マイ・プリンセス 最終回(16話)あらすじ

普通の女子大生が皇女に?と、夢のようなラブストーリー。相手はイケメン財閥の御曹司、外交官のヘヨンです。可愛い2人に癒されてくださいね。笑顔がステキなスンホニの魅力にハマるでしょう♪
評価は★★★です。

マイプリンセス

出演 全16話
パク・ヘヨン   (ソン・スンホン)
イ・ソル     (キム・テヒ)
オ・ユンジュ   (パク・イェジン)
ナム・ジョンウ  (リュ・スヨン)
イ・ダン     (カン・イェソル)
コニ       (イ・ギグァン)
キム・ダボク   (イム・イェジン)
オ・ギテク    (メン・サンフン)
パク・トンジェ  (イ・スンジェ)



最終話(16話)

2年後
免許が取れないので、自転車で大学に通うイ・ソル。
護衛は大変なの^_^;

ユンジュは大学で、「文化遺産の管理と博物館」をテーマに講義。
欠席が多いソルは落とされたのね。
「大学院を卒業出来ないかも。」と、いう。ユンジュは大学の講師になった様子。

「ヘヨン博物館に詳しいから、講義をうけるのよ。」と、ソル。
ヘヨンは外国暮らし、ソルのせいで父親のように放浪していると言うユンジュ。
「あなたのせいで帰国出来ないのよ。」
「違うわ。」と、ヘヨンは父親とは正反対の人生だというソル。
「外交官として、公務遂行中よ。あなたの負けよ。」と、言うソル。

ユンジュと会いたくないけれど、ヘヨン博物館を守りたいので、講義を受けてるのね。今、ヘヨンは外交官で仕事中みたい。

ソルは宮殿を一般公開するので、市民が見学に来る。
やだ、日本のツアーみたい^_^;

ソルの誕生日、ヘヨンからではなく他の国の王子から、続々とお祝いが届く。
あれから正式に皇女となったソルなのね。つまり、投票で皇室を再建したってことでしょうね。

撮影中、サプライズで誕生日お祝い。ケーキのロウソクを消すソル。
マスコミの質問に「韓国料理と韓国の美しさを・・世界に紹介する内容でした。」と、ソル。
皇女として公式行事をこなすソルは多忙。

ヘヨンから、電話もメールも来ないので怒るソル。
髪型が変わり、大人っぽいわね。
また、運転免許の試験に落ちる。

亡くなった会長の遺灰をまいた川に「彼にとても会いたい・・ヘヨンさんをください。」と、語るソル。

「祖父の日記はイギリスの王室博物館にあるから、取り戻したいのです。」と、連絡を取り続けるソル。
諦めるなとジョンウ。

運転の練習中、現れるヘヨンに驚き
「もう、どこにも行かないで。」と、抱きつくソル。
「仰せのとおりにします。皇女さま。」と、笑顔のヘヨン♪

「他の人の贈り物と一緒になる。」と、理由で誕生日にプレゼントを贈らなかった・・と、ヘヨンに呆れるソル。
「今年、27才だな。結婚適齢期か。相手はいるのか?」と、聞くヘヨンに機嫌悪いソル。
でも、ヘヨンはちゃんと指輪を準備してるの(#^.^#)

指輪を見るも、知らない顔でとぼけるソルはニコニコ笑顔♪
サプライズを待ってるのよ。

大統領と話すヘヨン。
「皇女と結婚するのか・・やめろ。結婚すれば、脱税のために皇室を利用したことになり・・パク会長の意志が誤解される。国民投票を行った私も非難される。」と、言う大統領。

大統領は出世コースだから、ワシントンに行けと言うのよ。非難されたくないから、ヘヨンとソルを引き離してるつもりなのだわ。

「皇女の男で終わるのか・・」と、大統領の言葉で考えるヘヨン。

ヘヨンから、大事な話があるといわれ、「プロポーズ?」と、大喜びのソル。
仕事で多忙のヘヨンに、文句を言うソルは号泣・・の演技。別れようとまで言い出すので、機嫌取りのヘヨン。

「皇太子の日記を取り戻せる。だから、別れるのは撤回だぞ。」と、ヘヨンに喜ぶソル。
向こうは、交渉人にユンジュを指名してくる。

「先生が必要なんです。理解も許しも出来ないけれど、1つだけ認めてることがあるんです。自分の分野ではプロだということ。・・・イ・ヨン皇太子の日記が英国の博物館にあります。返還させたいんです。手伝ってください。」と、ユンジュに頼むソル。

1度、断るも協力してくれる。無償で貸与の通知が届く。

ニュースで、「皇太子の日記が皇室に戻ることになりました。イ・ソル皇女の努力により、永久貸与の形で・・・事実上、返却されることが決まったのです。」と、流れる。
皇室は文化財の回収を続けるとニュース。

「風船なんて演出はいらないから、指輪を・・見ちゃったの。」と、ソルに
「・・結婚の催促か?」と、ヘヨン。
「いけない?いつかは結婚するでしょう?・・嫌いになったの?」と、ソル。
「嫌いになれば・・つらくない。」と、ヘヨン。
姉のダンが見つかったと報告が来る。

狭い部屋のダンと大げんかするソル。すべてを奪われかけたと、殴り合い。
「司法試験に受かって成功する。」と、強気のダン。
未だ、家に戻らないダンなの。
母には、「姉は就職して元気よ。」と、告げるソル。

2年、コンを追ってたミソは恋が成就する。
コンの方が年下なのよね。尚宮ね。

エジプトに行くと、ジョンウに告げるユンジュ。
この2人もラブラブ。

「今しか時間がない。明日、出発する。・・結婚しよう・・今。」と、言うヘヨン。
「今・・?」と、驚くソル。
立場を考えてと、多忙なソルは怒ってしまう。
突然なので行事が沢山あり、混乱するのだわ。お互いを求めてるのに。

翌日、1人飛行機に乗るヘヨンは ソルを探すも来ていない。
座ると隣の席にいたソル。

「求められてるから。それに・・わたしも求めているから。どこにも行かせないわ。13時間、デートできる・・どうしよう、何がしたい?」と、言うソル。
「まず、これだ。」と、キスするヘヨン。
ソルもキスする・・・

--------完---------

あ!終わっちゃったわ。
この16話で終わりは知ってたけど、このキスシーンで終わるとは。長い長いキスなのだけど、ソルの方が積極的でいい♪
ずっと、会いたいと願い、頑張って公務をこなしてたのだから、これは愛情表現ですね。
ラブラブな2人で本当に良かったです(^^/

スンホン氏の優しい笑顔が大好きです♪
ヒロインも可愛いイメージになり、この役をやって良かったキム・テヒさんだと思います。ソルはやはり、皇女なのでした。

最後まで読んで下さった皆さん、応援も本当にどうもありがとうございました。
沢山、色々なドラマをここと、本宅ブログ・韓ドラの奇跡でも書いてます。(リンク欄にあります)
台湾ドラマもあります。
遊びに来てくださいね^^♪

マイ・プリンセス 完全版 DVD-SET2マイ・プリンセス 完全版 DVD-SET2

ジェネオン・ユニバーサル 2011-08-03
売り上げランキング : 483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
私はイ・スンギが1番好きな
韓国ドラマ暦3年の中2です。

今私は『マイ・プリンセス』と『メリは外泊中』を見てます。
チャン・グンソクは初めてではないのですが、ソン・スンホンは初めてです。

いつも正確なあらすじを
ありがとうございます。
これからもどんどん更新をお願いします!
凪さん URL 2011年07月25日 00:21:11 編集
No title
初めましてm(__)m 只今マイプリンセスを視聴中です、第6話の助教授とソルが食堂でご飯のシーンがあるのですが、その後ろにチェジウらしき女性が食事するシーンが有ります… 韓流で色々調べたんですが謎のままで( ;∀;)こちらのあらすじ園さんがお詳しそうなのでコメント入れさせていただきましたm(__)m
どうしても気になるのですが…(・_・;)教えていただけますか~m(__)m
ゆきこ URL 2015年05月07日 18:34:38 編集
ゆきこさんへ
初めまして。
このドラマ、好きで詳しく書いてる作品でした。
でも、残念ながら覚えていません(^_^;)
ごめんなさいね。

たぶん、気が付けば記事に書いてるはずです。
ジウさんが出演したのなら、話題にもなったはず。その記憶もありません。
お役にたてなくて^^;
ルッカ URL 2015年05月08日 16:54:50 編集
No title
こんにちは~。
御丁寧にお返事をありがとうございます~m(__)m
その場面の女性が不自然に思えもしや、ジウ⁉と…
また訪問させていただきますねっ(^_-)-☆
ゆきこ URL 2015年05月22日 09:50:14 編集
No title
詳しいあらすじをありがとうございました。ドラマではちょっとわかりにくいところもあるので、こちらで予習復習ができて楽しめました。私は6年前くらいから韓国ドラマを見始め、「トンイ」「華麗なる遺産」「復活」「薯童謡」が特に気に入って、男優ではイ・スンギ、オム・テウン、チョ・ヒョンジェがベスト3だったのですが、この5月にBS11で「夏の香り」を見て、ソン・スンホンさんにすっかり嵌まってしまいました。「秋の童話」より「マイ・プリンセス」のほうがいいですね。
ルッカさんの「夏の香り」の感想が是非読みたいです。勝手なことをごめんなさい。
ミナママ URL 2017年07月22日 06:48:09 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌