ドリームハイ 14話あらすじ

うーん。ヘミはグクが好きだと思ってました。でも、今は違うのかしら。映像からはたぶん、サムドンなのだと思います。ジェイソンとピルスクのシーンがもっと、見たいです。

アイユ


14話

ユン社長室に入るグク。
「ベクヒもお前も、この世界から追放するぞ。」と、叫ぶ社長を殴るグク。
この部屋で何かを目撃したグクなのだわ。

ネットのニュース検索、1~10位までヒョン・シヒョク(グク)の話題になっている。
「あの子たちはまだ、子供だ。同年代が経験する試練以上に過酷です。」と、オヒョク。

Kペンダントを握りしめるグクは、「彼は私を守ってくれたの。証言したいのに怖いの。芸能界で生きられないかも・・」と、怯えるベクヒとヘミを見る。
「まだ、何も話さないで。きっと、グクもそう望んでるわ。1年たてばみんな、きっと忘れるわ。」と、ヘミ。

EMGレコードが、新人オーデションを行うが条件が厳しい。
「可能性を示すオリジナルのミュージックビデオを提出。英語は必須。3カ国語以上、可能な者。」と、ある。

警察からグクの事件で連絡をもらったオヒョク、ギョンジンは現場にベクヒがいたと知り、事情を聞く。
「やはり、グクはベクヒを守ろうとした。警察に言おう。」と、オヒョク。

「言ったら、セクハラされた事がわかってしまうわ。グクなら耐えられます。けれど、ベクヒは一生消えない傷が残るわ。私はあの子を守ります。これまでも、こんな事件があったけれど、世間は被害者を守ってくれないわ。」と、ギョンジン。
どこまでセクハラされた・・と、シーンがないのが珍しくもあり、とても良いと思います。会話だけでベクヒのシーンはないから。

ユン社長に父・ヒョン会長と、謝罪に行くグクのため、EMGレコードオーデションの用紙を準備するサムドン。
みんながグクを信じ、応援してくれてる。そして耐えるグクなのだわ。

「弁明しないのは理由があるからです。必死に何かを守ってる。私はシヒョクの人柄を知ってます。だから、お父様もシヒョクを守って下さい。」と、ヒョン会長にいうオヒョク。
「全面的に非を認めろ。」と、グクに言う父。

ここはもう、ベクヒを完璧に守るために、自分の暴行を認めて、謝罪するグク親子なの。

病院で待機してるマスコミに囲まれるグク、ヒョン会長。
「養子縁組を破棄ですか?支持率に影響が?」と、質問される。

ユン社長に謝罪中、マスコミがドアを開け、文句のユン社長の態度が変わる。
「恩を仇で返すようなやつだ。」が、マスコミが来て「心を入れ替えたか?」と。
「シヒョクは養子ではない。私の実子です。過去を恥じるあまり、養子だとウソを言いました。そんな私を尊敬してくれるまっすぐな子です。」と、告白するヒョン会長。
騒ぎ出すマスコミ。

「そんなやつが手をあげるなんて。あなたに非があるはず。」と、ヒョン会長。
「理由は聞かない。あの人が悪いことをしたんだな?」
「はい。お父さん。」と、グクの手を握りしめる父・ヒョン会長。
ここは感動で涙(´;ω;`)ブワッ

「暴行ヒョン・シヒョク、ヒョン会長の婚外子」と、新聞に載るのを見るベクヒは考える。

「グクは最近、大統領よりもニュースに出る。ヒョン会長も、選挙をダメにしても庇うなら、グクは悪くないのかも。」と、噂する生徒たち。

「警察に事実をいうわ。」と、ベクヒを止めようとするヘミ。
「事実をいうだけよ。反則はもう、使わない。あなたにも反則を使った。植木鉢を落とした時から、あなたの言う通り地獄だった。いつも怯えて怖かった。でも、1人じゃなかった。」と、ベクヒ。
ベクヒに頼まれ、「ガチョウの夢」を歌うヘミ。

この歌は歌詞が素晴らしいのよね。『ベートーベンウイルス』でも本人が歌ってたわ。「インスンはきれいだ」でも。

「グループK、代表からセクハラ」「K嬢セクハラ事件」と、ニュースに出るのを見るグク。

グクに好きだけれど、いつもヘミばかり見ているので悔しかったとベクヒは
「普通の人は、人に何かをあげる時、自分の取り分を残す。誰かを守るのも・・自分を守ってから。でも、あなたは違う。自分を捨てて私を守ってくれた・・それで十分よ。それ以上、望んだら天罰を受けるわ。」と、グクに言う。
約束を守って最後まで味方でいてくれたグク。

「トップ企画の契約はすべて解除。ウィル企画から、新しいグループを作ると、ジェイソン、リア、テサン、ソヨンを指名しました。」と、ボムス校長。
グクとベクヒは外れてしまった。

「スキャンダルはついてまわる。芸能界復帰は不可能だ。」と、ギョンジンから他の道へいくよう、説明を頼む校長。
「いいえ。あの2人はまだ新人です。助けないと。最後通告なんて・・前を向いて走っていたのに、悪い大人に押されてつまずいた。再び立てるよう手を貸すのが道理なのでは?」と、ギョンジン。
「最後通告も手助けだ。」と、ボムス校長。
オヒョク、他の教師も再起させるといいだす。

グクは父と話、「4年後の市町選挙に再出馬する」と、聞く。
息子の件でイメージダウン。それでも、ユン社長の事実を知り、息子を誇らしく思う。

グク、ベクヒ、サムドンをスカウトして欲しいと、マ社長に頼むオヒョク。
「この3人は傷物だ。夢を邪魔しないでほしい。覚悟はしてる。」と、拒否するマ社長。
「夢は一緒に見る人がいれば、現実になる。」と、説得するオヒョク。
でも、オヒョクの口車に乗らないと逃げるマ社長(^_^;

「クラスメイトに会うのが恥ずかしい」と、授業を休むベクヒのため毎晩、これから個別に授業をするというギョンジン。
「ベクヒ、傷はいえるわ・・」と、抱きしめる。

EMGのオーデションに、グク、ヘミ、ピルスク、ジェイソン、サムドン、ベクヒらも応募すると、映像も協力しようと、6人を見つめるオヒョク。

慎重にスカウトしたいから、ギョンジンの冷静な評価で、生徒を推薦して欲しいとマ社長が来る。
「グク、サムドン、ベクヒの3人です。」と、ギョンジンに呆れるマ社長。
ジンマンの返事も同じ。

「可能性」を映像にするのを考えるヘミたち。オヒョクは「過去の映像を見せれば、成長がわかる」と、ヒントをくれる。

6人はオーデション用紙を提出、映像も撮る。
その映像をマ社長に見せ、「学校でこのオーデションに応募したのはこの6人だけです。だから、根性も格別です。欠点もあります。だからこそ、成長するんです。」と、説明するオヒョク。

ベクヒは自ら「私はK嬢です」と、映像を撮る。これを逆に強みにしたいと話す。

オヒョクがマ社長を説得、グク、サムドン、ベクヒの3人の契約がハヤン企画決定となり、安堵のギョンジン。
ジェイソンもハヤン企画希望。

グクたちの契約を知り、喜ぶヘミは会いたい・・と、ピルスクの言葉を想い出す。
「いつでも一緒にいてほしい。」と、好きな気持ち。

「どうしよう。どうしたらいい?」と、つぶやくヘミ。歩いてくるサムドンとグクを見る。

続く・・・

これって、サムドンを見てたヘミですよね。ラストは。
最初はグクが好き、観覧車でキス、そうだと思ってました。でも、サムドンが「後悔するなよ」と、言っただけあり変わったのかも。

やはり、グクはベクヒを守っての暴行事件でした。台詞からよくある事みたいな~感じにも受け取れてびっくり。
親友のヘミに、すべてを話せる気持ちになったベクヒですね。
キャッチアップ放送から見始めてやっと、追いつきました(*^^)v

愛してるっ!!韓国ドラマ38愛してるっ!!韓国ドラマ38

TOKIMEKIパブリッシング(角川グループパブリッシング) 2011-03-18
売り上げランキング : 33952

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2011年05月03日 | Comments(4) | Trackback(0) | ドリームハイ
コメント
盛り上がります
父親が迎えに来る?みたいな予告でした。。
居候は終わりなのかしら?
ヘミの妹って、いつも頭に被りモノしてますねー
目も大きくて可愛い子だなぁて思います^^

ジンマン先生・・・
ギョンジンから手を握られて一瞬、期待してガックリ。。
ヘミにも同じような事をされてお前もかぁ~って感じ?(笑)
見た目と役柄がピッタリのジンマン先生ですね^^

サムドンは、いつも側にいて励ましてくれてた。
暖かくて素朴な人柄は、ジワジワと後から存在感が
大きくなる事が多いですよ(笑)
グクもハンサムだし格好良い男なんだけどー
一緒にいる時間が短過ぎた?
りな URL 2011年05月04日 17:02:03 編集
追いつきましたね(^^)v
ルッカさん、こんばんは(*^_^*)

追いつきましたね~♪
今日は15話、夜の9時にはテレビの前ですよ~
木曜は、とにかく忙しくて(笑)

ベクヒのとってヘミは、かけがえのない親友だあり、またヘミにとってもそうだと思うんです。
お互いに成長してましたよね。

セクハラのシーンは、場面として何も見せてないですが、これは一瞬でも見せたら、「注意」か「警告」を受けるかな~
韓国は、放送コードが厳しくて、このドラマは、青少年むけとして作っていて、観覧車のキスだけでも「注意」だったそうで、他にもヘミを拉致(始めの頃)これも「注意」だったらしてですしね^^;

ラストには、ヘミの妹ちゃん、成長した姿で、ある子役の子か成長して、カメオ出演します。
ルッカさんも良く知っている子ですよ(笑)
二人で夢中で観た、ドラマに出ていた子役ちゃんです。
すっかり綺麗になってましたよ♪

ヘミはサムドンの気持ちが傾いていると思います。
最後のところで、目で追っていたのはサムドンで、思わず隠れてしまう。
これは恋している証拠ね(^^♪
マリアン URL 2011年05月05日 17:13:47 編集
りなさんへ
こんにちは。

>ヘミの妹って、いつも頭に被りモノ
本当ですね。そういうキャラなのかも♪
可愛い子役ちゃんです。

ジンマン先生のシーン、可哀想であったけど楽しかったです。
ギョンジンとヘミに同じように扱われて。
彼、もっと怖いイメージあったんですけど面白い人ですね。

サムドン、いいですねえ。
ジワジワ来るタイプなんですね。ヘミの好きな人が気になります。
グクももちろん、格好良いステキな男子なのだけど。
どーなんでしょう。
一緒にいる時間が、恋を作ったのかも(^^)
ルッカ URL 2011年05月05日 17:43:25 編集
マリアンさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。
やっと、キャッチアップ放送から本放送に追いつきました。
ふー(笑)
明日にはなんとか、15話をUPしたいです。

ベクヒとヘミ、これはもう、本当に大切な親友同士なんですよね。
色々、あったけれど成長して、自分にとって大切な存在であること、これに気がついた2人でしょう。
お互い、傷つき大人になった感じがします。
そういう意味でも、良いドラマですね。

セクハラのシーン、日本のならありそうな気も。
だから、無いのが良かったです。特にこれは若い世代向けですものね。
オモ!観覧車のキスで、「注意」だったんですか(゚д゚)!
それはびっくり。
その割にK-POPのダンスでは、派手な衣装とかあるような^^;

>ヘミの妹ちゃん
わぁ。成長した姿で登場なんですね。
楽しみです。
私も知ってる子?誰でしょう・・

やっぱり、ヘミの視線はサムドンにいってますよね(*^^)v
恋の続きも気になります。
最初、グクだったのに(笑)
ルッカ URL 2011年05月05日 17:52:08 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌