僕の妻はスーパーウーマン 12話あらすじ

TBS韓流セレクトで視聴してます。ダルスとジエは似てる夫婦ですね。本当に正直で人を疑うことをしない、出来ない性格なのでしょう。あのテジュンすらも、その素直な性格を楽しんでる様子です。

全20話
出演 キム・ナムジュ、オ・ジホ、ユン・サンヒョン、チェ・チョルホ、ソヌ・ソン、イ・ヘヨン



12話

ジエを誤魔化し、ソヒョンといるダルスに会わせないよう、連れ出すテジュンに
「あなた、まさか私を好きなのね。人妻だからダメよ。」と、勘違いのジエを否定するテジュン。

サウナ同好会の利子が必要と、言い出すテジュンを怒るジエ。
仕方ないのでお金を引き出し、テジュンに渡す。
「せこい奴!」と、ジエ。
「助けてもらった感謝の気持ちを持て。」と、テジュン。
売り言葉に買い言葉、言い合う2人。テジュンは必死に妻といるダルスと会わせないよう、時間を稼ぐ。

ソヒョンが帰った後に来るジエ。
お弁当、着替えを持ってきたジエに「人の目もあるから、あまり来ないでくれ。」と、ダルス。
寂しそうに帰るジエ。

ソヒョンは「彼を助けてあげて。あの性格のお義母さんよ。何するかわからないわ。」と、言う。
「オ・ダルスなら知ってる。」と、テジュンに
「私も知ってた。彼の奧さんが好きなんでしょ。だから、助けたいのね。」と、興奮して否定するテジュンを笑うソヒョン。

「離婚はどっちでもいいの。ただ、彼のことを守って。お願い。」と、ソヒョン。

キム理事に「息子があなたに弱みを握られるなんて。困ったわ。」と、皮肉をいうテジュン母。
ダルスを処理して欲しいと頼む。

キム理事は、テジュンに人事異動と、ダルスの自宅待機を申し出る。許可しないテジュン。

企画開発チームに会うと、ダルスたちの部署に突然、来るテジュン。
商品に対するダルスの真剣な想い、「安くて良い商品を作るのは難しいです。口コミでうちの商品が良いと、認められれば、価格は高くても売れるはずです。」と、自信あるダルスと、バスケで勝負のテジュン。

社長相手に本気になるダルスを心配する同僚たち。
「妻の先輩か。ソヒョンがいい人だと話してるよ。」と、ダルスに言うテジュン。
「夫婦って不思議だな。親しいはずなのに、何でも知ってるようで大きな秘密もある。きっと、オさんは良い夫なんだろう。」と、テジュン。

真面目で良い人と、感じたテジュンじゃないかしら。ダルスはここで、ソヒョンを本当に大切にして欲しいと、想いを告げたかったはず。

キム理事夫人が、ダルスとの映像を義母に見せた件、これで
「おかげで目が覚めたわ。裏でコソコソするなってことよ。」と、怒るソヒョン。

キム理事は、ダルス自宅待機処分の件を、社長が許可しなかったから、叩けば埃は出るはずだから、計画を練ろうとジュンヒョクにいう。
ダルスのスキャンダルを作ろうと、キム理事の指示で考えるジュンヒョク。

ソヒョンが突然、ダルスとジエに冷たくなり、「何か、失礼なことをした?」と、気になるジエ。
ソヒョンは、ダルスを守るためにダルスとも距離を置き始めてる。
それを知らないダルスとジエ。

ボンスンの策略、65万で絵を購入するハメになったジエ。
チャリティオークションね。代金をまた、テジュンに借りるのかも。

指輪のお金は10回払いで返済したが、入院費は払っていないとテジュンは、借用書を書いてジエにサインを要求。
利子が欲しいとテジュンだけど、本音はこれを理由にジエに会いたいだけ。

テジュンを無職だと思っていたジエは、悪徳高利貸しだと思ってるみたい。

ダルスは知り合いに誘われ、高級クラブで飲む。
翌日、ダルスのカバンから小切手が出てきた。クイーンズフードとの契約を望む企業からの小切手であり、
「オさんは賄賂を受け取った。」と、言われてしまう。

家で落ち込むダルスを、明るく励ますジエ。

「夫がワイロを受け取った?」と、主婦連中から聞いて驚くジエ。
社長夫人も、ダルスの本性を見抜いたから、突き放したと言われる。

「何も知らないくせに、勝手なことを言わないで。ワイロなんて受け取っていないわ。」と、ジエ。

ソヒョンを見かけ「奥様、お願いです。助けてください。バカ正直の夫がぬれぎぬなんです。ワイロを受け取ったと言われてます。」と、ジエに
「それで?迷惑だわ。もう、私に近づかないで。」と、ソヒョン。

ソヒョンは義母に「望みは何でも、いうことを聞きます。彼を助けてください。」と、頼む。

ダルスを叩くソヒョンは
「奧さんに助けてと言わせたわね。人前であんなことを言わせるなんて。先輩を好きだといったからって助けると思った?・・・少しは私の立場も考えてほしいわ。」と、いう。
「誤解だよ。何があろうと、君の力は借りない。放っておいてくれ。」と、ダルス。
目撃するジエは驚く。

「誰を好きですって?・・誰が誰を?」と、ジエ。

続く・・・

ソヒョンは義母に、何でもするからダルスを助けて欲しいといいました。そしてこれをいう時、そばに男がいたので証人でしょうね。
ソヒョンが、社長夫人として「ダルスを切った」と、態度をみるための。

本音はダルスを助けたいから、何でもするとソヒョンです。でも、それでジエがその気持ちを知ってしまいました。
拙い文を読んでくださり、ありがとうございます。最終話まで視聴しながら書いて行きますね。

現在、ドラマ視聴は日本のを入れて10本以上、レビューを書いてるのは8本です。
多忙なため、間違いも多いと思います。大体の雰囲気で読んでくださると嬉しいです^^;

サントラ



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。


関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌