韓国ドラマ版 シティーハンター 12話あらすじ

絶対、ジンピョはユンソンを殺すことは出来ないわ。最後はユンソンを守って死ぬ運命だと私の予想です。
だから、最後まであがく2人の関係かもしれません(>_<)

キャスト
イ・ミンホ、パク・ミニョン、イ・ジュニョク、ク・ハラ、キム・サンジュン、チョン・ホジン

イ・ミンホ

12話

ナナをセヒの動物病院に運び、出血が酷いのでユンソンの血を輸血、弾丸摘出手術する。ナナを病院に連れていけば追求され、シティーハンターの存在も危険になるから行けない。
「私は大丈夫・・」と、気丈なナナ。

「ナナは俺がいなくても、ちゃんと生きていけるだろうか・・」と、つぶやくユンソン。
「人は生きていけるさ。俺をみろ。ホインフェがいなくても生きてる。」と、シッチュン。
「俺は・・もうそう出来ないと思う。」

ユンソンはもう、ナナがいないと生きていけないと言葉でしょうね。ユンソンも弱ってるのに大量の血をナナに(T_T)

キム・ジョンシクに拉致されたので家は危険と、ユンソンの家に連れて来る。
シッチュンが、ナナの叔父として青瓦台に電話で、腕にギプスをしたので当分、出勤出来ないと告げる。

シッチュンと2人になり、「なぜ、あの時はあんなことを?」と、ナナ。
「あの時は、賭博で執行猶予中だったんだ。キム・ジョンシクは、それを知って脅迫してきた。陳情を変えなければ、罪を作り刑務所へいれると。」と、説明するシッチュン。
ユンソンと一緒に、命を賭けてキム・ジョンシクを遮断するという。
タイでユンソンが自分を助けてくれ、ナナのことを頼んだと話すシッチュン。

学生の登録料を私物にしているキム・ジョンシク。お金はまだ、動いていない。
「自慢の奨学金制度も、他の学校より支給額も 受ける生徒も遙かに少ない。」と、ユンソン。

ジンピョの盗聴を知り、家に行く。
「キム・ナナは・・ユンソンが切れなければ、俺が処理する。ギョンヒはどうなった?」と、ジンピョの言葉を聞いてしまうユンソン。
病院を調査、居場所を探せと指示する。

ギョンヒに、「息子は死んだ」と、いう必要はなかったという部下。
「ユンソンも5人のせいで父親を失い、母親と別れて哀れじゃありませんか。今からでも母親と・・・」
「弱気なことをいうな。あいつの母から、ユンソンを奪って来た時、俺は戻れない川を渡ってしまったのだ。」と、ジンピョの言葉を聞くユンソン。

ギョンヒが捨てたのではないと、会話。茫然のユンソンは、「俺を捨てたと言ったでしょう。なぜそんなことを?」

「それが俺とお前の運命だからだ。私は南浦で1人、生き残ったためで、お前はムヨルの分身だからだ。・・28年前にお前を連れてこなかったとすれば・・俺は恐らく今頃は平凡に生きていただろう。自分が弱気なりそうな瞬間、復讐を忘れ人生を生きたくなる瞬間、そのたびお前を見て 死んでいくムヨルと、同僚の最後を思い出したりした。」と、ジンピョ。

ユンソンを見て20人の同僚と会ったという、ジンピョに激怒のユンソン。
「赤ん坊と、母親を引き離しておいて・・それを復讐のためだと?・・俺の人生を台無しにしておいて・・俺はこんな風に生きたくなかった。死んでも・・・絶対に父さんを許しません。
俺の父さんの復讐は自分1人でやります。」と、ユンソン。

戦争するなら絶対に勝つと、ナナ、シッチュン、母の3人に指1本でも触れたら許さないと。
「父さんは絶対、俺には勝てません。俺の命を賭けても黙っていません。これが父さんに出来る俺の最後の警告です。」
「それでも俺を父と呼ぶのだな。」と、笑うジンピョ。

ついに事実を知ったユンソンです。ジンピョとの対立ですね。なぜか、余裕のジンピョ。

ギョンヒを想うユンソン。

「私のせいで青瓦台をやめないで。家が危険なら、セヒさんの所へ行くわ。あなたの人生から消えてあげるわ。約束するわ・・・出会う前に戻ってあげる。」と、ナナを引き止めるユンソン。
「行くな・・頼む・・行くな。」と、ナナを後ろから抱きしめる。

「ムヨル・・俺たちを裏切った奴らに 最後まで復讐するからな・・俺の復讐を邪魔する者たちはすべて殺す。たとえ・・それがユンソンでも。」と、ジンピョ。

秘密部屋のお金を見たシティーハンター?と、不安なキム・ジョンシクは、ナナとシッチュンを捕らえるよう指示を出す。
ナナが青瓦台の警護官と知り驚く。

「生きるために習った。」と、ナナ背中のガーゼ交換をするユンソン。
「今までどうやって生きてきたの?・・その時は、ペ・マンドクさん以外に友達はいなかったの?」と、聞くナナ。
キム・ジョンシクが、シッチュンとナナを探してるはずなので、おとなしく家にいろという。

「ねえ・・キム・ジョンシクを遮断するの?・・私が助けるわ。キム・ジョンシクは私にも借りが多い人よ。私もいれて。
あいつは私の敵よ。あなた1人に危険なことをさせられない。」と、ナナ。
ギョンヒは1か月以内に移植が必要なので、探すという。

そんなナナは探すから、病院をハッキングして♪なんて^_^;
健康保険審査評価院をハッキング、患者名簿から探す。これなら出来ると明るいナナ。

ユンソンの家に、「辞表はダメだ。」と、課長、ギジュン、ウナが来る。
ユンソンに好かれてると、信じるウナが部屋をチェック。そんなウナに一目惚れするシッチュン。
ザクロエキスなんてあげてる(^^ゞ

キム・ジョンシクの2千億に、ユンソンが位置追跡機をつけたので、動けば奪うとジンピョ。

「キム・ヨンジュに送らねば。自分の父親が盗んだ学校の積み立て金をどう、処理するのか見届けよう。キム・ヨンジュ検事が、検事の良心で、父親の不正を暴露するのも面白いし、万が一、父親をかばおうと金を再び戻せば、大韓民国の検事が 父親の不正隠蔽を助けた事実を全国民が知るのも面白い。」と、言うジンピョ。

ナナに父のことを聞かれ、応えられない。シッチュンが最近、意見が合わないと誤魔化す。
「じゃあ、イ・ギョンワン議員を殺したのは・・お父さん・・?」と、驚くナナ。

「政府は半額登録料の約束を履行しろ。」と、学生デモ。

「勉強する大切な時期に辛いです。私も努力しています。シンソングループ、合同ケミカル財団側に会いました。我々の大学に奨学金を支援してくれると、約束されました。奨学金の恩恵は 皆さんの登録料を下げる唯一の道だと思います。」と、座り込みをやめてほしいというキム・ジョンシク。
政府の対応に納得出来ないと学生。

お金を騙し取ってるのに臭い演技の理事だわ。悪いやつ、キム・ジョンシク。ヨンジュが悲しむ。

「お前らがやめても、金のある編入生が列を作り待ってる。」と、笑うジョンシク。毎日、盗聴、盗撮をチェックしてる。

歯が痛むジョンシクに、歯科医として来るユンソンは義歯に盗聴器をいれる。

ギョンヒが行方不明としり、夫のパク・ムヨル、1983年青瓦台の警護官資料を調べるも、記録はない。

セヒの病院にナナの事を聞く男が来る。とぼけるセヒ。

家で気楽に着れる服・・と、購入したのは高価な服で驚くナナ。
「お前の背の低さと、ボリュームのなさをカバーする服だけ買ってきたから、気に入るはずだ。」と、ユンソン。
「イ・ユンソンさんがこうすると、足長おじさんみたい。」と、笑うナナ。

ヨンジュなら、助けてくれるかも?と、ナナにシティーハンターを追うヨンジュ検事なんて!と、
「キム・ナナじゃなくて、コム(熊)・ナナだろう。こんなに勘が鈍くて、何を手伝うっていうんだよ。」と、呆れるユンソン。

肩が痛くて洗えないと、ナナのシャンプーをするユンソン♪ ここは笑顔の2人ですね。

キム・ジョンシクに匿名で寄付をしたいと、来るギョンヒ。
「一生、のり巻きとトッポギを売って・・アメリカの福祉家から受けたお金です。」と、4億の通帳を出す。
「学生さんが登録料を気にせず、勉強出来るように助けてください。名前は伏せてください。イ・ギョンヒです。」と、ギョンヒ。
こんな悪いやつになんてことを(>_<)

盗聴してるユンソンは急ぐ。

「匿名の奨学金なので 経理は通さなくても良いですね。」と、聞かれ、キム・ジョンシクから小遣いと受け取る秘書。

母を捜すユンソンは会えず、がっかりして戻る。キム・ジョンシクの2千億は奪うという。
ナナに母との事情は言えないから、ユンソンに聞けとシッチュン。

買い物するキム・ジョンシクを尾行するユンソンは コンテナと聞く。
なんて買い物なんでしょ。すごい買い方。

ミョンムン財団の通帳と、積み立て金内訳が合わず、2千億ウォン足りないと考えるヨンジュ。

段ボールにお金を移すキム・ジョンシクは金の亡者だわ。
ヨンジュに見つかり、追求される。
「なぜ、財団資金に2千億ウォン足りないのですか?シティーハンターが、予告状まで送ってきたのに調べないはずないでしょう。
不正はないと言ってたのに・・父さんにはイ・ギョンワンなどと、同じになってほしくありません。」と、ヨンジュは今からでも、学校にお金を戻すか、自首をしてという。

「断る。他の学校も同じようなものだ。なぜ、私にだけ・・」と、ジョンシク。
「法だからです。守るべきものでしょう。父さんの欲のために、罪のない人たちが被害に遭うからです。尊敬する父さんに戻ってください。お願いです。」
「戻るには遠くに来すぎた。お前は検事だから、自分の仕事をすべきだ。」

「キム・ヨンジュ検事、あんたを見守ろう・・・」と、盗聴してるユンソン。

お金を追跡機で尾行、コンテナの中にあるという。
「親と子供の血の涙が入った金だ。戻してやらないと。多分、俺があの金を奪えば、父さんが追ってくるはずだ。守らないと・・」と、ユンソン。

コンテナ車を奪い、逃走するユンソンを尾行するジンピョ。
お金はキム・ヨンジュに渡すとジンピョに
「お金は持ち主に戻し、キム・ジョンシクに復讐するつもりです。」と、ユンソンを叩くジンピョ。
「なぜ、殴らない。俺を倒して攻撃してみろ。戦争は・・相手が誰でも必ず、勝たねばならない。」と、コンテナを奪うジンピョ。
無言のユンソン。

開けるとコンテナは空だった。笑うジンピョ。
車をすり替えたのね。

「ミョンムン財団の理事長が、流用した金を 半額登録料実現の為、お返しします。シティーハンター。」と、お金を生徒の家に送るユンソン。
歓喜の生徒たち。

シティーハンター

成功したのでパーティと、買い物に行くユンソンとナナ。バイクでナナを狙うジンピョ。

続く・・・

また、長くなってしまいました^_^;
どうしても簡潔に書けないですーー。みんな大事な台詞だと思うから。すごく面白くて一気に視聴したいですね。

ナナが危険です。まさか本気で狙うジンピョなんじゃ。気がつくユンソンだけど、間に合わないような状況でした。
最終回まで頑張ります。応援、よろしくお願いします(^^/



↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  人気ブログランキングへ
3つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌