カムバックマドンナ 私は伝説だ 7話あらすじ

カムバックを決意するマドンナバンドです。離婚の話が多いのでバンド演奏はまだ、フルで聞けてないかも?イ・ジュニョク氏をもっと、見たいわ。アルムはいつのまに、旦那が戻ったのかしら。

全16話
キム・ジョンウン、キム・スンス、イ・ジュニョク、チャン・ヨンナム、ホン・ジミン、ヒョン・ジュニ、チャン・シニョン


7話

ジウクと別荘にいた女は自分の元、妻だというテヒョン。
残忍なスンヘが、ソルヒを傷つけると思い心配してたの。

ラニと一緒に撮った番組を見るメンバーは、ラニがメインで悔しい思い。
自分たちも、復帰しようと「カムバック・マドンナ」と、バンド名を決めて再スタートを決意する。

嫁だったソルヒが、TV出演で恥ずかしい思いをするジウク母は激怒。

ソルヒに証拠を持って来た男、パク・キチョルに会うジウク。
「謝罪しろ」と、新聞に謝罪文を載せろとキチョル。お金で片付かないので、苛立つジウクは警察に通報。
訴訟で過去、ジウクにやられ無一文になった男なの。

裁判で義母が証人に立つ。
「あなたを娘のように思ってた。嫁として完璧にしたかったのに・・この酷い仕打ちはなぜ?」と、姑として残念だと泣く。
冷たくしたのは嫁の教育というのよ。

警察に追われるキチョルは、ジウクをトラックで殺そうとするが失敗。刑務所へ。
軽症のジウク。

スンヘに、「なぜ、ソルヒに関わるの?」と、聞かれるテヒョンは
残忍なスンヘから、守りたいという。
「ジウクさんとは、あなたと会う前から知ってたわ。」と、親しいことを認めるスンヘ。

ジウクとスンヘは、パク・キチョルの持ってた証拠映像をソルヒに渡したか?と、これが気になる。
テヒョンが、コ弁護士をソルヒに紹介したと知るジウクたち。優秀な弁護士だという。

「パク・キチョルが、ジウクを殺そうと?」と、思うコ弁護士は有利な証拠と思い、面会する。
キチョルの持ってる証拠を利用する気になったの。

ソルヒは別荘の管理人の証言を出すが、すでに解雇されてる人であり、「恨んで嘘を・・」と、いわれてしまう。
ソルヒが別荘に来たことを知り、クビにしたジウクでしょうね。

義母の証言で動揺するソルヒ。
アルムが、コ弁護士からの情報を渡すので休廷を要望する。

続く・・・

アルムが持って来た情報、これはコ弁護士が、パク・キチョルから得たものだと思います。
証拠の映像、ジウクとスンヘがホテルで抱きあってる映像、これを出されれば負けるジウクたちでしょう。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌