韓国版 シティーハンター 10話あらすじ

イ・ミンホ君のアクション、カッコイイ♪ ヨンジュ検事にバレそうで逃げるユンソンです。ナナがまさかの行動、本当にハラハラと面白い展開に夢中になるドラマです。

イ・ジュニョク


10話

ユンソンを尾行すると、スティーブ・リーの家に来るヨンジュ。

「なぜ、殺したんです。罪のない警察官まで?」と、ユンソン。
「それが俺のやり方だ。俺は28年間、横になって寝たことがない。生きてる理由は冷たい海で 味方の手で死んでいった同僚が 経験した苦痛、鬱憤、裏切り、そいつらも同じように感じねばならない。」と、ジンピョ。

復讐の連鎖になるとユンソンは
「それは誰の復讐ですか?祖国の裏切りにあい、死んだ同僚のためなのか。でなければ、独り生き残ったという罪悪感から来る自虐なのか。」と、聞く。

殺された者にも家族がある、殺害という。
「お前が俺と対抗するなら、お前は俺の手で死ぬかもしれん。」
「逃げません。父さんをとめる人間は俺しかいませんから。」

ヨンジュはユンソンが、シティーハンターという容疑があるとアリバイを調査、すべて完璧にアリバイがあるユンソン。
毎回、事件が起きた時間、違う女といたとわかる。

キム・ジョンシクは海外にいる。帰国すればジンピョに殺されると、話すユンソンとシッチュン。

すべて放りだし、逃げだそうというシッチュンに、
「彼らにも当然、代価を支払ってもらう。」と、犠牲者のためというユンソン。
死ぬ覚悟でジンピョを止めると。

「ユンソンさんがシティーハンター?」と、考えを否定するナナは、写真を見てマディスのおばさん、ジンピョ父と考える。

ミュンムン大学の積み立て金で考えるユンソン。

身内のいないギョンヒは、白血病と診断される。
骨髄性なら、合う骨髄を捜して骨髄移植といわれ驚くギョンヒは
「白血病は・・まさか・・遺伝しないんですよね?」と、聞く。

「お前に会うために生きてきたのに・・生きれば会えるの・・?会いたい・・」と、息子の産衣を抱きしめるギョンヒ。

ナナに会い、キム・ジョンシクの事を聞くユンソン。
「再調査出来るかと思って・・両親の交通事故を起こした人よ。父は1日で被害者から、加害者になったの。ペ・マンドクって人が目撃者なんだけど・・」と、ナナ。
カラオケの時、ペ・マンドクを見たが消えたと話す。シッチュンとわかり、動揺するユンソン。

「キム・ジョンシクが 目撃者を買収して証言を変えさせたのよ。」と、ナナ。
どうしてほしいと聞くと、「シティーハンターが捕まえて・・キム・ヨンジュ検事のとこへ連れてってほしい。あの財団は不正だらけよ。裏を明らかにしてほしい。」と、ナナ。

シティーハンターは・・人を殺すような人じゃないでしょ。私は信じてる。」と、ナナは写真を返そうとするが帰るユンソン。

このナナは、完全にユンソンをシティーハンターとして話をしてるので驚きです。カフェで、客がユンソンの肩に触らないよう、注意した時から怪我を気にしてるのでしょう。
キム・ジョンシクの件はもう、シティーハンターに依頼してるような感じです。

バレてるとは知らないユンソン。

シッチュンにペ・マンドクの事を聞くユンソン。
交通事故は、キム・ジョンシクが乗った車がぶつかってきた。事故で亡くなるナナの母、父は植物状態。

目撃者のペ・マンドクを呼び出し、「陳情を変えてもらう。」と、キム・ジョンシク。
賭博で執行猶予を受けていたのを指摘、自分は他人のアリバイなど、自由に出来るというキム・ジョンシク。

シッチュンは賭博場など行っていないが、行った事にも出来ると、脅すキム・ジョンシク。
「相手は植物状態だ。謝礼は一生、暮らせるほど渡す。」と、言われ実刑を恐れ、お金に目がくらんだシッチュンは後悔している。

「お前が知ってくれて良かった。キム・ジョンシクを処断したら自首する。」と、泣いてあやまるシッチュン。

柔道の練習中、ユンソンのケガが気になり出来ないナナ。
「なぜ、突っかかる?」と、ユンソン。
「好きだからよ。自分勝手で酷いことをいわれても、好きなの。」と、ナナ。
「忘れろと言ったはずだ。あの時は気分でキスしただけだ。」と、ユンソンに積極的に告白するナナ。
無視するユンソン。

ダヘと大学見学に来るユンソンは、「半額登録料の約束を履行しろ。」と、学生のデモを見る。
子供を大学に行かせるには相当、お金がかかると話すナナたち。

食事の後片付けを、おばさんに命令する大学生は「負け犬」と、おばさんを呼ぶ。
人格が悪いと注意するユンソン。

運転代行で呼ばれ、嬉しいナナはメイクで行くも、女といるユンソン。
自分と距離を置くためなら必要ないと、
「感情は私のものよ。あなたに強要したことはないでしょう。私が認める女と付き合ってよ。それなら嫉妬してあげるわ。」と、写真を返す。

「キム・ナナ・・俺を好きになるな・・お前は幸せにならなきゃ・・」と、つぶやくユンソン。

マディスのおばさんに、「家族はいないの?子供は?」と、聞くナナは倒れるギョンヒを病院へつれて行く。
「ユンソンさん、早く来て。あなたのお母さんでしょう。」と、ユンソンに知らせる。

ミュンムン財団は、大学の運営資金でファンド投資に失敗と知るユンソンたち。奨学金を減らし、校則まで変えていた。

病院でギョンヒは、「骨髄性の白血病です。家族の方の検査が必要です。」と、いわれ驚くユンソン。

「(母との関係)理由はわからないけれど、検査を受けて。」と、ナナ。
「なぜ、俺が。俺を捨てておいて・・移植を受ける時は息子が必要だって?」と、ユンソン。
「・・恨んでも、会いたくて恋しいから、写真を持ってるのでしょう。いやなら、死ぬのを黙って見てればいいわ。」

ヨンジュの部下がユンソンを尾行、入院代行をしたのをヨンジュに報告。ジンピョの部下が、ギョンヒの入院を伝える。
「キム・ヨンジュ検事が嗅ぎつけました。」

「必ず、イ・ユンソンの血液を確保しろ。」と、ヨンジュ。
「血液検査するかもしれない。必ず、防げ。」と、ジンピョ。

ギョンヒにまた、倒れると迷惑だから、入院治療を受けてくれと、告げるユンソン。

「1人で幸せになると、捨てたんだろう。なら、これ見よがしに幸せに暮らすべきだ。なぜ、俺の前で辛そうにする。」と、怒るユンソン。

息子ではないと医師に告げるユンソンは、具合も悪く抗がん治療と、骨髄移植が必要なギョンヒといわれる。
ドナーを待つうちに、死亡することもあると説明を受ける。

「俺でも ドナーになれますか?」と、ユンソン。血液検査をすることになる。
息子とは認めないけど、ドナーでも助けるというのね。

ジンピョが来て
「白血病と聞いて心が揺れたか。俺の許可なくお前の髪の毛1本、血1滴も、復讐が終わるまでは思い通りにさせない。」と、いう。

「俺を捨てたとしても、母親ですから。このまま死んでしまえば思う存分、憎むことも出来ないでしょう。」
「憎むために生かしておく・・お前が血を抜き取った瞬間、お前の正体がばれる。そこで復讐は終わりだ。」と、ジンピョ。

尾行されてることを知らせるジンピョ。ヨンジュなら、ギョンヒが母親だと察するという。
「お前の命はお前の選択にかかっている。」

血液検査を 受けようとするユンソンを止めるジンピョ部下。
「隊長がやめろと言ってるだろう。」と、殴り合いになる。

血液検査をするユンソンに堂々と、検事として血液が欲しいという。承諾するユンソン。
ええー!大丈夫なのかしら。

ユンソンを 尾行するヨンジュ部下の邪魔するナナ。

血液を持って戻るヨンジュは、イ・ギョンワン、ソ・ヨンハク事件時、現場の血痕と同じか検査を頼む。
すり替えるユンソン。
このユンソンがすごいアクションでカッコイイ♪

脱出するユンソンは ヨンジュとすれ違いそうになり、助けるナナ。

続く・・・

ドキドキでした(^_^;
ナナはユンソンをシティーハンターと分かってるのと、好きなので助けたのでしょうね。
それがすごく危険な事でも。バレてると知らないユンソンだから、驚いてるはずです。

母のギョンヒは、「ユンソンを捨てたのではない」と、そろそろユンソンも事実を知ると思います。
白血病で至急、治療が必要な状態なので「お母さん」と、呼べるのかも気になる所です。

無駄のないストーリー展開で面白いです。台詞が多いので、書くのに苦労しますけど^_^;
ミンホ君はもちろん、ステキだけど脚本も良いドラマだと思います。
全20話だそうで、友人も頑張ってくれてるので私も最後で書きますね。
応援、よろしくお願いします。

シティーハンター in Seoul DVD-BOX<シンプルBOXシリーズ>
シティーハンター in Seoul  DVD-BOX<シンプルBOXシリーズ>
エスピーオー 2014-05-23
売り上げランキング : 324


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌