嬉しいことがありました。

鍵拍手ですごく温かい気持ちになれるコメントがあって・・嬉しかったのでちょっと、記録としても残して置きます。

内容は、こんな時なのに韓ドラのレビューを書いてる私に
「いつかきっと、癒しになると・・」と、言葉でした。阪神淡路の被災者の方からです。○さん、どうもありがとうございます。

今、被災されてる皆さんはTVを見るのはもちろん、ノンキに韓国ドラマを視聴出来る状況じゃないと思います。
TVだけじゃない・・家も壊れてるかもしれない。すべてをうしなってる人も少なくないと思います。

そんな時、私に出来ることはやはり、義援金、節電くらいでしょうか。そして被災してない私たちが消費、お金を落とすことで日本の経済を支え、復興に役立ててもらうこと。

先が見えないことだけれど、大切な日本の経済がダメになったら復興にも時間がかかります。もちろん、物資を運ぶことにも。
道路を直し、仮設住宅を造ることにもお金は必要だと思います。
それには日本の経済がもっと、潤うように今、消費という形でお金を使うことも大事だと思っています。

本宅ブログにも、今回の地震のことは書いたのですけれど。
そこに書いたセルジオ越後さんのコラムを読むと、何をするべきなのか、見えてくる気がします。
見てない方のためにも、ここに書きますね。

↓コラムで心に響く言葉があったのでブログにもUPさせてもらいます。(ツイッターでリツイしてます)
-------------
今、日本に何が必要か。被災地への義援金、節電、物資の救援。やらなければならないことは山ほどある。一方で、この国の経済活動をきちんと回すこともしなければならない。

経済活動、つまり血の流れを止めてしまうと、本当に日本が沈没してしまうかもしれない。だから、元気な人は、行動するべきだ。それぞれの立場で、どんどん働くべきだ。停電で3時間しか働けないなら、3時間だけでも働けばいいじゃないか。働けない人たちの分まで仕事を増やすのだ。
使えない人の分までお金を使うのだ。いっぱい仕事をして、いっぱいお金を生んで、飲みに行って、お金を落として、税金を納めて、どんどん経済を回すべきだと思う。

自粛とは、休むことと同意だよ。元気な人が休んだところで、被災者にとって何の役にも立たない。ニュースを見て心を痛めるのは理解できる。でも、ニュースを見て心を痛めることが復興につながるのかな。
残念ながら、君がいくら涙を流したところで被災者は救えない。社会活動に貢献することこそが、被災地を助けることになるのだと思う。
-----------------
「自粛とは、休むことと同意だよ。」と、セルジオ越後さんのコラムで大きな元気をもらいました。(文字をクリッで全文、読めます)ぜひ、皆さんにも読んで欲しいです。一部、抜粋させて頂きました。

偉そうに書いてますけれど、私も正直、ニュースをずっと見ていると不安になります。動悸で心臓もばくばく・・だから、辛いニュースを見ないよう、(現実を受け止めることも必要ですが)ドラマ視聴、レビューで自分の精神を安定させています。
メンタルの持病があるので・・安定剤も服用してます。

地震への思いはここ書きました。(本宅ブログ・韓ドラの奇跡)

追記 3/29
昨日、別ブログ・「ドラマメモ -あらすじにゃむ」で書いていた日本のドラマレビューにまた、嬉しいコメントがありました。
「冬のサクラ」「美しい隣人」もずっと、書いてたのですけど。自粛せず、最終回まで書きました。

そしたらコメントで
「震災後、避難所にいます。毎週、見ていたので、気になる最終回あらすじを知ることができました・・今も避難所で生活しています・・」
文章は違いますけれど、こんな意味です。

普通に生活すること、元気な人は元気に生活をして、自分に出来ることで、少しでも被災された方たちの楽しみ、癒しになってくれたら嬉しいです。元気のパワーも送りたいです。

被災していない私に出来ること、それを続けて行きたいと思います。元気な皆さんで、日本を元気にしましょう。
このブログでも、レビューを続けます。皆さんも、出来ることから始めましょう。

そろそろ、「ドリームハイ」も始めます。
拙い私の文で、元気になってくれる人がいることを願っています。
これからも、どうぞよろしくお願いします。


↓応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年03月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 雑記
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌