「美男ですね(イケメンですね)」3話あらすじ

楽しいシーンが多い「美男ですね(ハンサムですね)」なんです。ジェルミ演じるイ・ヒョンギ君、シヌ演じるチョン・ヨンファ君、テギョンのチャン・グンソク君にもメロメロ?3人のイケメンドラマ♪

ジェルミの妄想も面白い?マネージャーとコーディネイターの会話も最高に笑える。ミナムたちの叔母キャラも特徴あり笑える。ミナムが女の子!と、バレたけどテギョンはミニョの真剣さ、一途な気持ちでメンバーにするのを納得、でも「いつまで持つか?」と、見てるようなテギョンですね。

美男ですね3


3話

ミナム

ミニョ(ミナム)は、テギョンから自分とコーディネイター・モディとの会話
「これで私が女の子と気づかないわ。」と、動画(携帯)を、見せられ
「気づいちゃったけど、どうする?」と、テギョンに愕然とするミニョ。

緩んでるサラシを「きつく巻かないと見られるだろう」と、指摘するテギョン慌てるミニョ。
「コ・ミナム、お前はもう、終わった。」と、テギョンを追いかけるミニョ、必死に自分の気持ちを言おうとする。これを見てしまうジェルミ。

「自分の気持ち?申し訳ないってことか? 許して下さい? イヤだ!お前とは関わりたくない。今からアン社長にこれを(動画)をみせにいく。お前は自分で行って、社長に説明しろ。俺は、もうお前の顔はみたくない。コ・ミナムさん?」と、テギョン。

「どうする・・?どうする?」と、自問自答するミニョは・・・とっさにエレベーターのドアが閉まる瞬間!テギョンの手から携帯を奪って逃げる。
驚くテギョンは、慌てて追いかける・・・・

「どうしよう。これ、どうやって消すの?」と、動画を消したいミニョは、ドアの前まで逃げるが・・テギョンに捕まってしまう。携帯を奪い合う2人。

「お前はバカか?これを消したところで、女じゃなくなるとでも思ってるのか?」この言葉でミニョは力をなくす・・と、手を離したので、引っ張り合った携帯は飛んでいってしまう?と!トラックの屋根におちてしまう携帯。
テギョンは、ミニョに
「おまえ、取ってこい!」と、ミニョをトラック屋根に登らせる。携帯をテギョンに返すミニョ、テギョンは
「ちっ、傷ついたじゃないか・・」と、携帯をチェック中・・・

携帯

ミニョは、トラック屋根から1人で降りられず・・・トラックの運転手が戻って車を移動し始める。
ミニョを乗せたトラックは走り出してしまい?ミニョは
「テギョンさん、助けてーーー!」と、叫ぶがテギョンは

何あれ?

「んんっ?」と、トラック上のミニョをみたまま・・状況を理解していない( ̄▽ ̄;)

走り出すトラック・・必死に屋根につかまるミニョは手が疲れてしまい?
「誰か助けてください。お願い、とまってーーーー。手が・・もう、ダメ・・院長さまーーーっっ」と、その時、声が聞こえる。
「まてーー!待て!止まれーー!コ・ミナム、手を離すな!」と、テギョンが、トラックを追いかけ走ってくる。でも、車に追いつくこともできず・・

「釜山までノンストップで行くぞ???もうすぐ高速だ!」と、叫ぶ運転手。
信号で止まったトラック、テギョンは必死に走りながら
「コ・ミナム、飛び降りろーー!」と、叫ぶ。怖くてたまらないミニョ。ブルブル震えながら・・飛び降りた瞬間!

テギョンが追いつき、抱きとめる。

やった!ハラハラ、爆笑のシーンでした。最初、トラックが走りだした時、のんきなテギョンだったのに?大変な状況を把握、必死に走り、ミニョを助けようとしてました。グンソク君、必死で走る姿カッコイイ♪

走り疲れ、ボロボロになったテギョン、ミニョは
「ファン・テギョンさん、私のために服がボロボロになってまで・・背中をうってまで助けてくださって・・ありがとうございます。」と、いう。
「そうだ。お前のせいで汚いし、臭いし、ベトベトするし・・痛い!」と、怒るテギョン。

ミニョは
「どうすればいいですか?」と。
「どうすれば? なんで・・なんで俺様がこんな目にあうんだ。あまりにも呆れてものが言えないから聞くんだが。ほんとにありえないんだが・・もしかして・・隠しカメラが?イ・キョンギュさん(ドッキリの司会者?)」と、気どって話し出すテギョン。

ドッキリだと思ったテギョン、TVの司会者の名前を呼んでる(≧∇≦)
声もカメラも見えないので・・

「まさかな。ふん。隠しカメラ?なんで俺が、こんなバカみたいなことしなくちゃならないんだ?俺はそういう人間じゃないんだ。俺は・・俺は・・そうだ!俺はああいう人間なんだ!」と、ミニョに怒鳴りだす。

カッコイイ

テギョンが差した先には・・携帯の広告動画、テギョンのCMが流れている。
「お前のようなやつは公害だ!」と、テギョン。
ミニョは必死にテギョンにあやまり続ける。

「俺がお前と一緒にいるのはどう考えても危険だ。」と、今までのこと、特に落ちてきたミニョと、キスしてしまったことを思い出し、鳥肌たつテギョン。

「お前は問題を起こしすぎる。まだ、接触事故みたいなもんだ。こんなのはここで終わらせなきゃいけない。俺はこれ以上、お前の人生には関わらないぞ。」と、テギョン。

「それは・・見のがしてくれるってことですか?」と、のんきなミニョ。
「そういうことをいってるんじゃない。この状況に俺は関係ないんだ。そもそも、お前が始めたことだ。お前が解決して・・消えろ!」と、怒るテギョンは去っていく。
「これ以上、迷惑をかけないように、コ・ミナムをやめます」と、ミニョ。

妄想

マネジャーは、ミニョからテギョンのことを聞き愕然!「女の子だと知った?」と。コーディネイターは
「知ってるのはテギョンだけでしょう?」と、確認する。マネジャーは、
「すると・・ファン・テギョンをどこかにやってしまえば・・」と、妄想をはじめる。

オールドボーイテギョン

ここ、「オールドボーイ」の餃子だけを食べさせるパロディのシーンなの(笑)
テギョンを監禁しようと妄想するマネジャー。くだらない妄想にコーディネイター、マネージャーを叩く。結果、謝るしかないと妄想する・・この謝り方もちょっと(笑)

ミニョ、アン社長に事情を説明・・自分は出て行くとつげる。

シャワーをあびたテギョン、身体が痛いのでミニョのことを思い出す。ミニョもケガしてた・・と。
「もう、二度とあんなガキと関わらないぞ。」と、つぶやくテギョン。

車で移動中のジェルミ、シヌ、ミニョ(ミナム)・・
ジェルミは落ち込むミニョをみて、テギョンと何かあったのかを聞く。これを認めるミニョ・・・・ジェルミは2人の間のなにか?を、妄想・・慌てるジェルミ。

この妄想、テギョンが女性として、ミニョの誘いに・・って。テギョンがオカマと思ってしまうジェルミ(笑)


シヌは冷静に、ケガしてるミニョ(ミナム)をみつめる。

静かなシヌ


シヌは静かなところにミニョを呼び出し、キズの手当をしてくれる。ミニョのことを「迷子の子犬みたいだ。世話したくなる。」と、シヌ。

犬のせいで拒否された男の話をする・・方言のせいで、好きな女の子にヘンなことをいってしまった・・と。悲しい話・・それは「俺だ」と、シヌ。がんばって方言を直し、この秘密は誰もしらないことをいうシヌにビックリのミニョ。

「これで俺たち、近い関係になったな。じゃあ、ヒョン(兄貴)って呼べよ。」と、シヌ。
「ええ?ヒョンですか?」と、ミニョ。
「じゃあ、オッパ(お兄ちゃん)か?それはダメだから、ジェルミみたいに、シヌヒョンって呼べよ」と、シヌ。
納得するミニョ。

シヌはすごく大人でクール、でも優しいのよね?守ってくれそう♪
この犬の話をするシヌ、すごーーーくステキ!シヌ堕ちしました(爆)


「もう、ひとつ秘密をしゃべっちゃったな。気をつけないと・・」と、微笑むシヌ。

びっくりジェルミ

それを見ていたジェルミ・・「シヌ兄貴まで・・ありえない!あの雰囲気!」と、ミニョに誘われた?みたいに妄想するジェルミ。

食べてたリンゴを落とし・・それを拾ってくれたミニョ(ミナム)にまた、激しい妄想!ミニョに誘われる自分を妄想するジェルミ♪
「あいつは絶対、なにかあるぞ。気をつけないと!」と、ジェルミは、身の危険を感じる。

ミニョは、みんなが自分に良くしてくれる・・なのにガッカリさせてしまったと反省、
「お兄ちゃん、ごめんね。お兄ちゃんの夢を守って、お母さんを見つけたかったんだけど・・」と、兄ミナムの写真をみてつぶやく。

「院長さま。広い世界をみてきなさいと、おっしゃいましたが・・私はこの世界の役にたつ人間じゃないようです・・」と、マリア像をみて涙をながすミニョ。

コ・ミナムたちの本当の叔母が、事務所前にきて
「コ・ミナムに会いたい。私は叔母よ。」と、いうが警備員にとめられ、ファンの子たちと一緒に待つはめに。コ・ミナムたち、双子の写真をながめて
「もし、彼のお父さんが、彼らをみたら幸せだったろうに。」と、独り言。

マネージャーに電話するミニョ、電話に出てくれない・・コーディネイターと一緒にでてくるマネージャーは「俺はすべて吐き出した・・」と、いう。
「アン社長に話すはずなのに協会で、罪を告白しただけじゃない。」と、頭を叩かれるマネージャー。アン社長は許さないわよ!と、コーディネイターに「アン社長もカトリック信者だ」と、のんきなマネージャー。

この2人、キャラも濃いし笑えるコンビですー(^^ゞ

ミニョは不安を抱えたまま、車でメンバーと移動中。テギョンは、ジェルミにコ・ミナムのようすを聞く。
苛立つテギョン、「あいつ、まだ話してないのか。どうするつもりだ・・」と、つぶやく。

車が事務所に到着?待ってるファンは大騒ぎでメンバーを迎える。トイレにいってた叔母さんは出遅れる。ミニョをみて「ミナムだわ!」と、行くがまにあわず。スタッフに写真いりの手紙を託す。

ミニョは、アン社長に事実を話そうと社長室で待ってると、スタッフが叔母からの手紙を「初めてのファンレターだ。おめでとう。」と、ミニョにわたす。

写真の双子をみて「これは・・私たち双子だ!」と、ミニョは外へむかう。途中、アン社長にあうも、叔母に会いに急ぐミニョ。
ファンの子に叔母さんのことを聞く。

地下鉄の駅に向かって走るミニョをみるテギョン。・・・
赤い服を着た叔母を捜すミニョ・・まわりの女の子たちが
「あ、あの人!A.N.JELLだ!」と、集まってきてしまう。

とつぜん、ミニョのフードをかぶし、テギョンがくる。
「まわりに気づかれて、騒動を起こしたくないだろ、行くぞ。」と、テギョン。
「人を探さないと・・」と、ミニョだけど叔母は地下鉄移動でもう、いない。

「私たちが、写ってる写真を持ってきた人を確かめたいんです。もしかしたら・・お母さんかもしれない。ほんとに夢みたいです。もし、その人がお母さんじゃなかったとしても、がっかりしません。
お母さんが今、どうしてるか聞けるだけで、私はいいんです。待ちます。戻って来るはずです・・」と、ミニョを静かにみつめるテギョン。

「どこにいるかわかるまで、どうやって待つんだ?もし、その人が戻ったとしても、お前ははもう、ここにいないんだぞ。ここを出て行くって約束しただろ? 忘れたのか?」と、テギョン。

ミニョは
「ファン・テギョンさん。お母さんが見つかるかもしれなんです。」
「やめろ。過去にいつまでもしがみついてる人間はきらいなんだ。」
「ファン・テギョンさん。少なくとも、その人が戻ってくるまでは、ここにいさせてください。」
「いやだ。コ・ミナム、出て行け。どうせ何も変わりはしないさ。」と、テギョンは行ってしまう・・。

ホテルで母とすれちがうテギョン
「あなたは、私に会いたくなくて避けてるはずでしょ?」と、自分がここ(ホテル)にいるのに来るのは「会うのを望んでる?」と、テギョン母。

子供のころを思い出すテギョン・・TVに写る母をみて寂しい思い・・

アン社長に話すミニョ、「ボクは・・ボク!ここを出て行きません。絶対、コ・ミナムとしてここにます。今まで強制的にいたようなものですが、今はコ・ミナムとして、ここにいる理由ができました。がんばります。」と、ミニョ。

テギョンの顔がちらつくミニョだったけど、母に会いたい・・と、想いでここにいる決意を固めた様子。今後、男の子として頑張りをみせるでしょうね。

ランニング中のテギョン
「また、すがりにきたのか?」と、テギョン。ミニョは
「はい、すがりにきました。私にとって切実なんです。これを受け取ってください。」と、指輪をさしだすミニョ。

「なんだ、これは?」と、テギョン。
「わたしたち兄弟を育ててくれた人が、私たちにくれたものです。お父さんと、お母さんの代わりに、お互いにくれた大切な指輪です。これを預けるので私を信じてください。
一生懸命やって、もう迷惑はかけませんから、いさせてください。」と、ミニョは真剣。

「そうやって頑張れば、お前の母親がみつかるのか?」と、テギョン。
「真剣な思いで探せば、見つけられると信じてます。」と、ミニョ。
「真剣な想いで見つけられるか、俺が見ててやろうか?」と、指輪を公園の池に投げ入れるテギョン。


おぉ、やってくれるね、テギョンさん( ̄▽ ̄;)


「一度、捨てたらそれで終わりなんだよ。お前の母親も、お前たちを捨てたんだ。それで終わりだ。指輪だって同じだ。だから、コ・ミナムのがんばりも、これで終わりだな。」と、テギョン。

悔しいミニョ、テギョンに文句をいうと
「見つからないと想うから、怒ってるんだろ。もし、お前が本当に見つけたら、信じてやるよ。お前を受け入れてやる。」と、テギョン。

絶対にみつける!と、ミニョは大きな池の中にはいって探す。「コ・ミナム、捨てたら終わりだ。」と、つぶやくテギョン。

夜、寒くなっても探すミニョ、「お前はバカか?」と、見ているテギョンの手の中には指輪がある。(投げなかった指輪)

テギョンの部屋
眠れないテギョン・・・「まさか・・いないよな。いるわけない。」と、朝、公園に行くテギョン。

ミニョを見つけて驚く・・
指輪を探し続けるミニョを見つける。
倒れそうになりながら、探すミニョ・・テギョンは呆れて

「もう、見つからなくていい。出てこい。指輪なら・・ここにある・・」と、持ってる指輪をミニョにみせる。ミニョの真剣さを認めるテギョン。池から出てくるミニョ。

抱きつくミニョ

ミニョはテギョンの持ってる指輪をつかみ、
「あった。私が見つけたんですよ。テギョンさんが、私を信じられず、心の中に隠していたものを。」これを認めるテギョン。ミニョは嬉しくてテギョンに抱きつく。

驚くテギョン(゚д゚)!
テギョンに感謝でお礼をいうミニョなの。



テギョンは指輪を隠してた・・これをミニョに「持ってる」と、言わせたのだから、その真剣さを認めさせたミニョなの。自分でもそれを認めるテギョン。心の中に隠しておいた指輪、言わないはずの指輪だったものね。

合宿所(A.N.JELLの寮)に戻る!と、テギョンにミニョは「もう、迷惑はかけない、問題は起こさない。」と約束する。「見てやろう」と、テギョン。

アジアフェスティバル用の写真撮影がプールであることを、面白そうにミニョに教えるテギョン。驚くミニョ。
でも・・服を着たままの撮影で安堵するミニョは笑顔♪

服を着たままだけど?プールの中に入るのよ。白いシャツ、水に濡れたらサラシが透けてしまうのでは!ベストを着てるので大丈夫だったわ。撮影に時間がかかり寒がるミニョ・・

シヌが温かい飲み物をもってくる!
きゃー!これって花男のジフみたいなキャラだわ?ミニョを影で支えてくれる♪

美男3人

シヌはミニョを励まそうと、初めての撮影だから仕方ない・・自分も初めての撮影はワインをかっこよく飲む・・で苦労したと話す。そして
「あ、また秘密をバラしかちゃったな・・」と、独り言。ミニョに「近くなったか?」と、聞くシヌ。

シヌの「近く」って意味は「俺もそうだったよ、大丈夫だよ」って感じかな。


これを目撃、2人の怪しい関係を疑うジェルミ・・・

撮影再開!ミニョはプールサイドですべってテギョンにぶつかりそうになる。
「また問題を起こすのか?」って顔でみるテギョンは
「せっかくのプール撮影、男らしく1枚で入れば凛々しいのにな。お前の水着姿をみれなくて残念だよ。」と、ミニョにいう。

サラシ、ベストと重ね着してるミニョのことをいうテギョン。シャツ1枚だと透けてしまうから。「見せるものはない」と、ミニョ。

この会話を見ていたジェルミ、また!2人の怪しい関係を疑い焦る。
「テギョン兄貴も、シヌ兄貴も親しくしてるだけだ!同じグループだから、親しいのはいいことじゃないか。」って。

撮影終了?フニマネージャーと、モディ・コーディネイターがいないので?更衣室で着替えるようにいわれるミニョ。女子更衣室に入れない・・と、ぼやいてるとテギョンが
「見るものなんてないだろうけど、男らしく入れよ。」と、嫌み。

文句をいえないミニョ、暗くなりスタッフたちが帰ったあと、暗闇の中で1人、着替えようとする。

テギョンは、更衣室でミニョが来ないことを心の中、心配する。シヌがコ・ミナムのことを心配してるので怪しむジェルミ、「コ・ミナムのことで話がある」と、いう。

ミニョは1人、灯りを消した暗闇の中、プールサイドで着替える。
スタッフが備品をプールに忘れた!灯りをつけて欲しいと、いってくるのをテギョンが聞く・・

胸にサラシを巻いた状態、プールの灯りがついて慌てるミニョ・・・スタッフが備品を探しにきてしまう・・テギョンは、「ミナムがいたらバレるな」と、プールへいく。

スタッフが来たので慌てるミニョ、サラシ姿でプールへ飛び込んで隠れる。そこへミニョを心配するテギョンがくる。
「どこに隠れたミナム?」と、テギョンはプールの水面、泡をみつけてきがつく。「どうするんだ?コ・ミナム?ここで全部、バレてちまうぞ。」と。
プールの水の中、必死で息をとめるミニョ・・・・・

息をとめる

「耐えなければ・・院長さま。がんばります。できるだけ我慢しないと・・・」と、ミニョ。テギョンは「もう、1分たってるぞ」と。
そこへ・・・テギョンが飛び込んでくる。
「院長さま、誰かが私を助けにきてくれます・・・あれは天使?」と、意識をうしなうミニョ・・・

テギョンはプールの中、泳いでミニョを助けに・・・

続く・・・


だーーー!長くなってしまった(笑)
だって面白いんだも?ん。いっぱい、ちゃんと台詞も書きたくなる面白さなんです♪
もう、グンソク君演じるテギョンは、完璧にミニョを守るヒーローとなってる。

シヌは「花より男子」のジフのような?大人の優しさで、ミニョを影で支えてくれるタイプですね?♪
ジェルミも可愛い。今は、勘違いしてる慌てん坊のジェルミだけど、パッキンヘアーも色っぽいジェルミなんです?^^♪

プールで無事、撮影は終わったけれど、バレそうになり?慌てるミニョは、水の中に隠れます。隠れるミニョを助けようと飛び込むテギョン!すごーーーい!泳ぐ姿がカッコイイのよ(*^^*)

前半、爆笑のトラックを追いかけるグンソク君、ここはほんと面白かった。真剣、必死に走る姿のグンソク君、後半では泳ぐ姿がみれてファンには最高のドラマでしょうね。

ミニョの大事な指輪、これを池に捨てた?と、想ったけど、投げていないテギョンでした。自分の母とミニョの母を重ねて「捨てたら終わり」と、考えるテギョンが寂しそうでした。

この3話の撮影、走ったりプール撮影とかなり大変だったと予想出来ます。メイキングも相当、面白いでしょう。
「オッパ!」って呼ばせようとしたシヌ、やはり完全に女の子と気がついてますね。自分のバンドに女の子が?と、驚かないのも大人なのか?クールなのか(笑)

ジェルミが知ったら大騒ぎになりそう?叔母もおしゃべりだろうし・・大変だわん。
画像もいいのが沢山あって選択に迷いま?す。とにかく楽しい(*´ω`*)

ミニョは双子の妹であり、兄のミナムのふりをしているんです。今後、兄のミナムも登場すると思うので、今後は妹ミニョの名前で書いていきますね。
ややこしくてすみませぬ^_^;



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト



2010年07月16日 | 美男ですね

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌