欲望の炎 13話あらすじ

ミンジェは本気でインギを好きになってます。この感情を止めることは出来ない母ナヨンです。

出演
シン・ウンギョン、ユ・スンホ、ソウ、キム・ヒジョン、イ・スンジェ、ソン・ヒョナ


13話

ウルサンの住民から、造船所の建設反対意見が出る。
テジンに任されたヨンミンが、説得するというも、ヨンジュンが自分でやると買って出る。

意見を聞くと、十分な補償金額よりも、ずっと漁業をしてた住民が違う土地へ行き、新しい仕事は出来ないと。魚売りのおばあさんは、他の土地で知らない人と暮らせないという。
この意見をまとめていうジョンスク。

ミンジェは叔父のヨンシクの塾で、子供相手に仕事を手伝いたいと言い出す。反対するナヨンにすがり、
「自由に生きたい。好きなことをやりたい。」と、ミンジェに嫌々、承諾するナヨン。

その代わり、2時間に1回は電話の約束をする。息子を束縛する母・ナヨン。
逆らえないミンジェは、母が自分を怒り、その裏では泣いてるのが辛いと、反抗出来ない。

ヨンミンはインスクの子供を育てると言った当時、「君が憎かったから。」と、パイプカットをしたが妊娠、流産したナヨン。
「私は妊娠できない体」と、言い張り相手にしないナヨン。

ヨンミンは父に事業を任され不安な状態。妻に愛を求めるも「今さら!」と、プライドの高いナヨンなのでしょう。

「1度でも、僕を愛したことがあるのか?」と、聞くヨンミンに答えず、話を誤魔化すナヨン。
ずっと、10年以上も妻として女としても認められなかったので、相手にしないのだと思うわ。
その徹底ぶりがすごい。


テジンはナヨンに「ミンジェをしっかり育てろ。まともうな嫁はお前だけだ。」と、手を握る。ヨンミンには結婚当時、女がいたがナヨンがこの問題を片付けてくれたと、安心なテジン。

義母も自分の手中、義父にも認められ満足なナヨンだけど、ミンジェだけは言うことを聞かず、インギを忘れないのが気になるナヨン。

インギが邪魔だと思うナヨンは、インギの映画撮影をやめさせ、海外へ行かせようと考える。
突然、映画の仕事もせず海外に行けと、社長から命令され、驚くインギは抵抗する。映画の出演料よりも、高い金額で邪魔をする人間がいると、それはナヨンだと考えるインギ。

男にこれを頼むナヨン。男は金を受け取らず、協力しようという。

エリはトクソンとナヨンが怪しいと感じ、2人を会わせるがとぼける2人。エリの前で困ったときは助けて欲しいと、トクソンに笑顔で頼むナヨン。

トクソンと2人だけで会うナヨンは、夫のために裏で動いてくれる人間を集めるよう指示する。トクソンは断るが、一方的に契約を決めるナヨン。逆らえないトクソン。

2人は旧知の関係と考えるエリの作戦。
トクソンは「お前はエリに負ける」と、ナヨンにいってました。
ヨンミンが会長になれば、恩を返すというナヨン。

塾の仕事をするというミンジェが外出、戻るのが遅く連絡も来ない。夜中、迎えに行くナヨン。

インスクの店に行き、「あなたがお母さんなら良かった。」と、愚痴を言うミンジェ。事故を思い出し、ミンジェに触ろうとするインスク。

酔ってるミンジェを送り、家のそばまで来るインスク。息子といる笑顔のインスクを目撃、驚くナヨン。

インギに電話するミンジェ。

続く・・

インスクが生きて再び、ミンジェと会ってるのを知ったナヨンです。もの凄い衝撃と怒りでしょうね。
ヨンミンもナヨンも、インスクは事故死したと信じていたから大変です。

ミンジェに苦労をさせたくないナヨンの気持ちもわかるけど、束縛が酷いので可哀想なミンジェ。自分のような人生を生きて欲しくないのでしょう。


↓読んだら応援のポチ押して下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  
2つもポチッありがとうございます。とても励みになっています。

関連記事
スポンサーサイト
2011年09月20日 | Trackback(0) | 欲望の炎

プロフィール

ブログランキング

カテゴリー

お知らせ

最近のコメント

楽天

楽天

お知らせ

最近の記事

楽天

ブログランキング

お知らせ

リンク

アクセスカウンター

オンラインカウンター

ブログ内検索

最新トラックバック

お知らせ

月別アーカイブ

RSSフィード

雑誌