「マイ・プリンセス」10話あらすじ

ラストのソン・スンホン氏はまさに王子さまです。ダンの切り札・匂い袋がどのように出されるのか、皇女の証拠かも。

スンホニ


10話

夜の街、待ってるユンジュとソルの前に来るヘヨンとジョンウ。
ヘヨンに抱きつくユンジュ。
「外で待ってたのか。お前は・・誰が来るのか知りたかったんだ。幼稚なゲームでもお前が呼べば、喜んで応じる。僕に期待するな。でも、お前の手を握る・・そして連れて行く。」と、ヘヨン。

「イ・ソルに見せるため?オッパ、私に借りが出来たわね。」と、ユンジュの手を握り、去ろうとするヘヨン。
「P君、行かないで。ここにいて。」と、ソルを無視する。

このヘヨンとユンジュの会話、聞こえそうでソルには聞こえないみたいね。ジョンウとソルが見てる前、堂々とユンジュを連れ去るヘヨンの考えって。
最初の「外で待ってたのか」って言葉は、ソルに向かって言ってたヘヨンだと思うの。


「あなたたち、お互いに好きなのね。なぜ、私とはダメだったのかしら。」と、つぶやくユンジュ。

「ひどい男、悪いやつ・・」と、泣き出すソルを慰めるジョンウ。

宮殿に戻るヘヨンは、ソルの帰りが遅いのを心配する。
部屋でラーメンを作ってるソルを見て「皇女として頑張ると、宣言したのなら慎重に行動しろ。」と、ヘヨン。
電話に出なかったのは、「心配させるためよ。」と、ソル。
「男はふった女の心配はしない。」と、ヘヨン。
わざと距離を置いてるヘヨンみたい。

ジョンウの家に来るユンジュは、玄関の鍵の暗証番号がまだ、変更されず、安堵「慰められたわ」と、いう。
変更は面倒とジョンウの本音は?

皇女ソルにファンレター、プレゼント、メールが殺到。嬉しい悲鳴のソル。
「発足式も大成功」と、話題になる。
500通の返事を書いたソルに「政治的に誤解されることは答えるな。」と、注意、ネット禁止を告げるヘヨン。
皇女たるもの軽々しく国民に応えるなと意見ね。

「じゃ、P君が好きか、嫌いかは?」
「答えるな。」と、ヘヨン。
「なぜ、政治的だから?」と、ソル。ヘヨンは1番、政治的だから答えるなと、外出禁止をいう。

大統領は
「皇女の好みが流行るだろう。皇女が支持する利益集団が勢力を得る。その前に・・私が先に利益集団になればいい。」と、施設の行事で会えるよう、ソルを連れ出せといわれるヘヨン。

ユンジュの味方したり、これを拒否出来ないのは、ヘヨンが何か取引をしてるからだと思うの。
ただ、公務員って事だけじゃないでしょうね。父の件も。


父に「皇室が再建され、会長の財産が還元されてもヘヨンと結婚するのか?」と、聞かれるユンジュ。
そうならないはずと、答える。
「ヘヨンの父親が皇孫の死と関係がある。」と、父に驚く。
「皇女の父親を殺したの?」
「答えられるのは、ヘヨンの父親とイ・ハン皇孫だけだ。」と、父・オ室長。

イ・ハン皇孫は亡くなり、ヘヨン父は国を去っている様子。
会長から、グループの経営に関わるなといわれ、外交官になったヘヨン。
父親の件を知り、苦しんでいるはずであり、皇室再建に反対出来ない立場だというオ室長。
「だから、お前も未練を捨てろ」と、いわれるユンジュ。

ヘヨンの父はもしかすると、ソル父を?しかも、テハングループの経営には関われず、外交官の身。結婚するなと父ね。もしかすると、現れるヘヨン父なのかも。

ソル母のダボクは、ダンが「ソルが皇女になって嬉しい?」と、ソルばかりの母を指摘。自分の育て方が悪かったとあやまる。
母にすれば同じように愛してる娘2人、けれどダンは「ソルをひいきしてる」と、思ってる。それが悲しい母。

宮殿に来る大統領は、
「皇女をクムジャ党のマスコットにして使い捨てにする」と、ユンジュにいう。

ヘヨンはソルに皇女としてのノウハウを教える。
質問されても、即答はせず、「極端なことは言わないのがコツだ。」と、いう。
「一方に頷くと、もう片方から攻撃される。厄介な質問にはセンスのいい冗談で返せ」と。
「冗談なら、任せて」と、ソルに「そうか。じゃあ、僕とナム教授、どっちが好きだ?」と、質問のヘヨン。
「男性なら誰でも好きです。」と、ソル。

呆れるヘヨンに「無礼だぞ。謀反も同然だ。」と、時代劇口調のソル。
「いつから、P君が好きに・・?」と、ヘヨンを怒る。

ダンに会い、匂い袋を持ってるか聞くジョンウ。
答えず「私は妹が傷つくのを見たくないです。匂い袋がないと、妹は宮殿から追い出されるの?」と、ダン。

ユンジュから、何か話を聞いてると感じるジョンウなの。

ユンジュは、ソルの育った施設で大統領が、ボランティアのイベントをするから、宣伝としても行くべきと勧める。
広報に利用されるのを承知、行くとソルは明るい。

「もし、お姉さんが持ってる匂い袋が、本物なら大変だ。君の物だと証明する術がない。」と、ソルにいうジョンウ。

ボランティアに行くからと、スープを作るソルを怒るヘヨン。
「まだ、準備が出来ていない。こんなマヌケだから、公の場に出せないんだ!」と、怒鳴る。
「なぜ?愛情のない拘束はお断りよ。」と、ソル。

色々な知識がまだ、ないソルだから心配で怒るヘヨン。それを理解出来ないノンキな皇女ソルなのだわ。
チャングムの歌を歌うシーン、地上波ならカットかも(^_^;


外出禁止、施設に行くなとヘヨン。
ユンジュに「施設に行きます。でも、彼とコンビなのに意見が違うんですね。」と、ソル。
「いい行事だから、品のある服で行くべきよ。」と、ユンジュに
「あなたに従わない方が良いと今、気がつきました。」と、ソル。

計画を変更と、施設の子供たちを宮殿に招待する。
「私の部屋をみせてあげるわ。カルビスープもあるわ。」と、子供たちと過ごす。
これなら、大統領に利用されないわね。

パク会長に「父さんを追いだしたのは、皇孫を脅していたからですか?」と、聞くヘヨン。
「いつか、話そうと思っていた。お前を信じてる。だが、お前の父親は逆臣だ。取り返しのつかないマネをした。我が子だが見逃せない。歴史と国民に対してぬぐいきれない罪を犯したのだ。」
「父が殺したというのは・・ウソですよね?」と、ヘヨン。
「そう信じたいか?・・お前の父親も ”違う” と。だが、私は事実だと思ってる。」と、パク会長。

亡くなったソル父だから、真実は分からないのだわ。でも、パク会長はヘヨン父が殺したと思ってるのね。
信じたくないヘヨン。


ユンジュと会うダンは、「これが最後よ。切り札というのなら、早く匂い袋を出しなさい。それ相応のものを用意するわ。」と、いわれるが
「他に考えがあるわ。」と、渡さずに帰る。

もの凄く怖いユンジュなのだわ。それに対して、強気のダンはジョンウと取引かしら。

ジョンウに会い「私が持ってます。教授を信じます。明成皇后の匂い袋かどうかを調べてください。」と、見せる。
匂い袋を見て感動のジョンウ。
「信じるのは今、見たから。匂い袋に拝礼しそうなほど感激してた。そんな人なら、真偽をごまかしたりしないはず。」と、ダン。
専門の鑑定が必要とジョンウに待つとダン。

匂い袋を「自分のモノ」と、ハッキリ宣言した上で、本物かを確認させるのだわ。本物ならソルはどうなる?


子供達と遊ぶソルは、招待した大統領と一緒に撮影といわれ、困惑した顔でヘヨンに助けを求める。
利用されてるわー。
大統領を呼んだのは素直な感情からであり、そこに政治的な意志はない。でも、大統領はソルを宣伝に利用する気なのだわ。それを知ってるヘヨンね。


「皇女さまの提案したこの行事に、政治的な意図はありません。」と、マスコミの前で告げるヘヨン。今後も、皇女、皇室は政治的な行事、意味はないとソルを連れ出す。
「政治的な権力の介入を許しません。」と、ヘヨン。
驚く大統領。

「慈善活動なのにナーバスすぎるわ。」
「お前は優しいのか、単純なのか?・・お前は利用されてる。」と、ヘヨン。

状況を理解出来ないソルに
「大統領は猿芝居をしてる。福祉予算を削ったから、お前を使って国民の機嫌取りを・・あの子供たちが、お前がいた施設から来たと知れたら・・特別扱いされてると思われる。・・そうしたら、お前も、あの施設も非難されるんだ。わかったか?」と、ヘヨン。

そんなつもりはないとソル。
「”知らなかった” じゃダメだ。父親同様、名ばかりの皇族に・・なりたいのか?」と、ヘヨン。
自分は「公務員だから、誰を敵にしたかわかるだろう?」と、いわれ気がつくソル。

「大統領を敵にするなんて!」と、ユンジュにいわれるヘヨン。

マイプリ

ソルの部屋にいき
「ひとつ、聞く。皇女をやめられるか?絶対にダメか?・・皇女にならずに・・僕の女にならないか?」と、ヘヨン。

続く・・・

なります!って^_^;
私なら、そう答えるわ。皇女だと、色々と柵があり政敵にも利用されてしまう。
今回の件、怒ってる大統領でしょうね。
そして、匂い袋は本物とわかり、複雑な思いのジョンウ教授でした。本物の匂い袋の持ち主、ダンこそが皇女って展開になるのかも。

スカパーDATVのスンホン氏のファンミ映像中、映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」のメイキングが流れ、もの凄くステキでびっくり(#^.^#)
メイキングって好きなので欲しくなりました♪

「この幸せはどこにも逃げない・・七海の幸せは僕が守る・・」と、台詞♪

ゴースト もういちど抱きしめたい<豪華版> [DVD]ゴースト もういちど抱きしめたい<豪華版> [DVD]

バップ 2011-05-18
売り上げランキング : 403

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2011年05月07日 | マイ・プリンセス

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌