ドリームハイ 10話あらすじ

名古屋ロケ地はセントレア、徳川園のようです。テギョンのダンスがカッコイイ♪ サムドンが可愛いのに辛い展開です。

ドリハイ

ペ・スジ、オク・テギョン、キム・スヒョン、ハム・ウンジョン、チャン・ウヨン、アイユ、ペ・ヨンジュン、J.Y. Park、


10話

日本の名古屋に修学旅行へ行くキリン芸能高校。
オヒョクと一緒に到着するヘミ、サムドン。ピルスクは、A型肝炎で入院、来れない。

空港(名古屋セントレア)
怪しい黒い車に迎えられ、約束した結婚式の余興に向かう。
「映画でみたヤクザみたいだ。本物だ。」と、驚くサムドンたち。

結婚式(名古屋・徳川園)
用意した譜面と違うの渡してしまい、即興なのか、歌うサムドンと、ヘミ。
でも、結婚式なのに哀しい歌を歌ってしまい、「韓国語がわかる?」と、慌てて逃げ出すサムドン、ヘミたち。

オヒョクは2人を逃がす。
逃げる2人の荷物は、オヒョクが持っていた。

高架下に来るサムドンとヘミは、お腹が空いてしまい、お金も持っていない。歌うグループを見て
「俺たちも稼ごう」と、サムドンに歌う2人。すぐに人が集まり、沢山の人たちが来る。
ダンスグループも来てダンス対決のようになってしまう。

オヒョクはホテルに行き、事情を説明、ヘミたちが迷子と知らせる。探しに行くグク、ジェイソンたち。

(名古屋高速の高架下、若者の街・大須辺り)
ダンス対決、ジェイソンたちも加わり、キリン芸能高校と日本のグループ対決となり、勝つキリン芸能高校。

ここのシーンは迫力あってステキです。相手で踊ってたのはたぶん、韓国のメンバーだと想いますね。観客は日本人かな。
日本の俳優さんも出演してるようです。


勝った瞬間、ベクヒとハイタッチするヘミ。
夜、ホテルの部屋は一緒のヘミとベクヒ。お腹が空いてるヘミにお菓子を知らんフリ・・あげるベクヒ。

ピルスクを探すジェイソンに、サムドンは「肝炎で来ていない」と、いう。心配して
「肝炎?A、Bか、C、どれだ?」と、聞くジェイソン。

ヘミはピルスクと、電話で話して退院すると知り、ジェイソンには
「B型だって。入院も長くなるらしい」と、ウソをつく。
心配するジェイソンをからかうヘミ^_^;

グループKの撮影を見学する生徒たち。その中には昨日、ダンス対決の時、歌ってた男がいた。

尾行するサムドンは、男が「ドリーマー初公演」と、チラシを配ってるのを見て
「昨日、ダンスバトルしたけど気がつかなかった。頑張ってる姿もいい。」と、自分たちと似てると感じるサムドン。

同じ音楽を目指す者として、何かを感じたサムドンなの。

修学旅行最後の夜、グループKは夜、帰国予定。
「最後の日だから、ハメを外そう」と、遊びに行くサムドンたち。
オヒョクはギョンジンを誘う。

来たのは・・ドリーマー初公演のライブハウス。
サムドンを怪訝そうに見るも、笑顔のサムドンをステージ呼ぶ男はボーカル。
「一緒に歌おう」と、ヘミも呼ぶ。
このボーカル役は日本人の俳優さんでしょうね。

サムドンはヴァイオリニストに耳打ち。「Love High」のコード進行。
「まさか・・サムドンが即興でリフを作ったの?」と、驚くギョンジン、オヒョク。これはグループKの曲。
「私たちの曲だわ。行こう!」と、ステージにあがるメンバー。
テギョンのダンスがステキなの(#^.^#)

盛り上がるステージ。これを撮影する社長。
「ほれましたよ。音楽に・・言葉が通じなくても音楽で競いあい、わかり合い、喜び合ってる。」と、オヒョク。

ピルスクが肝炎!と、心配なジェイソンは撮影が終わり、韓国に戻る。病院へ直行、元気なピルスクから
「え?私はA型肝炎よ」と、いわれ呆れるジェイソン。
縄跳びをしてたので倒れてしまうピルスク。

サムドンは、ボーカルからバイトをしてると、観覧車のチケットをもらい喜ぶ。
「ヘミと行くよ。」と、サムドン。

録画したビデオのヘミが
「良い表情だ。ベクヒよりもいい。歌も上手い。帰国したら校長と相談をする・・メンバー交代?」と、社長の会話を聞いてしまうベクヒ。

ヘミと話がしたいグクは外へ追いかける。
女の子に写真を撮られ、気分が悪いヘミは怒る。
「写真、撮らないでよ!」と、ヘミ。

「僕を助けてくれ。やっと、巡り会った大切な人だ。誤解を解きたいのに話を聞いてくれない。彼女は人の目が気になって聞いてくれない。彼女が僕の話を聞いてくれるよう協力して・・」と、グク。
帰ってくれる女の子たち。

サムドンと、約束したのにヘミはグクと話をするから、放置のサムドンになるわ(´;ω;`)ブワッ

「一緒にデビューすると、約束したじゃない!」と、怒るヘミ。
「韓国にいられなくなる。父さんがアメリカに留学させようとしていた・・」と、事情を説明するグク。
父には、恥ずかしい過去だから、選挙のために留学させられそうだったと話す。

「空港から逃げ帰った日、デビューを決めた。自分の存在を世間に知らせるために・・消されないためにはそれしかなかった。」と、グク。
「こうすれば、バレないかな。」と、グクに自分の赤いマフラーを巻いてあげるヘミ。
(ロケ地、名古屋オアシス21)

オヒョクは、ギョンジンに今まで教育観が違う、嫌われてると想ってたけど、そうではないと感じて話す。
「うちの生徒たちを頼みます。入試クラスの3人も、シ先生が担当されます。・・・ヘミは生意気で気が強そうに見えますが、心はかよわい。サムドンはヘミに一途です。その純情が彼を輝かせる。作曲の才能もあり、大切に守ってやって・・
ピルスクはヘミと反対に強い子です。その強さを自覚していないだけで、それに気づけば大化けします。」と、オヒョク。

「いなくなる人みたいね・・」と、ギョンジン。
この修学旅行が終われば、辞表を出すオヒョクだから、生徒をギョンジンに託すのだわ。そんなギョンジンは、告白されると期待してたの。

ヘミは先に帰り、グクと一緒?と、想うサムドンはお店に入る。
「ガールフレンド?」と、聞かれるサムドン。
(ロケ地、名古屋ゴシレ)

病院
そばにいてくれるジェイソンに「なぜ、ここに?」と、ピルスク。
「歌が・・聞きたいから。お前の歌が好きなの知ってるだろう?
撮影が早く終わっただけだ。・・勘違いするな。」と、帰ってしまうジェイソン。

観覧車に乗るヘミ、グク。
「観覧車を見た時、絶対、乗りたいと想った。」と、グク。
「乗りたがっていたね。覚えてない?・・7年前も・・この前も。」と、ヘミ。

「子供のころ、1日だけ俺にも家族があった日がある。子供の日だった。父さんが来て母さんと一緒に遊園地に行った。人が多くて乗れたのは観覧車だけだった・・」と、話すグク。

「あの日がなければ簡単だった。父さんに利用されても、憎めばいいだけだから・・あの日がなければ・・」と、グクに涙を流すヘミ。
「あの日の記憶を消したくないのね?」

「あの日もそうだった・・なぜ、俺のために泣く・・?」
「・・自分でもわからないの・・」と、ヘミにキスするグク。

サムドンは店内から、窓の外にある観覧車の中、キスをしてる2人を目撃してしまう。
ショックのサムドン・・突然、耳に異常を感じて意識を失う。

続く・・・

アイゴーだわ(´;ω;`)ブワッ
何も、サムドンの前で見せることないのにこの演出(涙)
可哀想なサムドンだもの。失恋だけでも辛いのに、目の前で見てしまうとは。

グクは観覧車の想い出がなければ、父を憎めると想ってるの。
1日だけど、楽しい想い出があるから父を憎めない、捨てられないのだわ。

この回は名古屋ロケがありました。
サムドンのいたお店はヨンジュンssiのお店、ゴシレだそうです。ステキな夜景が見える場所ですね。

ダンスバトルもカッコイイ。
ライブハウスのシーンも印象に残ります。ヘミとベクヒが、ハイタッチして次第に仲直りも出来そう。
でも、メンバー交代?と、気になる話も。オヒョクがこれで学校を去ると、それも心配です。
マリアンさん、ロケ地情報、ありがとうございます^^♪

DATVの放送、続きは11話の録画をミスしてしまい、再放送待ちです^^;
最後まで書くのでしばし、待っててくださいね。
本宅ブログでは、台湾ドラマ「君には絶対恋してない!」も書いてます。
もの凄く面白いラブコメディです(^^/


メイキングブック


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年04月19日 | Comments(4) | Trackback(0) | ドリームハイ
コメント
楽しい
こんにちは。
何処かで見た風景って思っていたら・・・
我が地元名古屋だったんですね。。
カメラ越しだと別の街に見えます(笑)

大須は若者の街では無いですv-16
歩行者天国で買い物するには良い所だけど
どちらかと言えば50代以降とかの人達が集う街です^^
ちょっと東京の浅草に似てます~

スヒョン君って「クリスマスに雪は降るの?」で
コ・スの少年時代を演じていたのが初見でした^^

観覧車越しにグクとヘミを目撃して雪崩れ座るサムドン。
おまけに耳鳴りの症状が始まるなんてドラマならではの
タイミングで良いですねぇー

ジェイソンがピルスクの為に帰国してお見舞いに
押し掛けるなんて彼女にベタ惚れで笑えます^^;
ホントー小太り時代からピルクス可愛いですv-218


出演者が若者ばかりで共感出来る年齢でも無いのに
面白くて次回が見たくなる不思議なドラマですね^^

KNTVで「欲望の炎」と言うソウちゃんとスンホ君の
泥沼ドラマを見始めてます。。
スンホ君演じるミンジェの2人のオンマ(養母と実母)の
人生が激し過ぎて面白いwwwー
泥沼ドラマは、あまり好きじゃないけど
ずっと見続けてしまいそうです(笑)
りな URL 2011年04月29日 23:23:43 編集
ようやく追いつきました♪
ルッカさん、こんにちは(*^_^*)

ようやく追いついてきましたよ~
リアルしてDAも生で観ていますが、なかなかこちらに来れなくて。

名古屋ロケ、友達が地元が名古屋のもので、私たちもリアルの時に聞いたんですよ。一箇所だけ違っていたようで(笑)

あの結婚式、あの車で迎えにくることからね~(一般の人には無縁の車よね)
だから旅費も出たわけよね。
しかもあの新郎、いったい年はいくつなの~(爆)

あのダンス対決、これは迫力ありましたね。
ここか、ライブハウス、どちらかは地元のエキストラだったようですよ。周りにいた人たち。
ダンス対決のほうだったかな?

あのライブハウスの舞台、「音楽に国境はない」と、よく言われますが、敵対していたヘミとベクヒも同じ舞台にたち、若者が入り混じり楽しく夢の舞台でした。
これは私は、ラストシーンに繋がるシーンと思います。
そしてサムドン、あの才能には驚きますね。

レストランから、観覧車でのキスの目撃、まさに運命のたいずら。そして耳が・・
ここのレストランは、「ゴシレ火」ですが、分りましたか?
ちゃんと「ジュンベア」がいましたよ♪
冬ソナのミニョンさんでした^m^

そうそう、5話からときどき登場ですが、「校長のハミョン理事のコスプレ」分りましたか~(爆)
私はね始めは違和感があり、何か変と思って、途中で気づいて「あーーー」と思って、爆笑やら殴ってやりたい、なんて思ってましたが(笑)
あのコスプレ、あの俳優さんのアドリブなんだそうで、ヨンジュンssiの出番がなくなり、寂しいでしょうということで、途中からもう爆笑の嵐~

こちらはあと2話となりました。
なんだか寂しいですね。
最後のコンサート、こちらも6月に放送が決まりました。
これを観て最後となるんですよ♪

そして、シーズン2確定と思っていいみたいですね。
撮影地でイベントが、近くあるんですが、そこでオーデションのようなものがあり、そこを通過した人が、一次審査に進めるようです。いつものお散歩コースのコメントで知りました。

ヨンジュンssiの出番はどうなのか?
一番に望むのは主演ですが、こちらも噂では、手ごたえもありそうだし、とにかく今後の動きに注目ですね。
マリアン URL 2011年04月30日 16:14:17 編集
りなさんへ
こんばんは。
ロケ地、地元だったのですね。

>ちょっと東京の浅草に似てます
わかりやすい説明、参考になりました。

>観覧車越しにグクとヘミを目撃して
ドラマらしい展開です。でも、可哀想なサムドンです。

ジェイソンとピルスクの関係、この2人も微笑ましいですね。彼女はほんと、可愛いです。
若い世代が多いドラマですけど、内容がとても新鮮で面白いと思います。だから、人気になるのも納得です。

>KNTVで「欲望の炎」
気になってるドラマです。ドロドロ系は疲れるのでカット版を視聴するのが楽で好きです。
スンホ君は好きなのでいつか、見たいとチェックしてます^^♪
ルッカ URL 2011年04月30日 19:50:51 編集
マリアンさんへ
こんばんは。
今日、やっと11話を録画出来ました。明日からまた、書いて行きます。早く追いつきたい(笑)

日本ロケがあると、知らない土地でも嬉しいですね。つい、色々と情報をチェックしたくなります。
まさかの結婚式、だから旅費も出たのでしょう。

ダンス対決、迫力もありステキでした。エキストラの方もいたでしょうね。あの人数なら。
サムドンは作曲の才能があるので、耳に異変があっても・・と、想像してます。
ライブハウスでは、ヘミもベクヒも楽しそうでした。あれがラストに繋がるのなら、納得です。最後には仲直りすると思ってますから。

>「ジュンベア」
>「校長のハミョン理事のコスプレ」
えー!分からなかったです(^_^;
あらすじ書く時は、まわりをゆっくり見る余裕ないので。字幕を追うのが精一杯。また、あとでチェックしてみますね。
そんなのがあるなんて(T_T)

最後のコンサート、これもDATVで放送されるので嬉しいです。
楽しみが増えます。
シーズン2も確定のようで、それも話題になるでしょう。
ヨンジュンssi、また理事として顔くらいは出して欲しいですね。
続きが気になるドラマです。
ルッカ URL 2011年04月30日 20:01:41 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌