お嬢さまをお願い 6話あらすじ

ウィジュは当然、ドンチャンを好きなわけです。これをセッティングするヘナですね。女同士のケンカは凄かったです。やっぱり、ユン・サンヒョンはキムタクに似てると思うわ♪

7月15日、18日の韓流セレクトは放送、お休みです。
7月29日からは「ドリームハイ」これはカテゴリを見てね。視聴、レビューも終えてます。




6話

ヘナがテユンと一緒!と、知りウィジュを誘い自分も行くスア。

同じ部屋で目覚め、驚くヘナはドンチャンを責める。
テユンが来たので2人、一緒なのを見られたくない。ドンチャンを隠すヘナ。
でも、見られちゃう^^

事情を話すドンチャンに、「何もないのだから、やましいことはない。」と、ヘナ。
冷たいテユンに言い訳をするヘナ。「僕には関係ない。」と、テユン。

テユンの態度が悪いので、指摘するドンチャン。
ドンチャン、ヘナを利用しようとしてるのに優しいの。

「お嬢様が、男の顔色をうかがうのはみていられない。好きだから、文句のひとつも言えないんですか?惨めでしょう。」
「笑いたければ、笑えばいいわ。あなただけは 私の味方だと思った。」と、ドンチャンを突き飛ばす。

怒るウィジュと、取っ組み合いのケンカを始めるヘナ。
「彼を傷つけたら許さない。後悔させてやる。」と、怒るウィジュ。
「生意気な女ね!」と、ヘナ。

冷たいテユンに「なぜ、この私がこんな所に来たと思うの?あなたが好きだからよ。」と、いうヘナ。
驚くテユン。

ウィジュは、ドンチャンがヘナばかり庇うので面白くない。帰るといいだす。
「会長が5000万を貸してくれたからって。振り回されるあなたを見たくない。」と、ウィジュ。

テユンは、自分がヘナの好きな人に似てると知っていた。
「今、君の隣にいるのは僕だ。僕がここまで来た理由、やっと分かった。」と、いうテユンにドキドキのヘナ。

テユンの車でソウルに帰るので、気になるドンチャン。

執事長は、会長がドンチャンをとても気に入ってるので不思議に思う。誕生日に来たドンチャンの友達というのは、ヤクザのようと知る。

テユンから、電話をすると言われ歓喜のヘナはドンチャンに感謝する。
これで一応、恋が実った感じね。

告白はされてないけど、テユンも自分を好きだというヘナ。驚く会長は、まだ認めないという。

ウィジュ母に、ドンチャンのことをアレコレ遠回しに聞く執事長。
偽の誕生日の話にあわせるおばさん。
「テユンは真面目な子です。」と、友達に関係なく広い心だから、会長にも気に入られてると話す。
「だから、会長も5000万貸してくれたわ。」と、お金のことを知る執事長。

ヘナに逆らえばクビになるはずだけど、「こびるよりマシ。」と、ヘナはウィジュをクビにしない。生意気だけど、告白は出来ないとウィジュに指摘する。

ウィジュと、ドンチャンをくっつけようと企むヘナ。
ドンチャンに、「仲直りしないとクビなの。」と、言うウィジュ。

テユンと話、ドンチャンとウィジュは兄弟のようだけど、お似合いというヘナ。

「彼氏が出来たら、執事は用なしだ。」と、恋愛成就のヘナをいうドンチャン。
ヘナを気にするドンチャンに「もしかして・・彼女を好きなの?」と、聞くウィジュ。
否定するドンチャン。

おばさんはドンチャンに、「執事長があなたを疑ってるわ。」と、知らせる。

「ウィジュを好きなんじゃないの?デートのセッティングをしてあげたのに。じゃ、誰が好きなの?」と、ドンチャンに聞くヘナ。
ヘナは2人が両思いと思い、デートとして時間を与えた。

「あなたは優しいい人よ。」と、ドンチャンのことを言うヘナ。
「私をよく知らないでしょう?簡単に人を信じてはいけません。私の事を信じないでください。」と、ドンチャン。

「全部、知ってる。君がこの家に来た理由はなんだ?」と、やくざが来た時の映像を見せる執事長。
「目的なんて・・」と、とぼけるドンチャン。

「旦那様から、5000万借りた?どういうことだ?」と、聞かれるドンチャン。

続く・・・

ドンチャン、ピンチです!何て言い訳して逃げるんでしょうか。

ヘナとテユンは両思いとわかったのでこれから、交際を始める感じです。でも、祖父の反対があると思うわ。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。


関連記事
スポンサーサイト



2011年07月12日 | Trackback(0) | お嬢さまをお願い

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌