僕の妻はスーパーウーマン 9話あらすじ

オ・ジホの優しいけど、優柔不断な夫がピッタリなキャラです。キム・ナムジュの作品はこれが初めて。ソヒョンの思いを知り会わないと決意したダルスでした。でも、ボンスンの計画で再開する2人ですね。


9話

ダルスとソヒョンが抱きあってるのを見て、ジエの言葉を想い出し、監視カメラの映像を入手するボンスン。
「夫は私だけ。来世でも、私と結婚したいと言ってたわ。」と、ジエに見せて、悲しませるつもりでしょうね。
意地悪なボンスンだわ。

ソヒョンはただ、ダルスの胸を借りて泣いていただけ。

映像をジュンヒョクに見せ、自分は幸せと思うジエに、事実を知らせるとボンスン。
「なぜ、そんなことを!」と、夫に「ジエだけ幸せなんて許せない。私はあなたのため、完璧な妻になろうと努力したわ。」と、ジエばかりを、見ようとする夫に文句のボンスン。

整形までしたボンスンだから、夫がまた、ジエに心揺れてるのは哀しいけれど、それで人を不幸にするのはいけないことだわ。

済州島に出張のテジュンは、ソヒョンの誕生日を忘れている。ジエを思いだし、ヘアピンをみつめる。
テジュンのシーンはなぜか、私には癒しになってるわ。

ジエの家まで行き、ブランド品のヘアピンを「他の女の忘れ物。お前にやるよ。」と、テジュン。
まだ、クイーンズフードの社長とバレるまで「テボン」と、名乗っている。
会いたい気持ちを素直に出さないテジュン。本当は自分で用意したプレゼントなのに。
で、この頃ドラマでは「ヘアピン」がブームかしら。昔はこういう時、ネックレスが多かったけど最近、他のドラマでもヘアピンだわね。


ジュンヒョクは、ダルスに「社長の奧さんとは、どんな関係だ?」と、聞くので「大学の後輩です。慰めただけ。」と、事実をいうダルス。
他の女と会うなんてと、ダルスに文句をいうジュンヒョクに
「昔のことは聞いてます。まだ、妻に未練あるのですか?」と、聞くダルス。

お互い、誤解で別れただけであり最近、それを知った。そのせいでダルスと結婚させて、ジエに申し訳ない気持ちとジュンヒョク。
「過去は過去。今は俺の妻です。」と、ダルス。
ジュンヒョクはジエに未練あるのよね。これじゃ、ボンスンも可哀想かも。

ジエは他の奧さんに、「社長夫人とは、メール交換するほど親しい。」と、自慢。
高級マンションに、社長夫人に呼ばれたからと、来るジエに嫌みをいうキム理事夫人。

ジエのヘアピンを見て気がつくソヒョン。
それを持っていた夫テジュンを想い出すのだわ。こちらも寂しい妻ね。

ダルスを呼び出し、誕生日なので夕飯を一緒にしたいとソヒョン。
他の社員に見られるので隠すダルス。

ボンスンはジエに、頬を叩いたことを謝罪、
「男はみんな同じよ。他の女に興味ないとでも?あなただけが幸せとは限らないわ。」と、皮肉。
「ふん。結婚したら誰でもオバサンになるのよ。アンタも私もオバサンよ。」と、笑うジエ。
ここ、面白かったわ^^;

「男はみんな、若い女が好きなのよ。アンタの夫だって同じよ。」
「そんな事ないわ。うちの夫は私にしか、興味ないわ。」と、自信満々のジエ。
「面白いものをみせるわ。」と、ボンスン。早退したジュンヒョクが戻り、映像を見せる妻と知り、ジエを追いだしてしまう。

ジエには見せたくないジュンヒョクなの。でも、ジエは「面白いもの?気になるわ。ポルノ?」と、あれこれ、妄想。

キム理事夫人のスパイは、「女と会っていた」と、ジエ友人のファジャといる写真を見せる。
社長の弱みを握りたいキム理事夫人ね。
夫に、ソヒョンとダルスがエレベーターの中、抱きあってる映像を見せる。ボンスンから見せてもらった。


社長夫人が、平社員と浮気?と、驚くキム理事夫婦は喜ぶ。「墓穴を掘ってくれたわ。」

誕生日を孤独で過ごすソヒョンに、ケーキをプレゼントするダルス。
感激するソヒョンは願い事をする。
「先輩が私の元へ来てくれるように・・もし、私が離婚したら、私の所へ来てくれる?・・来てくれるなら、すべてを捨てられる。」と、いう。

驚くダルスは「ソヒョン、もう君とは会えない。心が揺れるのもいやだ。誤解させるのもいやだ。優柔不断な俺でも、これだけはダメだ。」と。
ジエに申し訳ないと、ダルスの言葉に涙のソヒョン。

ダルスに「期待してるぞ。」と、声をかけるキム理事。

取引先から、断られるダルスたちの企画。別のアイディアを出す。ジュンヒョクとキム理事は、この企画もダメになると予想する。

キム理事は、良い条件で取引を成功させたダルスと、食事をしたいと、ジュンヒョクにセッティングを頼む。
「意外と仕事が出来るじゃないか。」と、キム理事。
社長夫人と、ダルスの噂を知ってるので「社長が離婚すれば、持ち株が減り、我々には有利だが・・」と、考える。
ここも相当、カットしてるでしょうね。話がいまいち繋がらないわ。

離婚はしないようなのになぜ、ソヒョンとダルスがあってるのか、理解出来ないキム理事。
この理事はいずれ、社長になりたいのでしょうね。だから、テジュンの弱みを探してるのだわ。それを助けるダルスになりそう。

義母から、「あなたを産んだ実母、3日前に亡くなったそうよ。あなたの誕生日ね。」と、言われるソヒョン。
実家から、何も連絡がないのは知らせる必要もないでしょうと、義母。
悲しむソヒョン。済州島にいたテジュンは電話ではなく、仕事なのにソウルに戻ると言い出す。

夫婦関係、冷めてるけれど妻の実母が亡くなり、家に帰ってくれるテジュンは優しい。

実母の死でショック、倒れるソヒョンを病院につれて行くボンスン。
ダルスに連絡、2人を病院で再会させる計画を企む。

仕事だからと、ウソをジエにいうダルスは病院で、ソヒョンに付きそう。
ダルスが心配になり、夜食を会社に持っていくジエ。ジュンヒョクに会い、ウソだとわかる。

「どこにいるの?今まで、ウソなんて付いたことないのに。」と、ジエ。

ソヒョンを自宅に送り、世話をするダルス。
「いやじゃなくて自信がないんだ。」
「私の隣にいてくれるだけでいい。」と、ソヒョン。

ダルスの頬にキスするソヒョン・・を、見てしまうテジュン。

続く・・・

テジュンは、ソヒョンといるのがダルスと知り、隠れました。きっと、ジエが傷つかないように隠すでしょうね。

ボンスンの作戦、これで再会するソヒョンとダルスでした。ダルスが愛してるのはジエだけ。
でも、ソヒョンの誘惑にどこまで耐えられるか?って感じでしょう。
妻を一途に愛するダルスですね。だから、テジュンはジエが好きでも身を引くでしょう。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌