「個人の趣向」11話あらすじ

ミンホくん、本当にステキ「花より男子」よりも魅力あると思います。前半はソン・イェジンさんの可愛いヒロインで楽しめて、後半はミンホくんの男らしさでお腹いっぱいオススメな韓国ドラマですね(*^^*)

個人11話





11話

「チァンリョルさんは知らない。私の気持ちが誰に向いてるのか・・変えることも出来ない・・」と、ゲイン。
「ゲームオーバーです。」ち、ゲインにキスするジノ。
「何やってる。友達のまま、離れろといったろう。」と、チァンリョルに
「出来なかった。俺はこのまま、男としてこの人を愛します。」と、ジノに驚くゲイン。
「僕はゲイじゃありません・・すみません。言うのが遅くなりました。」と、ジノ。自分が今、いったことを許してほしいとジノ。

泣きながら、ジノを叩くゲイン・・ここで「パボチョロン?」と、歌が流れます^^;
ゲインを抱きしめるジノ。

クラブ
お酒を飲むチァンリョルは、ジノが「ゲイじゃない」と、いった時のゲインの顔をみれば、すべてがわかる・・・と、自分には1パーセントの可能性もないことをいう。

これにイニは意見。
「そんな簡単に諦めるの?」と。ゲインを苦しめたのでもう、これ以上傷つけたくないとチァンリョル。ジノの為に笑顔になるゲインをいう。
イニは、「そんなのが愛?愛は1つ」という。

イニの愛って「奪う愛」ってことかしら?チァンリョルはもう、ゲインを辛い気持ちにさせたくない。本気で愛してるチァンリョルなのね。

車の中
ジノはウソをついてたことをあやまる。
「クロニカ・・お願いだから怒らないで。」と、顔を見て欲しいとジノ。ゲインは無言で外をみている。

ゲインは今まで、ジノのことを男として見てたけど、これを混乱してた・・と、いう。チァンリョルに復讐をしようとするゲインに、
「チァンリョルに未練ある?」と、自信がなかったとジノ。

でも、ゲインの「これ以上、耐えられない」と、言葉にやっと、自分の気持ちに気づいたジノだった。
男装してまでジノと一緒にいたいとゲインは「私はバカみたいだった・・」と、あやまるジノを許さないという。
女を捨ててもいいと思ってたゲイン。

ゲイン・心の中
今まで男装してまで友達でいたいと思った人が、今日は「男と女」としてあやまっているけれど、「今日は許しちゃダメ」と、思うけど、明日からは大丈夫だろうと思う。

サンゴジェ
謝り続けるジノ、ゲインは顔も見たくないというが、ジノは
「混乱してるのはわかります。裏切られたと思ってるはず・・許したくない気持ちも。でも、こんな気持ちは初めてなんです。どうしていいか、わからなかった。」と、ジノに「ウンス」を愛してたことを指摘するゲイン。
ジノはすべてを話すというが・・

そこへヘミ、テフンが来る。
「オットケ!なんで私じゃダメなの?」と、ジノに絡むヘミ。

部屋に入るゲインは「今すぐ、許しちゃダメよ。」と、怒る??笑ってる(笑)
本当はジノがゲイじゃなくて?嬉しいゲインね♪


ヘミをジノ・オンマが寝かせる。テフンの気持ちを知れば、ヘミも変わるだろうとジノ。ジノにふられ、傷ついたヘミを理解するオンマ。

ゲインは戻らないジノにイライラ。
ジノはオンマにゲインとは、「仕事のプロジェクトがあるから一緒に暮らしてる」と言い訳。結婚前でも同棲は・・と、気にするオンマ。
ヘミがジノを思ってるので、家に戻れないとジノ。

ぬいぐるみのジノに八つ当たり・・・これを見るジノは
「殴るなら僕を殴って。」と、殴らせる。
ヘミとの関係を聞くゲインに、7才の時から「婚約者」と、勝手にジノを呼んでるヘミを説明。驚くゲインは
「そんなに女関係が?」と、びっくりする。

「ジノはゲイ?」と、誤解を受けたままだったので「どんな人」か、理解出来ないとゲインは、「7才からジノを好きなヘミを放置・・って?」と、これを残酷だという。

嫌なら、ハッキリ否定するべき!と、ゲインね。これで「自分は残酷な部分もある」と、認めるジノ。

ジノは他の人の気持ちを気遣う余裕はなかったと、ウンスも留学するのを、とめなかったことをいう。「何故、とめなかったの?」と、ゲインに
「ウンスの人生において自分が大事な人、意味ある人かどうか、わからなかった。自信なかった。」と、いう。
「じゃあ、私はどんな意味があるの?」と、ゲイン。

「僕の人生で絶対、失いたくない。大事な存在です。」と、ジノ。
この言葉に照れるゲインは「お腹、空いた?ラーメン♪」と、誤魔化すのをジノは
「恥ずかしいとすぐ、ご飯で誤魔化す変な人だ・・愛してます。」と、ゲインを抱きしめる。

ウンスもジノが引きとめたら「留学」は行かないと言ってた。
気持ちに余裕がないから、ゲインもズルズルと傷つけてしまったとジノなのね。早く「ゲイじゃない」と、いうべきだったけど。


ジノ事務所
用意された食事に驚くテフンたち。

はずかしい


サンゴジェ
ゲインはヨンソンに
「ジノさんはゲイじゃなかったの。彼にとって私は女だって。」と、照れていうゲインに驚くヨンソン。
「あんた、変なクスリでも?あんたの妄想でしょ?オンマが可哀想だから、ウソついたのよ。」と、信じないけどゲインは
「夢かと思ったわ。チァンリョルさんたちの前でキスしたの。私と男として始めたいといったのよ。本当にドキドキだったわ。」と、説明する。
これにヨンソンは驚き、「じゃあ、サンジュンは?」と、思う(笑)

ここ、ジノのマネしてヨンソンの手を取り説明するゲイン、可愛い。

カフェ
ヨンソンはサンジュンに
「恥ずかしくてもう、あなたとは遊べないわ。言えないことまで言ってしまった。」と、サンジュンもゲイじゃない!と、これに驚くサンジュンは
「僕は男のニオイする?男を感じるんだ?」って。
ゲインとジノが、付き合い始めたことを知るサンジュン。

ジノ事務所
ゲインとジノが?と、驚きジノに確認すると認めるジノ。
チェ館長にもいうとジノをとめるサンジュンは、公募資格を元にもどされるかも?と、チェ館長にはいわない方が良いという。

チェ館長に好かれてるジノだからね。これを利用したいサンジュンだわ。

ふと、サンジュンはチェ館長よりも?ゲイン父のパク教授と親しくなり、コネがある方が強力だと気がつく。結婚すれば、婿の頼みも断れないだろう?と、考えるサンジュンに呆れるジノ。

ジノはコネなど使わず、公募で資格が欲しいけれどサンジュンはチェ館長よりも、パク教授のコネの方が大事と思ってる。

チェ館長から、済州島行きをすすめられるゲイン。
子供の公園があるので休憩室の参考になるだろう?と、見学をいう。

ジノは、MSグループのセミナーに参加するので・・・うまく間を取り持ってくれ!っていうチェ館長に驚くゲイン。

ジノと親しくなるチャンスを作って欲しいといいだす。この前、ゲインの家でご飯を食べたときは
「チェ館長とジノを親しくさせよう」と、わかってしまったので・・今回は自然と・・親しくなろうと思うチェ館長^^;
ゲインは事実を話そうとするも・・イニが来て行ってしまうチェ館長。

どーするのよゲインや!チェ館長はまだ、ジノに思いを寄せたまま・・チャンスを待っているわ。これを「ゲイじゃない」と、言い出せないゲイン。

会社をサボったチァンリョル。
父のハン会長に怒られ、お酒を飲んで寝てた所を起こされる。「忙しいのにお前は!」と、怒るハン会長は
「そんなお前は中国にでも行け。」と、怒鳴る。
これに
「はい。そうします。」と、自信もなくしたチァンリョル。

チァンリョル、ジノとゲインのことで相当、ショックが大きいみたいね。なんだか、ぼろぼろなチァンリョル。

ジノはチェ館長に報告に行こうとするが・・・イニがチェ館長は日本に出張だという。チェ館長にいうのがまず、礼儀だと考えるジノ。
イニは済州島でセミナーがあり、これにチェ館長が行くし、ジノも来たらチェ館長も喜ぶという。チェ館長が大好きな済州島・・・ここでジノが事実をいえば、チェ館長には大きなショックで大好きな場所が、憂鬱な場所になってしまうだろう・・と。

イニは
「なぜ、ゲインなんですか?」と、ジノのパートナーとして、自分がふさわしいという。これにジノは
「仕事でなく、人生のパートナーを求めている。」と、いう。
昨日、ゲインとキスした自分をみれば、こんな話も「時間の無駄」と、ジノ。
イニは最後まで諦めないという。

仕事するゲインを誘うジノ。
ゲインは時々、ウンスのことや、今まで騙してたことをいって、いじめることを楽しむという。ジノに甘えるゲイン♪

カフェ
ジノオンマと会うゲインは緊張?もし、交際を反対されたら?と、ドキドキのゲイン。ジノは自分が好きな相手なら、大丈夫と母をいう。

挨拶するオンマ、息子ジノを自慢?ゲインと一緒に住んでるのは、プロジェクトがあるからだという?話に驚きつつ、話をあわせるゲイン。
ジノオンマは、「結婚前に妊娠だけはしないでね♪」って。これに驚くゲイン。

サンゴジェ
「おかあさんの気持ちもわかります。ウソまでついて。荷物をまとめて出ていってください。」と、ジノオンマの心配をいうゲインに驚くジノは
「結婚するまで、あなたにふれないから大丈夫ですから。」って。ゲインが冷たいので本当に荷物をまとめ始める。
「手伝う?」と、ゲインを拒否するジノは「もう、ご飯も作らなくていいし、掃除もしなくていいから、良かった。」という。

ゲインは「私たちのデートは1週間に1度くらいでいいでしょ。それも、出来るかわからないわ。休憩室の仕事が忙しいから。」と。
「いいですよ。僕も美術館のプロジェクトで忙しいから、1ヶ月に1度くらいでも。」と、ジノに
「いいわ。そうしましょ。私も忙しいもん。」と、ゲインに慌てるジノ。

自分もゲインに対抗?でも、ゲインの方が強いのね(*^^)v

出て行くジノを見送らないゲインは「さようなら」って^^;

ジノも意地で出て行ってしまう。「バカだなあ。せっかく家に入れたのに・・」と、ジノ。
ゲインは「結婚前に妊娠ですって?そんな事聞いて普通にできるわけないわ。出ていけって言ったら、すねるなんて。」と、怒る。

ジノは車の中、トイレに行きたいふり、お金がないとか?あれこれ、戻る言い訳を考える。戻るジノに驚くゲイン。
「パソコンを忘れた・・」と、部屋に戻るジノに「もう、全部持って行って戻らないようにしてください。」って部屋に入ってしまう。
そんなゲインに呆れるジノ。

「ジノが出ていってしまう?」と、思うゲインは部屋で足が痛いふりをする。
慌てて戻るジノは、ゲインの足を心配するけど・・演技だとバレている。笑うゲイン^^;

「演技が下手くそですね。」と、ジノに「本当よ。」ゲインは・・キス・・・?と、思ったらヨンソンの声が・・慌てるゲインは
「どうしよう。ヨンソンはあなたがゲイじゃないと知ってるんです。部屋で2人一緒なのを見られたら・・」と、慌てる。
ジノに部屋から出ないで!と、指示するゲイン。

ヨンソンは夫とケンカ、家を出てきたのでゲインに家に置いてという。
ジノはこれを聞いて「早く帰ってもらってください。」っていうけど、ゲインは
「そんなに私と一緒にいたい?」と、頬にキス・・を見てしまうヨンソン。
ジノは仕方なく出て行くことに。

ジノとキスしようと?ってゲインたちを目撃してしまうヨンソンなの(笑)
「2 人で何してたのよ」って^_^;

イニは資料を受け取り、サンゴジェが最初から、タン美術館のプロジェクトを参考にしてる?パク教授が担当すれば、公募の必要もない?と、知る。

ヘミはゲインに会いにきて文句。
ジノが他の女性と結婚するのを見たくないと。韓国に来たのはジノを愛してるからだと自信たっぷりにいう。ゲインは
「ジノさんが、お母さんにゲイということを隠して、私と結婚しようといったとき、彼がゲイでもそうしようと思ったんです。そばにいたいんです。」と、ゲインに怒るヘミは去っていく。

帰るヘミと会うイニは2人で話す。
ジノを諦めたと怒るヘミにイニは、
「ジノさんは騙されてると思うわ。」と、ゲインはハン・チァンリョルと付き合っていて、自分はチァンリョルと結婚するつもりだったけど、結婚式でゲインが邪魔したのでダメになった。別れた・・その後、すぐにゲインはジノと付き合い始めたと話す。

驚くヘミは、ジノ父が亡くなった原因でもある?チァンリョルと付き合ってたゲイン?と、驚く。ジノ母はすでにゲインを、嫁として考えてるという。

ジノ父の部下だったハン会長の息子と、付き合ってたゲイン?と、ジノオンマが知れば・・反対するでしょうね。

サンゴジェ
家に戻るゲインは、ハン会長がいるのに気がつく。
ハン会長は、息子チァンリョルの無礼は悪かった・・謝るから・・と、手土産持って、2人の関係を修復してほしいという。ゲインは「もう、別れたんです。」と、いう。そこへジノオンマ、ヘミが来る。

ハン会長を見て驚愕のジノオンマは
「嫁になるゲインを知ってるんですか?」と。
「お母さん」と、ジノオンマを呼ぶゲインに驚くハン会長。ジノオンマは
「お母さんなんて呼ばないで。」と、ハン会長といるゲインを拒否、帰ってしまう。

ジノオンマは「あの子はダメよ。」と、大反対でジノの言葉も聞いてくれない。
ガックリのジノ・・

ハン会長はチァンリョルに怒鳴って
「なぜ、パク教授の娘がジノの親を母と呼ぶ?」と。

ジノはゲインに「最初から、チァンリョルに復讐なんて考えるから、こんな事になった。」と、いうが自分も「ゲイじゃない!」と、言わなかったことに原因もあると、自分が責任を持つという。

ジノ家
オンマに「自分が先に好きになった。お母さん、僕はあの人じゃないとダメです。」というジノ。
オンマは、チァンリョルと別れたといっても、たった1ヶ月前の式場での騒ぎ。チァンリョルの家と関わってたゲインはいやだという。
嫁として受け入れないとオンマ。

ヨンソンはゲインに、ジノは済州島へ出張に行くから、ゲインもいって仲直り・・ついでに出来てしまえば、ジノオンマも何も言えないだろうと提案。

済州島
ヨンソンと行くゲインは不安でいっぱい。ヨンソンはサンジュンと電話で連絡、ゲインとジノを会わそうと計画する。

ホテルのロビーにいるゲインを見て嬉しそうなジノ。
「ゲインさんは本当に僕を愛してるんですね。」
「違うわ。チェ館長は済州島には、休憩室に参考になる子供の公園があるからって。」と、言い訳。

ジノはオンマに「ゲインさんじゃないと、死にます。」と言ったから、大丈夫・・別れないという。心配なゲイン。
「僕を信じてください。」と、ジノ。

ホテル前
チェ館長とバッタリ出会うジノ、ゲインたち。
ジノは「この問題は解決する。」と、チェ館長に話があると、切り出す。

ホテル
ロビーでチァンリョルと会うゲイン・・これを目撃するイニ。

愛のまなざし

真剣なジノに何かを感じるチェ館長は・・・話は次ぎにして欲しいといいだす。用件を言おうとジノだけど・・話をそらすチェ館長^^;

聞きたくない話!と、カンでわかるチェ館長でしょうね。これ早く言わないと。

ゲインはチァンリョルに
「もう、お父さんに会いに来ないでと伝えて。」と、自分に会いに来ないようにいう。「わかった。」と、理解してくれるチァンリョルは
「ジノといて幸せだろう?・・・それでいい。」と。
「うん。」と、ゲイン。

チァンリョルは本当にゲインを愛してるのね。だから彼女の幸せを願い身をひくようです。

ホテル庭
「すみません。」と、頭を下げるジノ。
「何がですか?すみませんとは?」と、チェ館長。
「私はパク・ゲインさんを愛してます。」と、ジノに驚くチェ館長。

チァンリョルはゲインを車から守り・・・倒れてしまう。
声をかけるゲイン。

続く・・・

面白いですね?脚本が濃いというか、ストーリーがぎっしりな感じです。
このドラマ、4話?延長する?と、議論もあるようです。まだ、決定じゃないけどTV局としては延長したいようです。
でも、このまま16話くらいで終わった方が良いと思いますね。間延びするのは嫌だし、ゲインとジノが両思い!と、結ばれたのでこれ以上、伸ばさないで欲しい。レビューも大変だから ^_^;

ジノとゲイン、結ばれて?あとは結婚でしょうね。
その前にチァンリョルと付き合ってたので・・反対するジノ母でした。確かにジノ父が亡くなった事に、関わってるチァンリョル父のようだし・・・怒るのも理解できます。

今後、ゲイン父の登場があると思うし?新しい展開もあるでしょうね。
ゲイじゃない!と、わかったのでサンジュンの面白いのは終わりかな(笑)
サンゴジェの秘密、タン美術館の関係もありそうな・・イニは韓国ドラマの定番、悪い女ですね^^;

本宅ブログのを一部、移動させてます。あちらのは画像多いです。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2010年07月15日 | Trackback(0) | 個人の趣向

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌