イ・ミンホ 韓国版「シティーハンター in Seoul」1話あらすじ

原作は日本の北条司さんの漫画です。設定も似てるようですがストーリーは違うようです。復讐ドラマなのかしら。アクションもこなす花男の美しいイ・ミノ君は本当にステキです。内容もとても迫力あり面白そうです。
初回の視聴率は10.5%です。

イミノ

キャスト
イ・ミンホ     (イ・ユンソン)
パク・ミニョン   (キム・ナナ)
イ・ジュニョク   (キム・ヨンジュ)
キム・サンジュン  (イ・ジンピョ)
チョン・ホジン  (チェ・ウンチャン)


1話

1983年10月9日、ビルマ。
大統領が参拝予定のアウンサン墓地で爆発事件が起きる。この日、生まれたイ・ユンソン (イ・ミンホ)。

「今回のアウンサンテロは、祖国の名前で戒めることに決定した。」

「”自分らは北朝鮮軍で、偵察局特攻隊所属で任務は大統領を殺すことだ” とは。これは宣戦布告だ。我々が無反応なのは国家の恥です。」と、話し合い攻撃を決意する。
この5人が鍵、五人会でしょうね。

「計画は?」
「この国で5人しか知らない計画だ。大統領も知らない。平壌市に潜入、30の北朝鮮将軍の首をはねることだ。」

計画を聞くイ・ジンピョは、子供が生まれたばかりのユンソン父・ムヨルにはやるなと、いう。自分がやると。

赤ちゃんを抱くパク・ムヨル。妻はギョンヒ。イ・ジンピョは独身。
「必ず、戻る。俺たちの息子の元へ。」と、ジンピョと一緒に任務に向かうムヨル。

爆発の専門家、イ・ミング中佐、速射拳銃の専門家、ソン・ホヨル中佐、短剣術の一人者、パク・チェグォン下士を召集。

北朝鮮に潜入後、大統領は武力対応しないといわれ、直談判するとチェ・ウンチャン。
しかし、「韓半島を含んだ韓米日三角防衛体系を、白紙化させるというのは米国の立場です。」と、言われてしまう。

駐米大使、安全企画部長、国防部長官、財経部長官らは大統領の意見で武力対応しないと言い出す。
送り出した部下の命を・・と、ウンチャンも仕方なく決意。
21人の命を犠牲にしないと、より多くが犠牲になるといわれる。

迎えに来た潜水艦めがけ、泳ぐ21人は次々と、潜水艦にいた男に撃ち殺されてしまう。
「ギョンヒと子供を頼む」と、ムヨルは命がけでジンピョを守り亡くなる。

「味方なのになぜ?」と、思いで見てたジンピョですね。ムヨルが助けてくれなければ、危なかったでしょう。まさに裏切られたのです。

「全員死亡?」と、報告を受けるチェ・ウンチャン。
書類は焼却、全員住民登録を行方不明で抹消するという。

ジンピョに脅され「我々は、21人の命より核で守るという米国の約束を選ぶしかなかった。すまない。」と、チェ・ウンチャン。
「我々は祖国のために命を終えても、政権のために命を捧げることは出来ない。」と、ジンピョ。

「祖国が裏切った20人の命、必ず受け取りに来る」と、メモを残し去るジンピョ。

21人ではないと、20人なのだと生きて戻り、チェ・ウンチャンを殺すつもりが、邪魔がはいり出直すとジンピョです。

「ムヨルは死んだ。赤ん坊は私が連れてきちんと育てる。この子がいると、君は幸せになれない。新しく出直せ。」と、メモを残し、赤ん坊を連れて逃走のジンピョ。
哀しみで泣き叫ぶギョンヒ。

「ムヨル。子供はパク・ユンソンではなく、イ・ユンソンとして育てる。俺は最も、残忍な復讐をする。それが俺の生きる唯一の理由だ。」と、写真に語るジンピョ。

10年後
東南アジア北部、ゴールデントライアングル地域。

イ・ジンピョ

ボスの子供として、厳しい特殊訓練を受けるユンソン。写真だけでも、母がほしいと言葉に、想い出の写真を破るジンピョ。
写真のギョンヒを「僕のお母さん」と、大事に思うユンソン。

ここでは「プチャイ」と、呼ばれてるユンソン。

街の賭博場でおじさんを助けるユンソンは「初めて韓国人をみた」と、アジトに連れ帰る。
絶対、外部の人間を連れて来てはいけない。見つかれば即、死に繋がるとジンピョは激怒する。
「殺されそうな人を放っておけない。それも韓国人だ。」と、ユンソン。

調理をしてたというので作るペ・シッチュン。
逃げれば殺すと、料理だけ作るよう指示するジンピョ。シッチュンが持ってた写真、キム・ナナを見て可愛いと喜ぶユンソン。

イ・ミンホ

ユンソンを育ててくれた女・ムワンスリの夫が、麻薬を持ち出し逃走。家族も罪を・・と、ジンピョに
「ターゲットだけ撃つ。許してあげて」と、標的だけを撃つユンソン。
厳しい掟を守るジンピョです。

何者かがアジトに乱入、反撃するユンソンを守ろうと、ムワンスリが撃たれて亡くなる。
「皆殺しにしてやる!」と、男たちを追うユンソンは 地雷を踏んでしまう。足をどければ爆発する。

「理性を失った瞬間、家の庭に設置しておいた地雷を踏むこともある。シッチュンを助けた時、奴らの芽をつぶすべきだった。芽を残せばお前が死ぬ事になる。」と、ジンピョ。
ナイフを入れ、ユンソンを庇い地雷で足を失うジンピョ。
シッチュンを追ってた連中だったのかも。

自分の左肩にある傷跡を切れと指示、
「俺の話を聞け。17年前、祖国に裏切られた20人の命・・お前の実の父親だ。」と、ユンソン父のムヨルが、ジンピョをかばい撃たれた弾が、ジンピョの左肩に命中。
「生きる理由は彼らへの復讐だ。」と、知るユンソン。

「ユンソン、お前は生きて・・お前の父と俺の敵の心臓に・・弾丸を撃ち込め。」と、ジンピョ。
「・・それで・・俺に過酷な訓練を?・・復讐をしろと・・?」と、ユンソン。
意識を失うジンピョ。

「俺の父を殺したのは誰ですか?」と、聞くユンソン。
「5人いる。」と、ジンピョ。
「5人を殺せば、父さんと俺は誰も知らない所でもう一度、幸せに暮らせますか?・・母さんは・・・生きてますか?」
「生きてる・・」

「俺はこれから変わる・・それが運命だ・・」と、ユンソン。

7年後、韓国
到着するユンソンに「最初に捜すのは、五人会のイ・ギョンファンだ。米国での生活は忘れろ。その代わり・・お前の父の死は忘れるな。」と、電話が来る。
あれからアメリカで暮らしてた様子。

シティーハンター

「誰も愛するな。お前の正体がばれれば・・お前とその周りは血で染まるだろう・・」と、ジンピョの言葉。

続く・・・

過酷な運命ですね。ユンソンはこれから、本当に復讐するのでしょうか。
実の父は五人会に裏切られ、ジンピョだけがユンソン父・ムヨルのおかげで生き残りました。復讐するべきと、訓練させたのでしょう。ただ、ユンソンは純粋な感じです。
だから、育ての母のようなムワンスリを殺され、理性を失い地雷を踏んでしまいました。
怖い世界です。

自分を命賭けて助けてくれたムヨルの息子、これを命賭けで守るジンピョです。男の世界ですね。

全20話なのかな。「アテナ 戦争の女神」のように書いていきます。これもまた、友人のおかげで視聴、あらすじを書く事が出来ます。
○さん、本当にいつも感謝しています。
キャプするつもりはなかったけど、あまりに美しいミンホ君です♪

他のドラマレビューも今、8本あり超多忙です。見たいのが沢山あって、身体が持たないかも^_^;
早くは書けないけれど、マイペースで更新していきますね。
良かったら、読んで下さると嬉しいです。

シティーハンター in Seoul DVD-BOX<シンプルBOXシリーズ>
シティーハンター in Seoul  DVD-BOX<シンプルBOXシリーズ>
エスピーオー 2014-05-23
売り上げランキング : 324


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌