『シンデレラのお姉さん』20話(最終回)あらすじ

ガンスクを演じたイ・ミスク、キム・ガプスと素晴らしい演技で泣けた韓流ドラマです。ムン・グニョンがとても大人に見える作品でもあり。ソウの悲しみの叫びも良かったです。

シンデレラのおねえさん

全20話ネタバレあらすじはここをクリックして下さい。



最終回(20話)

ウンジョは車の上で絵を描くの。
これはきっと、未来の自分たちの家でしょう・・。
「こんな感じ・・・ 10年後にはこんな家を持てるかしら・・・そしたら、お母さんも一緒にくらして・・ヒョンソはもう、その頃は結婚して家にはいないでしょ・・」と、ギフンの父が逮捕なのを気遣い、自分たちの将来のことを話して・・雰囲気をやわらげるウンジョ。

ギフンとウンジョ


ギフンは落ち着いた声で
「ああ、俺もこんな家がいい・・。」

静かな時間の2人でした。父の逮捕で動揺してるはずのギフン。そんな彼は意外にも落ち着いてて。ウンジョの心配も無用なほど。
ヒョンソにも、すべてのことを話すとギフン。
もう、ウンジョの時のように誤解させたくないというの。

デソン都家
工場に人を集めるガンスクとヒョンソ。

従業員たちにシャツを配り
「これでみんな、これからも頑張ってほしい。」と、いう。今はあまり、儲かっていないデソン都家。
デソンがいない今、ガンスクは本気でデソン都家を守るため、リーダーとなっている。昔のように儲かってるデソン都家じゃないけれど、立てなおすと、張り切るガンスク。

ガンスクはヒョンソの叔父を呼び出す。これにびびる叔父。
「大丈夫よ。叔父さん・・心配しないで・・」と、ヒョンソ。

ガンスクに呼び出されたら?やはり、怖いと思うわ。

ヒョンソは戻って来たウンジョとギフンを見る。
笑顔で挨拶するギフン・・すると、ギフンを呼びとめる男たち。
「ホングループの社長が逮捕されてます。知ってますね?」と、ギフンの口座に怪しい入金があるという。

驚くウンジョはギフンを心配・・・
「どういうこと・・?」
「大丈夫だから・・」と、ギフンはすべてをヒョンソに話してほしいと頼む。
相手は検察官のもよう・・・事情次第で戻れるだろうと思うギフン。

ヒョンソはそんな2人をみつめて・・何かを感じるのだけど・・とてもふたりの間にははいれない。
車で連れて行かれるギフンを追いかけるウンジョ。
「待って・・」と、叫びも虚しく車はさってしまう。

もう、大丈夫!と、思ってたのにまさかの展開。ギフンの口座に入金が?知らないようすのギフンだから、すでにギジョンが巻き込もうと計画してたのかも?

デソン都家
ガンスクの部屋にいくヘジンは怖くてがくがく。
「ぼやっとしてないで座りなさいよ。」と、ガンスクの一声でびびりまくり。

ガンスクにとって、このヒョンソ叔父は目の上のたんこぶ。
最初から、ガンスクを嫌い文句をいいつづけて。

おまけに親戚中に、チャン氏とあってるガンスクのことまで言いふらしてた。
これを気分悪いガンスクと、ガンスクが怖くてたまらないヘジン。

ガンスクとしては、このヘジンがとても目障り。
でも、ヒョンソの叔父だから追い出すわけにもいかない。うるさい親戚の目もある。これでヘジンに結婚をすすめるガンスク。

「ええっっ?け、結婚なんて・・相手もいないし・・そんな俺なんか・・」と、とんでもない話に驚くヘジン。

ガンスクは1枚の写真をだして・・・すごくキレイな女性の写真。
友達の妹と説明を聞いてるのか・・聞いていないのか・・ガンスクにびびり、写真すらも、みようとしないヘジン。
ガンスクに怒られ、写真をみると・・・すっかり写真の女性に夢中なヘジン(笑)
もう、ガンスクの言葉も耳にはいらない。

ヒョンソにギフンのすべてを話すウンジョ。
驚くヒョンソは信じない。

「・・・うそでしょ?・・まさか?あのギフンお兄さんが裏切るわけないわ。
パパを騙すですって・・・?あり得ないわ・・・。
うそよ、全部うそだわ。信じない。どうしてそんなこというの・・・お姉ちゃん・・あの手紙を隠したせいでそんなことを・・?・・私がずっと、好きだった人よ。パパを裏切った人とは思えない。そんなこというなんて酷い・・」と、激しく動揺のヒョンソ。

「あなたが現れてからずっと、あなたは私の人生がどれだけ変わったか、知ってる?お父さんの視線はあなたへ行って・・最後まであなたを見ていたわ。
私のお父さんなのに・・お母さんの愛もウソだと知って・・お父さんを裏切ってたこともわかった・・私が継子だからって・・・」

ヒョンソは泣き出してしまい・・ウンジョたちが来てから、父を自分だけのものに出来なかった。父がガンスクとウンジョを家にいれたから、自分は1人になってしまって寂しかったという。
継母ガンスクが、父を裏切り男と会ってたことも知り、ショックだったけれど、母が大好きとヒョンソは追い出すこともできない。

そして・・「ギフンお兄さんを悪者に・・?」

ウンジョの言葉が信じられないヒョンソ。
これはギフン本人から聞いた方が良かったわ。

ウンジョの言葉に驚き、家を飛び出すヒョンソは走って逃げる。
追いかけるウンジョ。

ヒョンソとギフン

ずっと、好きだったギフンを思い出すヒョンソ。父デソンの死でも、抱きしめてくれたギフン・・ずっと、自分を見守ってくれてたギフンが・・?と、声をだして泣き出すヒョンソ。

まだ、いうべきことが残ってるウンジョ。

「お姉ちゃん・・パパがいってたわ・・
ギフンお兄さんは・・繊細なガラスのようだって。すぐに割れて壊れてしまう・・もろい人だから、ちゃんと守ってあげないといけないって。
でも、私は甘えてばかりだった。パパはギフンお兄さんを守ろうとしてたの・・・でも、死んじゃったから・・
パパがいれば、ギフンお兄さんはこんな目にあわなかったと思う。どこにも行かないようにいってくれる・・?」と、ヒョンソ。

「結局・・おとぎ話は私にとって都合のよいものじゃなかった・・甘く美しいおとぎ話のような世界・・・それは私が持つことが許されないものだった。
私はこの世界を自分のものにしようとしない・・」と、ウンジョは想う。

この言葉でウンジョは「やっぱり・・私たちがこの家に来たからこの子は・・」って思ったでしょう。

取り調べをうけるギフンは、あやしい入金疑惑について否定する。
「父は・・どうしてますか?会えないでしょうか・・?」と、ギフン。

謎の入金はきっと、ギジョンの悪巧みだと思うし、知らないことをハッキリいうギフン。こんな状況でも父を心配している。

ギフンが心配なウンジョは電話で聞いてみる。
でも、いいたいこともいえず・・ギフンの言葉「もどってくる」を信じようと思う。この家で待っていよう・・ギフンの言葉を信じよう・・と、ウンジョ。
「もどってくる・・」と、ギフンなのだから。

デソン都家を出る決意のジョンウはジュンスに、野球のバットを持ち出し、ボールをなげるようにいう。
けれど、やる気のないジュンスのボールはとどかなくて。やっと、ジョンウの本気で投げたボールは・・大きく飛んでいって。
ジョンウの気持ち・・ウンジョへの思いを吹っ切ってくれる。
野球のバットは湖に落ちてしまい・・

ここは野球のボールを、自分の気持ちに例えるジョンウでしょうか。
やる気ないジュンスなのだけど、ジョンウの最後の願い・・これでウンジョへの思いを断つつもりなんだと思います。

父と会うギフンは
「僕が大好きなウンジョと一緒に待ってます。一緒に暮らしましょう。お父さんがここを出られるまでずっと、いつまでも待ってます・・・僕の手を握っててください・・。」と、ギフンの言葉に感激で涙を流す父。

ウンジョはヒョンソから、
「ギフンお兄さんに会いにいくの。だから、一緒に来て。」と、いわれる。
そんなヒョンソにウンジョは
「ねえ、もし・・私が・・」と、いいかけてやめてしまうウンジョ。

「もし、私がしたいことをしたら・・どうする? ううん。やっぱり言えない。この子は私たちが来て・・すべてのものを失ってる。ぜんぶ、私が奪ってしまった・・それなのにしたいことなんて・・いえない・・」と、ウンジョ。

自分の幸せをあきらめてしまう?ウンジョ母子が来て、ヒョンソはすべてのモノをウンジョに奪われて傷ついて傷だらけ。
それなのに大好きなギフンを奪っただけでなく、一緒に暮らすことなんていえないと、思うウンジョでしょうね。

「いいわ。明日、一緒にいきましょう。」と、ウンジョに笑顔で
「ありがとう・・」と、ヒョンソ。

ヘジン叔父さんから、ジョンウの手紙をうけとるウンジョ。
「姉ちゃん・・俺の中ではずっと、かわらない。姉ちゃんが俺にとっての最初で最後の女だ・・・姉ちゃんが・・誰を好きでもこの気持ちはかわらない。
いつでも呼んでくれれば、俺はいくよ。」と、読んであとを追うウンジョ。

ジョンウはバス亭にいた。

ジョンウの別れ

待って。ジョンウ・・・」と、呼んで走るウンジョをみて
「なんで走るんだ?息が切れるじゃないか・・」と、ジョンウ。

「どこに行くの・・?行くとこなんてないでしょ?家に帰りましょ。」
「大丈夫さ。行くとこはあるよ。」

ずっと、自分を見守ってくれてたジョンウ。あの日もそうだった。幼いジョンウと別れた日も・・いつも自分のことを思ってくれたのに・・
何もしてあげられなかった。やさしいやさしいジョンウがいなくなるなんて。

「行かないで・・」
「俺は決めたんだ。幸せになってくれよ・・1度、こうして抱きしめたかった。俺が行ったらお前は怒るだろう?殴るか・・?」と、ウンジョを抱きしめるジョンウ。

「俺が必要な時は言ってくれ。すぐに駆けつけるから。」
「行かないで・・」
「たとえ、姉ちゃんがどこにいても・・・俺は姉ちゃんといる・・」
そして・・ジョンウはバスが来て行ってしまう。寂しくてショックのウンジョ。

兄弟のようなウンジョとジョンウ。
ジョンウの気持ちに応えてあげることはできなかったけど、できればずっと、一緒にいたかった。ウンジョを心から想ってくれる優しい子。
あの時、ご飯を当たり前のように作っていたころ。
ジョンウは、ご飯を作ってくれるウンジョをすっと、心に決めていた。

ウンジョは荷物をまとめてバッグにいれる。
デソン都家を出ようとすると電話が・・・ギフンだった。

「ウンジョや・・今から帰るよ。」

「・・・」

突然のギフンからの電話、驚くウンジョは言葉が出ない。

「ウンジョや・・ウンジョ・・聞いてるのか・・?・・会いたい・・」

「う・・ん・・」

愛するギフンの言葉を聞いて・・ウンジョは涙を流す。

「ウンジョや・・腹減ったよ・・」

「う・・ん・・」

ギフンの声で決心が鈍るウンジョだけど、デソン都家を出て行く。
1通の手紙を残して。

ギフンが手紙を読むと「ヒョンソをお願い。」とだけ。
ウンジョの行方を聞いても、知らないヒョンソ。ガンスクも居場所を知らない。
デソン都家を1人で出てしまったウンジョ。

ヒョンソを置いて、自分だけが幸せになれない・・と、デソン都家を出たウンジョでしょう。デソン都家に入ってヒョンソから、初恋のドンス、ギフンも奪い、
デソンの信頼と愛、デソン都家の地位も奪ったウンジョ。

ヒョンソはすべてもモノをウンジョから奪われてしまい、奪った罪悪感でデソン都家を出てしまったウンジョ。
ギフンと一緒に暮らして・・幸せになっちゃいけない・・って思うのだわ。

数ヶ月後
デソン都家は本調子で繁盛しているもよう。

ヒョンソとギフンは、ウンジョを探し続けている。
酵母の研究をしていたウンジョ。ヒョンソの友人から情報?「ク・ウンジョ」で研究室を探すも・・別人だった。ガッカリのヒョンソ、ギフンたち。

ウンジョがいなくなり、ヒョンソは本当に寂しい思いをしている。

ウンジョを探すギフンに
「ねえ、もしかしたらお姉ちゃんと何か、約束したの・・?」と、ヒョンソにイエスとギフン。
「早くいってくれればよいのに・・ギフンお兄さんは私をふったくせに・・酷いことばかり・・冷たいわ。本当のお兄さん(義兄)になるのだから・・・」と、ヒョンソは、ギフンとウンジョが結婚することを理解している。
それを感じたギフンは、ヒョンソの気持ちがうれしくて・・頭をよしよしする。

ヒョンソはちゃんと、2人のことを理解している。ウンジョが辛すぎていえないことも。ギフンとウンジョが結婚する・・一緒になることをわかってる。
ウンジョが言い出せなくても、それを感じてるヒョンソも大人になったのね。

「お姉ちゃん・・・会いたい・・」

「俺もだよ・・」

ヒョンソにとってウンジョは「大好きなギフンを奪った人」であるけれど、その前にもう、大切な家族であり、「ヒョンソの大好きなお姉ちゃん」なの。
これを実感したヒョンソの本音「会いたい」と、言葉でしょうね。
ウンジョが心配するようなことももう、なくて。
2人の幸せを認めているヒョンソ。

ギフンたちが探しにきた研究所。
オモ!ここにウンジョはいたのだわ。白衣を指さす男性だったけれど、あれは本物のウンジョの白衣だった。
誤魔化してくれた仲間だったのね。ウンジョはここで働いていた。

車にヒョンソを乗せるギフン・・研究所にいた男性が電話してるのを気にする。

デソン都家に戻るギフンは、ヒョンソからの電話
「雑誌に、お姉ちゃんの研究と似てる文章が見つかったの。」という。
これにピンと来るギフン!
研究所に戻る。出てくるウンジョをみつけるギフン。

ギフンに気がつき、慌てて逃げるウンジョ。
これは・・ギフンがホングループから解放された時と同じ位置。
道の向こう側にいるギフンとウンジョ。

「ウンジョや!待ってくれ。」と、ギフンの言葉に逆らい逃げるウンジョ。
車の急にとまる音!で、驚くウンジョはふりかえる。

隣にきていたギフン・・・驚くウンジョ。

ああ、良かった。まさか、ここで交通事故はないでしょう。

違う場所にきて。
「俺の気持ちを考えてくれなかったのか?会いたかった。ウンジョ!」と、ギフン。
「4つ目の言葉はなんだったの・・?」と、ウンジョ。
残したメモの最後の言葉。
あの時、終わればすべてを話す・・と、ギフンだったので、4つ目の言葉をきくウンジョ。

「4つめは・・愛してる・・」と、ギフン。

「パスのMMMって・・どういう意味なの・・?」と、ウンジョ。

4つ目の言葉は「Mi malo muchacha.」スペイン語で
「俺の不良少女」と、スペイン語の家庭教師だったギフンはこの言葉をいう。

ギフンはウンジョを抱きしめてキス・・

デソン都家は、ウンジョの酵母菌の研究のおかげで賞を受ける。
家族でこれを受けるウンジョたち。

ヒョンソとウンジョはデソンの書斎にはいる。
デソンの写真をみつめて
「パパの前で、何か報告することがあるんじゃない?何がいいたいか、わからない?」と、ヒョンソ。
言葉の意味を理解するウンジョ。

ギフンとの結婚でしょう。

「会いたかった・・寂しかった・・お姉ちゃんは私がいなくて会いたくなかった?」

「会いたかった・・寂しかった。」

シンデレラのおねえさん


そっと、抱き会う姉妹ウンジョとヒョンソ。

デソンの幻が現れて・・・2人の手の上に手をかさねる。

2人の娘たちを抱きしめるデソン・・

このデソンの温かさを感じるウンジョ、ヒョンソたち・・


----------完-------------

デソンの愛が姉妹の絆を深め・・形だけの家族を、本物の家族にしてくれたのでしょう。
ただ、このラスト@デソンのシーンは「幻」なので・・ソレっぽく映像にして欲しかったですねーー!なんか、不気味だったです^^;

ギフンのスペイン語「俺の不良少女」は直訳なので・・日本語にしたらもっと、簡単な言葉「悪いやつ」?みたいな感じだと思います。
英語レビューを訳してるので、正しい日本語じゃないです^_^;

ガンスクはもう、デソンの日記を読んでヒョンソの想いを知り、本当の愛を信じてた頃の自分を、思い出したのだと思います。
若いころはきっと、ガンスクもヒョンソのように愛すること、愛されることに憧れてたと思うんです。
でも、裏切られて・・何度も傷つき悲しんでいるうちに、愛を信じなくなったガンスクは、生まれた娘ウンジョを育てて「生きる」ことだけに、必死だったのだと思う。

そしてデソンと出会いまた、愛を信じることを思い出した・・愛する喜びを感じたガンスクでしょうね。愛に飢えていたガンスクだったから。

ウンジョもまた、ガンスクの「生きる」だけの人生から、デソンとギフン、ヒョソンから、愛されることで愛を教えてもらい・・愛すること、愛される喜びで嬉しかったでしょうね。
ヒョンソンはデソンに愛されて育ち、愛することをも信じて・・ウンジョとガンスクの登場で裏切られ、傷つきながらも成長して・・大人になったと思います。
ギフンもジョンウも、愛情深くてやさしい人たちでした。

このドラマはなんていうか、「韓流ドラマ」って、呼び方が正しいようなストーリーだと思います。
視聴当初、「誰かが死んでしまう?」と、どろどろな重いストーリーだと思ったんですけど、予想外に愛を描いてて・・まあ、デソンの死はあったけれど。
このデソンの死によって、ウンジョ、ヒョンソ、ガンスクたちが救われてったので・・必要な展開でしょうね。

良いドラマだと思いますね。
長い20話だったけど・・やっと!終わりました(*^^)v
最後まで読んでくれた方、本当にどうもありがとうございました。

OSTも映像もとてもステキです。

本宅ブログのを一部、移動させてます。リンク欄にあります。


2015/5
このブログでは現在、「パンチ 余命6ヶ月の奇跡」「マイシークレットホテル」「トライアングル」「キルミー・ヒールミー」「モダンファーマー」を書いてます。

「3度結婚する女」「美女の誕生」「運命のように君を愛してる」「夜警日誌」
「私はチャン・ボリ!」「ドクター異邦人」「ホテルキング」
「ミスコリア」「未来の選択」「エンジェルアイズ」
「ずる賢いバツイチの恋」「弁護士の資格 改過遷善」
「百年の花嫁」「3days」

「怪しい家政婦」「スキャンダル」「キレイな男」「グッバイマヌル 僕と妻のラブバトル」
「花たちの戦い 宮廷残酷史」「隣人の妻」「愛してもいいんじゃない」
「ナイン 9回の時間旅行」「主君の太陽」「太陽がいっぱい」

「相続者たち」「君の声が聞こえる」「秘密」「金よ出てこい☆コンコン」
「野王」「王女の男」「会いたい」「女王の教室」「私たち、恋してる」
「星から来たあなた」「グッドドクター」「男が愛する時」

「TWO WEEKS」「清潭洞<チョンダムドン>アリス」
「私の10年の秘密」「サメ 愛の黙示録」
「最高です!スンシンちゃん」「応答せよ 1997」
「九家の書」「追跡者(チェイサー) 」

「私たち結婚できるかな?」「私の恋愛のすべて」「チョンウチ(田禹治)」
「ゆれながら咲く花」「ネイルサロンパリス」「ザ・ウイルス」
「その冬、風が吹く」「オフィスの女王」

「蒼のピアニスト」「となりの美男(イケメン)」「I LOVE イ・テリ」「マイラブリーブラザース」
「いとしのソヨン」「妻の資格」「シンイ 信義」「棚ぼたのあなた」
「アラン使道伝」「メイクイーン」「アイリス2」「ビッグ」

「福寿草」「キムチ 不朽の名作」「赤道の男」「フルハウスTAKE2」
「太陽を抱く月」「優しい男」「ウララカップル」
「ゴールデンタイム」「ペクドンス」「ケベク」
「イニョン王妃の男」「紳士の品格」「ファントム」「キング Two Hearts」

「7級公務員」「ドラマの帝王」「ロマンスが必要2」「乱暴(ワイルド)なロマンス」
「アイドゥアイドゥ 素敵な靴は恋のはじまり」「愛の贈り物 My Blessed Mom」「ファッション王」
「神々の晩餐 シアワセのレシピ 」「シンドローム」

「マイダス」「光と影」「シークレットガーデン」
「ハイキック3」「結婚の裏ワザ」「お願い、キャプテン」「恋せよシングルママ」
「きらきら光る」など、多数のレビューは終わっています。

レビューはカテゴリか、レビュー済みドラマリスト(あいうえお順・ここをクリック)を見てくださいね。

「私の人生の春の日」「モンスター 私だけのラブスター」「ママ 最期の贈りもの」
KNTVで放送、レビューを予定しています。

本宅ブログ・韓ドラの奇跡もよろしくお願いします。
(「ファンジニ」「トキメキ☆成均館スキャンダル」など、過去のドラマはこちらにあります)
「奇皇后」レビュー中です。
http://donglove.blog39.fc2.com

DVD


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ 
ポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
面白かったです
ルッカさんへ
こんばんは。最終話まで飽きさせない面白いドラマでした。ウンジョ出て行っちゃうのにはビックリでしたがだからこそハッピーエンドで抱き合えたんでしょうね(またデソンさん出てきて驚きました)
ムン・グニョンちゃんもソウちゃん・チョン・ジョンミョン皆素敵な俳優さんですね。でもデソン役のキム・ガプスさんが一番かも(^O^)今までおじさん趣味では無かったんですが、デソンさんにははまりました。今後キム・ガプスさんが他のドラマで悪役していてもデソンさんを思い出し、良い人に見えるかも(-.-;)
ルッカさんの言う通りあんまりドロドロしてなくて、愛にあふれたドラマでした。
今回もルッカさんのあらすじを読んで楽しませていただきました 。

ではまたお邪魔します。
けいこ URL 2010年11月03日 02:13:42 編集
けいこさんへ
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

色々と、最後まで楽しめたドラマだと思います。
私もこんな風にハッピーに終わるとは予想も出来なくて。その分、わくわくと気になるストーリーでしたよね。
皆さん、本当に素晴らしい演技で初めて見る役者さんもいて良かったです。
デソン、本当にさすがの演技でした。
ラストであんな風に登場とは^_^;

ドロドロしてなくて嬉しいですよね。
やっぱり!ドラマはハッピーエンドが好きだと実感でした(^^ゞ
ルッカ URL 2010年11月03日 22:37:58 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌