カムバックマドンナ 私は伝説だ 6話あらすじ

「頑張っていきマードンナ!」と、ステージに立つソルヒたちでした。これで違約金も解消ね。バンド演奏がちゃんと、聴きたいわ。

全16話
キム・ジョンウン、キム・スンス、イ・ジュニョク、チャン・ヨンナム、ホン・ジミン、ヒョン・ジュニ、チャン・シニョン


6話

男にジウクを、確実に倒せる証拠があるといわれるソルヒ。
不安になり、ジウクにこれを告げ、「危険な男かも。」と、警告するソルヒ。
「俺は負け知らずの弁護士だ。恨んでるやつは多い。」と、笑うジウク。

ラニがマネージャーと話してるのを聞いて、ギターはライブ当日、壊されたと知るソルヒたち。
泣いて、「私を信じて。そんなことはしない。」と、逃げるラニ。
ファジャたちはもう、ラニの計画と分かって怒っていた。

アルムは、旦那のミンギが逃げてしまい子供のゴンを、弟と嘘をついて練習に連れて来る。
「恥ずかしい。」と、アルムの思い。

1人では勝てないから、コ弁護士に頼むべきというテヒョン。

コ弁護士に男が、ジウクを倒す証拠を持っていたと、相談するソルヒ。恨みがある場合、危険だと忠告するコ弁護士。

ジウクの事務所に小包が届き、中にはジウクとスンヘが、ホテルで抱きあってる写真、動画もあった。
驚く2人。
送り先は、ソルヒに証拠があると声をかけた男、パク・キチョル。

コ弁護士が、ジウクの財産を調べると、70億ウォンほどあるので、妻のソルヒの取り分は30億ウォンあるという。
「お金が目当てじゃないのよ。」と、ソルヒ。
「訴訟を起こすなら、相手を知ることだ。たった5億ウォンで済まそうとしたんだぞ。」と、コ弁護士。
最初のジウクの提案、5億ですますつもりだった。もっと、取れるといわれる。

ソルヒに、「パク・キチョルは、暴力をふるう危険な男だから関わるな。」と、合わないようにいうジウク。
あの証拠を出されたら、完璧に負けるからね。

ソルヒが知らない別荘、ヤンスリにテヒョンと向かう。
スンヘと一緒にいるジウクを目撃するソルヒと、テヒョン。

続く・・・

2人が同時にお互いのパートナーを見てしまいました。
テヒョンは離婚してますけどね。
ソルヒがパク・キチョルと、知り合い?と、すごい証拠を持ってる男なので、警戒するジウクたちです。
隠し財産が相当、あるジウクでしょうね。

これより、台湾ドラマ「結婚って、幸せですか」の方が面白いです。BS放送で始まったばかりです。
まだ、2話なので追いつきも大丈夫。本宅ブログ・韓ドラの奇跡で書いてます。
「逆転の女王」も面白いですね。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌