にはプライドを持ってる。チェーンソーを持ち出すゲインにびびるジノ(笑)

口紅を塗ったゲインはジノに「私、どこか違ってみえますせか?」と。
これをスルーするジノは、いつも同じという。
バスから手をふるゲインは笑顔いっぱい、ジノも笑みがこぼれる(*^^*)

チァンリョルはゲインにまた、やり直そうといいだす。
自分を叩いた、変わったというゲインをまた、「知りたい」とチァンリョル。ゲインはもう、簡単じゃないと拒否。怒りたければ怒って、ゲインが前に我慢してたように、今度は自分が我慢するとチァンリョル。

ジノ事務所
サンジュンは、美術館のサイトで公募資格が元に戻ったことを喜ぶ。
驚くジノ。きっと、反対の意見が多く妥協したのだろうと予想、これを何かあると考えるジノ。
チェ館長が、自分の職をかけてクビ覚悟で意見してくれたのを知ってるからね。

これを知り、怒るハン会長。チェ館長の父は結局、息子の意見を受け入れた。
裏工作を考えるハン会長。
チァンリョルは、探偵?を使い、ジノを調べさせる。

カフェ
ヨンソンから、ジノが「ゲイ」と、告白したことを聞き驚くサンジュン。
チェ館長が「ジノを好き♪」と、言葉にびっくり(笑)

サンジュンも、テフンといい関係じゃないかといわれてしまう。

サンジュンはジノに、カミングアウトしたことをいう。
「なんで知ってる?」と、ジノに「ヨンソンオンニから聞いた!」と、サンジュン。

美術館に行くとジノに「チェ館長とデートなのか?」と、サンジュン(笑)
ジノを引きとめ、「とにかくプロジェクトをゲットしよう。」とサンジュンは、あとで謝ればいいという。

想い

ジノはチェ館長に会い、「すみません。」と、あやまりチャンスをくれたことを感謝する。自分に好感をもってくれたこともいうジノは
「ただ、私はチェ館長と同じ気持ちになれません。」と、いう。
これに大ショックのチェ館長^^;^^;^^;

人の感情を利用して仕事をとるようなことは・・とジノは自問自答。
でも、チェ館長は仕事に私情をいれないという。また、釣りに行こうと誘う。

イニと会うジノはチャンスが出来た・・と、食事する。
チェ館長の下で働くイニは・・ゲイ!と、知ってびっくり。自分はカンがよいと、遠回しにジノに、ゲインがチァンリョルを叩いた理由をきく。
「なぜ、サンゴジェに入ったの?」と、イニ。

ハン会長は突然、ゲインの家に来て息子・チァンリョルのかわり・・と、謝罪。
「パク教授の娘さんに失礼なことをした。」という。

息子を悪くいって、自分も父として恥ずかしいと。最初から、パク教授の娘と知ってたら、無礼なことはしなかった・・と、息子チァンリョルを信じてやり直してほしいという。
驚くゲイン。

ヨンソンが来てホームページに乗せたゲインの家具が売れたという。
買ったのはなんと、チァンリョルだった。呆れるゲイン。
親子でゲインにゴマすり状態ですね^_^;

作業部屋で手をケガするゲイン・・それを見たジノは変なクセだという。
怒ると自分を傷つけるゲインと。

チァンリョルと会うゲインは、「なぜ、イスを買ったの?」と、聞く。
売れないイスなのに全部買うチァンリョルは、ゲインのものを大切にしたいという。
「本気でやり直すつもり?」と、ゲイン。

逆立ちして精神統一するゲイン、今度は走り出す。
ハン会長からは、父の名前をいわれ、チァンリョルからはやり直そうといわれ、混乱と怒りのゲイン。
ジノは「なぜ、狂ったように走るのですか?」と。
「私、復讐します。」と、ゲイン。

復讐したいとゲインは、ジノに助けて欲しいという。
ジノはゲインには出来ないと、「ウリオモニと似ている。」と、母も復讐など人を傷つけることができない。そんな母ににているゲインという。
だから、手伝ってとすがるゲインは「パク・ゲインは、ベストフレンドのチョン・ジノを教師としてチァンリョルに復讐します。」と、宣言。

結局、手伝うジノなのね?んまっ!(@@;)

映画にいく2人・・ゲインはジノにあわせて好きな映画を選ぼうとしない。
これを指摘され、ロマンチックコメディを見るとゲイン。
男にあわすのは良くないとジノは、女も主張が大事という。

映画館の前
後輩ウンスと出会うジノ、ゲイン。
「先輩、久しぶりです。元気だった?誰・・?」と、ウンス(ユン・ウネ)
「パク・ゲインさんです。」と、ジノ。
ウンスとの会話で大学の先輩、後輩と知るゲイン。ウンスは医者みたいね。
ジノは大学のときも「そうだったの?」みたいに聞くゲイン。

ユンウネ

気遣いするゲイン、「ウンスとジノは付き合ってた?」と、感じる。
先に帰るウンスを送るジノを見るゲイン。

ウンスが留学前、引き留めなかったジノに「後悔していない?」と、聞くも謝るジノ。
「やっぱり、だから好きだった。」と、ウンスは10年後にまた、会おうという。

2人の様子をみてゲインは、良い関係だったと感じる。
恋愛してた2人・・ウンスを人として魅力があるとジノ。ジノは
「同志愛」を感じるという。
それを聞いてゲインも「私もそんな、同志愛を感じられる人になりたい。」と、いう。


ジノは突然、「好きです。あなたのおかげで笑顔になれる。」と、プロポーズされたければ、こういう場所に来ると良いという。驚くゲイン。

ジノはウンスのことを思い出す・・
「ウリ、チングをやめないか?」と、ウンスにいうジノ。2人、抱き合う。

すごくウンスのこと、好きだったジノなのね?
ジノの背中に文字を書くゲイン。「今度、生まれ変わったら、女性を愛する男生として生まれてきて。」と、ゲイン。

翌日
ジノはゲインに、ユーモアがある女性は魅力あるという。
笑いでなくユーモア、センスとジノ。いつものドタバタなゲインではないと。
ジノと、チァンリョルと電話で話ながら?木材のある作業場にいるゲインは、突然、材木が倒れてきて下敷きになってしまう。

会話中のジノは驚き駆けつける。
チァンリョルも病院に・・ゲインを連れ出すジノ?と、思ったら夢だった。
ゲインのケガは軽くて帰るジノ
「復讐できるよう、練習させたのに・・邪魔する気なのか?」と、思う。

続く・・・

ゲインはもう、完全にジノを意識してますね。ヨンソンに突っ込まれた時、ものすごく動揺してました。それを自覚してるとゲインでしょう。
だから、「同志愛」と、言葉を言ったのかと。
背中に書いた文字、これもある意味ゲインの告白ですね。

チェ館長が可笑しかったで?す^_^;
だってジノへの告白を断られた形、あのショックを受けた顔のチェ館長(笑)
あれも、「切ない」表情、愛なんですよね。
ハン会長も、教授の名前をだしてまた、ゲインに近づくあたりはうんざりなゲインでしょう。
チァンリョル、これもしつこいと思うけど、ジノのおかげで変わったゲインを、好きになってる気もします(^^ゞ




↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2010年07月14日 | Trackback(0) | 個人の趣向

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌