「トキメキ☆成均館スキャンダル」3話あらすじ

暴れ馬のコロ登場です~面白いですね。真面目人間のソンジュンはユチョンにピッタリのイメージ。ハ・インスのまわりのキャラも楽しい。ヨンハ好きです~^^♪

サヒョン

出演
ユチョン、パク・ミニョン、ソン・ジュンギ、ユ・アイン、キム・ガプス、ソ・ヒョリム~


3話

インスは上級生として、新入生に課題を出す。
この課題をクリアすれば褒美、失敗すれば上着を脱がし、川に落とす罰を与えるという。
上着を?と、慌てるユニは必死。一瞬、成均館から追い出された方がいいかも・・と、思うけどキム・ユンシクの名前を汚す・・と、思い直し頑張る。

ユニの課題は、キーセン・チョソンの下着をゲットすること!このチョソンは、キーセンの中でも1番人気のもよう。プライドも高い。
ヨンハは、女のような雰囲気のユニを試してるのね。

チョソンはイヤだけど、インス父の兵曹判書・ハ・ウギュの相手をしてる最中。上着を脱がされ、困っているのを見るユニ。
機転を利かし、大先輩のインスの指示だから連れて行くと、チョソンを逃がしてくれる。
あとからこれが「チョソン」と、知るユニ。

すごく賢いユニなの。兵曹判書を父にしてるハ・インスの命令!だから、キーセンを連れて行く・・と、言われたら文句言えない父・兵曹判書なんだわ。
自分の「父親が兵曹判書・ハ・ウギュ!」と、やりたい放題のインスとユニ。
ウギュは、ユニの顔を見て「どっかで見た顔・・」と、考える。

チョソンは、ユニの新入生歓迎のミッションを知っていた。遠慮するユニに、自ら下着をくれるチョソン。
ここで友情のようなものを感じるのかな。まさか、女とは思わないだろうけど、自分に対して律儀な態度を感じるから。

男が文を町中にビラまき、官軍が追うも捕まらず。覆面をしてたけどあれは?(金縢之詞(クムドゥンジサ)かな?)
左議政、兵曹判書は、王様が動く前に紅壁書(ホンビョクソ)を捜せと指示。

チョソンの下着を持って来たので、ユニのミッションはクリア!最優秀賞をもらう。
ソンジュンは、インス妹のハ・ヒョウン(兵曹判書の家)に会いに行くけど、ミッションをクリア出来ず戻る。

だから、罰として川に飛び込むはめに・・これを褒美の願いとして助けて欲しいとユニ。
インスは権力あるのね。官職を与えることも可能。それを断ってまでソンジュンを助けたいという意見に驚く。

これを驚き笑うヨンハ。予想つかないユニの行動を面白がって、楽しんでいるの。

借りは返す・・と、ユニに自分も返すとソンジュン。

ヨンハは「成均館は身分、財力、プライドも関係ない。」と、規則を守り、親が権力を持っていても関係ないと、ソンジュンにいう。
ソンジュンの親は、誰もが認める左議政。
でも、そんなヨンハも財力はありそう。

成均館には党派で部屋割りが決まってるのね。で、老論派、少論派と、部屋が違う。それなのにソンジュンはユニ(キム・ユンシク)と、同じ部屋にいる。
この辺りがよくわからないわ~(*_*;
これを理由に、王様に認められたソンジュンを追い出そうと、インスたち。

ヨンハは、自分たちには強い仲間がいると、ムン・ジェシン(コロ)がソンジュンを追い出すと考える。みんなで賭け、コロが来た夜に逃げ出すか~明日の朝まで持つか。

ソンジュン、ユニにも無礼な態度のコロ。
挨拶するソンジュンだけど、老論派と知り隣に寝たくないとコロ。
顔を見て、自分を助けてくれた人・・と、ユニは慌てるけど、気がつかない。

ソンジュンを歓迎会の罰から擁護したユニは、インスに目をつけられ脅される。誰につけば安全か、よく考えろ!って感じ。自分に服従すれば許す・・という考え。
ソンジュンを目の敵にしている。これは父親が左議政と、理由なのかなあ。
左議政のイ・ジョムスと、インス父の兵曹判書・ハ・ウギュは同じ老論派なのだけど


借りを返すと約束はまだ、有効か?と、ユニはソンジュンに部屋を移動して欲しいという。

続く・・・

ソンジュンは本当に真面目、頑固ですね。だから、ルームメイトになったユニにも、着替えず寝ることを指摘したり、すべてに規則通りの堅物というタイプ。

インスは、すべての生徒が自分に服従しないと気に入らない様子。これは父親が、兵曹判書・ハ・ウギュというのを利用、偉そうにしてるだけなのか~実力もあるのか、まだちょっと、わかりません^_^;
どれだけ偉いインスなの?って感じです。

ヨンハは可愛い♪かなり好き(笑)
後半で登場、人気のコロですね。暴れ馬と呼ばれてるらしい。
このコロがユニを好きになる~と、展開は面白そうで期待してます♪
いつかはきっと、ソンジュンにもバレて~好きになって行くのでしょうね。ソレが楽しみです(#^.^#)

40ページ以上の大特集



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌